dwayne johnson

Celeb

ドウェイン・ジョンソンが「すごく演じたかったが他の俳優が演じた役」とは? そこからの大躍進を語る

最も稼ぐ俳優ランキングの常連、数々の大ヒット映画に主演するなど、今、ハリウッドで最もサクセスフルな俳優のひとりとなったドウェイン・ジョンソンがInstagramでファンから寄せられた“いい質問”に答えました。

dwayne johnson

ロックことドウェイン・ジョンソン。Featureflash Photo Agency / Shutterstock.com

ロックによると、その質問とは、「本当に演じたかったのに、他の俳優が演じることになった映画の役はありますか?」というもの。

それに対するロックの答えは「イエス」。「その役はジャック・リーチャーだ。演じたのはもちろんトム・クルーズだよ」と語っており、2012年のトム主演のアクション映画『アウトロー』の製作時のことのよう。ロックは続けて「ビジネスはビジネス。彼が役を得てハッピーだよ」と、トムに対して悪い感情は一切ないことを明らかに。

そんなロックがジャック・リーチャー役を演じたかった理由のひとつは、ロックのために描かれた役ではなかったから。「それまでのすべての役は、僕はラッキーなんだけれど、僕のために作られ、描かれたものだった。ジャック・リーチャー以外はね」。

元プロレスラーで身長196cm、体重約118kg、筋骨隆々としたルックスのロック。演じられる役がある程度、限定的になるのは想像できます。そしてロックがスゴく演じたかったジャック・リーチャーは、原作小説で身長6フィート4インチ(約193cm)、体重275〜280パウンド(約125〜127kg)の巨漢として描かれているそうで、ほぼロックサイズ! むしろトムが演じたことの方が意外なくらいですが、「10年前、僕はキャリアにおいては今とは全然違う場所にいた。トムは世界最大の映画スターだったけど、僕は違った」と、ロックは納得しています。

tom cruise

トム・クルーズ。Featureflash Photo Agency / Shutterstock.com

しかし、「不思議なもので、一つのドアが閉められたことで、別のドアが開いた」、つまりジャック・リーチャー役はダメだったけれど、別のチャンスが舞い込んだのだとか。

「ユニバーサル・スタジオの人から電話があって、『ワイルド・スピード』シリーズに参加しないかと言われたんだ。撮影までそんなに時間がないとも言われた。3週間か1カ月ぐらいだったと思う。それにギャラも多くないってね。でもチャンスだと思ったし、シリーズのファンだったし、可能性を感じたんだ。僕からは2つの条件を出した。キャラクターを作りあげる自由を認めて欲しいということと、小規模なクリエイティブチームを作らせて欲しいということ。お金は心配しなくていい。僕は今も上手くやってるし、餓死してない。人々に気に入ってもらえるキャラクターを作り、時代精神にクールな形で合致したらお金は付いてくるんだ」。

dwayne johnson

ファンと記念写真を撮るロック。Featureflash Photo Agency / Shutterstock.com

そうしてできたチームが『ワイルド・スピード MEGA MAX』『ワイルド・スピード EURO MISSION』『ワイルド・スピード SKY MISSION』『ワイルド・スピード ICE BREAK』『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』の脚本家クリス・モーガン、「Seven Bucks Production」(ロックが設立した制作会社)の社長で18歳の時から知っているハイラム・ガルシアとロックの3人で、3人でホブスのキャラクターを作りあげたとのこと。

dwayne johnson

ロックとハイラム・ガルシア。Tinseltown / Shutterstock.com

「振り返ると、ジャック・リーチャーを演じられなかったのはガッカリだったけど、ジャック・リーチャーはキャラクターが確立されていたし、世界中で愛されていたから、クリエイティブ面で自分が作る余地はなかった。ホブスは僕らが一から作りあげたんだ」と、ホブスは自分の分身のように感じている様子。

さらに、数日前に『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』の続編の企画が進んでいることを明かしたロックは、「いろいろサプライズを用意しているよ」とワクワクした様子でコメント。

ジャック・リーチャー役を演じられずがっかりしたものの、すぐに気持ちを切り替えホブスに全力投入したのが、成功の秘訣? ホブスの他にもいろいろな役を演じているロックですが、ホブス役への思いはひときわ強いようです。

madonnaマドンナのマダムXもウサギに変装? セレブのイースター写真をチェック!前のページ

シェマー・ムーア主演『S.W.A.T. シーズン3』、東京が舞台の第13話先行放送が決定!次のページswat

ピックアップ記事

  1. アシュトン・カッチャー、デミ・ムーアとの離婚後に1週間山ごもり
  2. 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』ワールドプレミア開催
  3. 元祖スパモのクリスティ・ターリントン、東京マラソンを完走!
  4. アリシア・ヴィキャンデル、「スウェーデンと日本は似ている」『アースクエイクバード…
  5. 【速報】オリヴィア・クック&タイ・シェリダンが来日!

関連記事

  1. brad pitt

    Celeb

    映画製作会社CEOでもあるブラッド・ピット、目標は「物語を世に出すこと」

    俳優であると同時に映画製作会社「プランB エンターテイメント」のCEO…

  2. zac efron
  3. ana de armas

    Celeb

    キアヌ、ライアン、ダニエル……、共演相手がハンサム揃いのアナ・デ・アルマスが「私はすごくラッキー」と…

    『ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密』で、今年のゴールデングローブ…

  4. gossipgirl
  5. melanie griffith

    Celeb

    メラニー・グリフィス、3人の元夫たちとの秘蔵写真を公開!

    映画『ワーキング・ガール』で知られ、ダコタ・ジョンソンの母であり、映画…

  6. charlize theron

    Celeb

    『オールド・ガード』が大ヒットのシャーリーズ・セロンが忘れられないホメ言葉とは?

    Netflixで配信中の『オールド・ガード』で不死身の傭兵アンディを演…

最近の記事

  1. louis vuitton
  2. entertainment weekly
  3. amazon prime
  4. the midnaight sky
  5. walking dead
  6. disneyplus
  7. netflix
  8. tenet
  9. disney channel
  10. emmy

ピックアップ記事

  1. TENET
  2. the beckhams
  3. westworld
  4. tgc
  5. 五島の椿

特集記事

  1. emmy
  2. emmy
  3. 東京コミコン
  1. Entertainment

    イェーガーと超巨大KAIJUが日本で対峙!? 『パシフィック・リム:アップライジ…
  2. terminator

    映画

    アーノルド・シュワルツェネッガー、和太鼓に挑戦! 『ターミネーター:ニュー・フェ…
  3. Entertainment

    トム・ハンクス、名入り提灯でアーロン・エッカートに嫉妬?
  4. News

    ドレイク、キュート過ぎるコレクションを明かす
  5. 映画

    パトリック・シュワルツェネッガー、「初主演のプレッシャーは大きかった」
PAGE TOP