clouds

映画

若手イケメンのフィン・アーガス、音楽、ピュアな人間関係に心揺さぶられる! ディズニープラスオリジナル映画『クラウズ~雲の彼方へ~』

10月23日(金)よりディズニープラスで独占配信がスタートするディズニープラスオリジナル映画『クラウズ~雲の彼方へ~』は、がんを患いながらも前向きに生き抜き、愛する人々に向け『Clouds』という名曲を残したザック・ソビアックの姿を描いた物語。主人公ザックの姿、音楽、そして彼をめぐる人間関係に心揺さぶられる感動作です。

STORY
音楽の才能を秘めた高校生のザックは、三年生の時に世界が一変。癌が転移し余命6カ月を宣告されてしまいます。残された時間を誰とどう過ごすのか選択を迫られるなか、ザックは愛する人々に別れを告げる最高の形は音楽であると気づき、名曲『Clouds』が生まれます。そしてその評判はやがて全米へと広がっていくのでした。

17歳にして死と向かいながら愛する人たちに伝えたい想いを込めた『Clouds』は、当時iTunesで1位となり、日本でもテレビ番組で紹介され、話題になりました。

主演のフィン・アーガスはこれが長編映画デビュー
fin augus

フィン・アーガス。Instagram(finargus)

この作品で主人公ザック・ソビアックを魅力的に演じたフィン・アーガスは、現在22歳。これまでテレビドラマ『ギフテッド 新世代X-MEN誕生』や短編映画に出演していたものの、長編映画はこれが初出演&主演というフレッシュな若手俳優兼シンガーソングライターです。

clouds

© 2020 Disney

そんなフィンは、『クラウズ~雲の彼方へ~』の撮影が始まる前、2019年のほとんどをロサンゼルスの牧場でヤギ、ニワトリ、ブタの世話をして過ごしていたという自然派。米『Just Jared』によると、イリノイ州出身の彼は、子どもの頃は野球選手を目指していたものの、シカゴで『メリー・ポピンズ』の舞台を見て「将来、こういうことがやりたい」と思い、パフォーマーを目指すようになったとか。

また10歳から曲も書いているシンガーソングライターでもあるというフィン。さまざまなことを学ぶが好きで、少し前は手話のクラスに通っていたとか。今後はミュージック・エンジニアリングを学ぶつもりだという、好奇心旺盛な好青年タイプ。これからの活躍が期待される若手スターです。

フィンとサブリナ・カーペンターが奏でる音楽に心揺さぶられる
clouds

ザックと母ローラ(ネーヴ・キャンベル)。© 2020 Disney

『クラウズ〜雲の彼方へ〜』は、ザックの母ローラ・ソビアックさんの回想録『Fly a Little Higher(原題)』が原作。映画化にあたってはソビアック家の人々、そしてサブリナ・カーペンターが演じたザックの親友で音楽のパートナーであるサミー、ザックのガールフレンドだったエイミーらも全面的に協力してくれたと『abc News』でフィンとサブリナは述べています。

clouds

© 2020 Disney

なかでも作品の大きな魅力のひとつである音楽に関して、フィンは「ソビアック家の人々はとても温かく僕たちを迎え入れてくれた。僕らを家に招いてくれて、僕はザックのベッドルームに入ることができて、彼の日記も読んだ。彼が書いた歌詞を元にして僕が新たな曲を書くことも許してくれた」と、家族から大きなサポートがあったことを明言。

clouds

左から、ザックのガールフレンドだったエイミーさん、エイミー役のマディソン・アイズマン、ザックの妹グレースさん、ザックの友人ミッチさん、親友のサミーさん、フィン。Instagram(finargus)

サミーを演じたのサブリナ・カーペンターは米『SCREENRANT』で「サミーとザックは、音楽に関してはとても特別なつながりがあった。彼らにとって音楽がメインのコミュニケーションの形だったと思います」とコメント。作品を通じて、「彼らが一緒に作りあげたもの、それが彼らの周囲の人々、ザックの物語を知る人々の人生にもたらしたものを見ることができます」と、作品における音楽の重要性を語りました。

ザック、サミー、ザックの恋人エイミーのピュアな人間関係に癒やされる
clouds

エイミー(マディソン・アイズマン)、ザック(フィン・アーガス)、サミー(サブリナ・カーペンター)。© 2020 Disney

2013年に18歳で家族や愛する人々に見守られて亡くなったザック。親友で音楽パートナーのサミー、そしてガールフレンドのエイミーとの関係も物語の注目ポイントのひとつ。女性の親友とガールフレンドの3人というと、こじれやすいイメージがありますが、サブリナは「私がこの映画で気に入っているのは、2人の女の子が同じ男性を巡って争う三角関係ではないということ。2人の女の子はひとりの人間を親友として必死に愛し、男の子はそれぞれを女の子を極限まで愛するの」と3人の人間関係を解説。

clouds

エイミーとザック。© 2020 Disney

ザックのガールフレンド、エイミーは映画『ジュマンジ』シリーズのベサニー役でも知られるマディソン・アイズマンが演じています。マディソンはザックとエイミーの関係について「何よりもふたりはソウルメイトだった。ふたりは一緒にいる運命だったの。彼らが経験したことは誰もが経験できることではないわ。ふたりは残された時間をわかっていて、信じられないような時間を共有することができたんです」と、ザックとエイミーの美しい関係について語っています。

