brad pitt

Celeb

ブラッド・ピット、「スピーチのジョークは自分で書いた」と明言 ! 今後は「ちょっと姿を消すよ」

2月9日(現地時間)に行われたアカデミー賞受賞式で助演男優賞を受賞し、今年のアワードシーズンの素晴らしい締めくくりを迎えたブラッド・ピット。受賞後、プレスルームでのインタビューで記者からの質問に答えました。

実はスピーチは苦手。だから準備してのぞんだ

ゴールデングローブ賞SAGアワード英国アカデミー賞、そしてアカデミー賞で賞を受賞し、爆笑スピーチで話題をさらったブラッド。プレスルームでは、「スピーチは他にライターがいるという人もいますが、そうじゃないですよね」という質問が……。

brad pitt

ゴールデングローブ賞映画部門の助演男優賞に輝いたブラッド・ピット。WENN.com / Zeta Image

これに対しブラッドは「実は、これまでずっとスピーチに自信がなかった。すごくナーバスになってしまう。だから今回は、やるんだったら、もっといい気分でできるよう本気で取り組むことにした。その結果だね。だから、ライターはいない。僕が自分で書いている。何人か、スゴくおもしろい友人がいるんだ。とてもとてもおもしろい友だちたちがいくつかの笑いを助けてくれた。でもそれらは僕の心から出たものだ」と、ジョークも友人のサポートを受けながらも自分で考えたことを明言。

気になる何人かのおもしろい友人とは、レッドカーペットでの『Variety』のインタビューでブラッドは数人のおもしろい友人の名前をあげていました。「ジム・ジェフリーズ、ボブ・オスカック。親友のフィンチャー。僕らは毎週、キツイことを言い合うよ」。

jim jeffries

『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』のLAプレミアに登場したジム・ジェフリーズ。Ovidiu Hrubaru / Shutterstock.com

ジム・ジェフリーズ、ボブ・オスカックはどちらも有名なコメディアン、そして親友のフィンチャーとは、ブラッド出演の『セブン』『ファイト・クラブ』の監督としても知られるデヴィッド・フィンチャー監督のよう! 有名コメディアン&有名監督との会話から生まれた、数々のジョーク。すべらないのも納得です。

david fincher

ブラッドのおもしろい友人のひとり。デヴィッド・フィンチャー監督。Featureflash Photo Agency / Shutterstock.com

さらに、今年のアワードシーズンを振り返って、いちばん記憶に残ることとして、「大勢の人の前で居心地よくいられるようになったことだね。自分が選んだ職業を考えると、アンチテーゼに聞こえるかもしれないけれど、決して得意である必要はなかったから。だから記憶に残るだろう」と、主要な映画賞の受賞スピーチで、弱点を克服したことを明らかに。

長男マドックス君の受賞作に対するリアクションは?

アカデミー賞の受賞スピーチでは、賞を子供たちに捧げたブラッド。プレスルームでは子供たちに関する質問も投げかけられました。

brad pitt kids

ブラッドと子供たち。またこういう姿が見たい! DFree / Shutterstock.com

そのなかには、クエンティン・タランティーノ監督があなたの息子のマドックスが、彼がこれまで聞いたなかで最高の映画評をしてくれたと語っていましたが、彼のコメントは? というものも。

これに対しブラッドは「それは家の中だけにしておくよ」と明かしませんでしたが、笑顔が隠しきれない様子で、どうやらかなり好評価だったもよう。ちなみに子供たちとのお祝いは「まだわからないよ!」とのこと。

brad pitt

YouTube(The Hollywood Reporter)

そんな子供たちが将来、俳優になりたいと言ったら? 「その会話は子どもたちが18歳になった後でないと。ただ、僕は子供たちには自分の幸せを追求して欲しいと思ってる。彼らが情熱を傾けられるもの、何でもいいから興味があるモノを追いかけて欲しい。僕にできるのはその案内だ。でも彼らはいろいろなものに挑戦して、情熱を感じるものを見つけているよ」と、見守っている様子。