ドライブイン・シアターでプレミアが開催
clouds

ドライブイン・プレミアでのフィン、サブリナ、マディソン。Instagram(finargus)

新型コロナウイルスのパンデミックのなか、10月12日(現地時間)にはサンタモニカのドライブイン・シアターでプレミアも行われ、キャストたちは感染予防のためマスクを着用しつつドレスアップして参加。米『whatondisneyplus.com』によると、フィンはこの作品でザックを演じたことで、「喪失感や悲しみに対してポジティブな視点を持てるようになりました」と語ったそう。

「世界は驚きに満ちていると思うようになりました。外にでて鳥の鳴き声を聞くと“なんて美しい日なんだ”と思うようになりました。小さなことに注目するのが大切なんです。ザックもそうしていました。誰かにドアをあけてあげたり、知らない人に微笑んだり、母親が期待していないときに抱きしめたり。そういうちょっとしたことが人々を愛されていると感じさせ、正気にするのに役立つ。そういうことが特に今は重要だと思います。去年、このことを学べて本当によかった。今年は試練の年ですが、この経験がとても役立っています」と語っています。

clouds

© 2020 Disney

こうした時期だからこそ、ちょっとしたことに目を向けて幸せを感じることを教えてくれる『クラウズ〜雲の彼方へ〜』は、10月23日(金)よりディズニープラスで独占公開です。

hulu『サタデー・ナイト・ライブ』最新シーズンがHuluで日本最速配信決定!前のページ

デヴィッド・フィンチャー監督&ゲイリー・オールドマン主演で『市民ケーン』誕生舞台裏を描く次のページNeflix

ピックアップ記事

  1. 東京コミコン、ワーナーが参加決定 映画・ドラマの貴重な品々を展示
  2. アンジェリーナ・ジョリー、おしゃれスノーブーツが意外とお手頃
  3. お茶目! ジョージ・クルーニーがマット・デイモンにフォトボム
  4. シャーリーズ・セロン主演作『アトミック・ブロンド』新場面写真解禁
  5. 『SATC』原作者、キャリーがビッグと結婚した理由を激白

関連記事

  1. redford

    映画

    ロバート・レッドフォード俳優引退作の新たな場面写真が解禁

    ハリウッドを代表する名優ロバート・レッドフォードの最新作であり、俳優引…

  2. daniel

    映画

    大物二世セレブが共演! イライジャ・ウッド製作の異色スリラー『ダニエル』、日本公開決定

    ティム・ロビンスとスーザン・サランドンを両親に持つマイルズ・ロビンスと…

  3. dead don' t die

    映画

    ジム・ジャームッシュ監督最新作の愛すべきゾンビ・コメディ『デッド・ドント・ダイ』日本版予告

    ジム・ジャームッシュ監督最新作『デッド・ドント・ダイ』の日本版予告映像…

  4. NO TIME TO DIE

    映画

    強く美しいボンドウーマンたちも登場!『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』新予告が解禁

    『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』の新予告&日本版ポスタービジュアル…

  5. 映画

    タロン・エガートンが『ユア・ソング』を歌う 『ロケットマン』特報映像が解禁

    伝説的ミュージシャン”エルトン・ジョン”の半生を映画化した話題のミュー…

  6. 映画

    【フランス映画祭 2018】ナタリー・バイが団長就任・来日が決定

    今年で26回目を迎える「フランス映画祭 2018」の団長にナタリー・バ…

最近の記事

  1. Isaac Hempsted-Wright
  2. aaretha
  3. vacation
  4. The Tomorrow war
  5. SUMMER OF SOUL (OR, WHEN THE REVOLUTION COULD NOT BE TELEVISED)
  6. disney plus
  7. new pope
  8. the capture
  9. f9
  10. millie

ピックアップ記事

  1. michael b jordan
  2. jude law
  3. timothee chalamet
  4. Brad Pitt
  5. spot

特集記事

  1. steven soderbergh
  2. father
  1. News

    ケイト・アプトン、手ブラ撮影中にハプニング発生!
  2. 映画

    極限の3時間55分の戦い 『ボルグ/マッケンロー 氷の男と炎の男』公開決定
  3. News

    クリス・プラット、エミー賞の夜はひとり飲み
  4. Style

    美しい! ママになったアマンダ・セイフライドがベネチア国際映画祭に登場
  5. 映画

    ダニー・オーシャンに妹がいた! 『オーシャンズ8』特報解禁
PAGE TOP