今が人生最高の時、じゃないといいね(苦笑)

今年のアワードシーズンでは、映画賞を席巻したブラッド。「今、人生最高の時ですか?」と聞かれると、「うーん。そうじゃないといいね」と苦笑い。「この先もあることを願ってる。でも特別な時ではある。これが意味するのは、僕が愛するコミュニティと、30年以上にわたって作ってきた友人たちで、彼らは僕にとっては本当に大きな存在なんだ。だから何よりも、ウィニングラン以上の責任を感じてる」と語りました。

the Academy

助演男優賞に輝いたブラッド・ピット。Newscom / Zeta Image

そんなブラッドは、今後について「少し姿を消す時が来たと思う。それから製作に戻るよ」と、少し休みをとることを示唆。リフレッシュした後、製作会社「PLAN B」の社長として、彼自身の目標である「物語を世に出す」仕事に戻るようです。

bombshell映画『スキャンダル』、世界が驚愕した大変身メイクのタイムラプス動画が公開前のページ

ディズニー・チャンネルの人気番組 『ミッキーマウスとロードレーサーズ』に佐藤琢磨さんが出演!次のページdisney

ピックアップ記事

  1. ステフィン・カリー、2度目の来日が決定!
  2. 「終わってしまうのはさびしい」『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』記者…
  3. ブレイク・ライヴリーがメットガラで持っていたクラッチバッグに注目!
  4. アッシャー、性病感染問題でさらに3人から訴えられる
  5. ウィル・スミス、新挑戦は喜び 『ブライト』記者会見

関連記事

  1. Celeb

    ティモシー・シャラメとのKISSが激写! エイザ・ゴンザレスに注目

    先日、雑誌のインタビューで「今はシングル」と語り、Netflix映画『…

  2. elle fanning

    Celeb

    エル・ファニング、『マレフィセント2』撮影秘話を明かす「アンジーはペイントボールでもアグレッシブだっ…

    映画『マレフィセント2』に加え、来年には主演作『ティーンスピリット』が…

  3. dwayne johnson

    Celeb

    ドウェイン・ジョンソンが「すごく演じたかったが他の俳優が演じた役」とは? そこからの大躍進を語る

    最も稼ぐ俳優ランキングの常連、数々の大ヒット映画に主演するなど、今、ハ…

  4. tigerking

    Celeb

    実はNYナイトライフの大物! 大ヒットドキュメンタリー『タイガーキング』の監督とは?

    3月20日に配信スタートして以来、大反響を呼んでいるNetflixのド…

  5. the obamas

    Celeb

    ミシェル・オバマ夫人がNetflix『マイ・ストーリー』で語った、オバマ元大統領の型破りエピソード3…

    5月6日からNetflixで配信された『マイ・ストーリー』は、ミシェル…

  6. brad pitt

    Celeb

    映画製作会社CEOでもあるブラッド・ピット、目標は「物語を世に出すこと」

    俳優であると同時に映画製作会社「プランB エンターテイメント」のCEO…

最近の記事

  1. louis vuitton
  2. entertainment weekly
  3. amazon prime
  4. the midnaight sky
  5. walking dead
  6. disneyplus
  7. netflix
  8. tenet
  9. disney channel
  10. emmy

ピックアップ記事

  1. TENET
  2. the beckhams
  3. westworld
  4. tgc
  5. 五島の椿

特集記事

  1. emmy
  2. emmy
  3. 東京コミコン
  1. Entertainment

    トム・クルーズ、またも決死のスタント 『ミッション:インポッシブル/フォールアウ…
  2. Entertainment

    ジェニファー・ローレンスが女スパイに! 最新作『レッド・スパロー』公開決定
  3. 映画

    ウェス・アンダーソン監督、ストップモーション・アニメへの熱い思いを語る
  4. 映画

    ララ・クロフトが滝の上で大ジャンプ! 大迫力映像が解禁
  5. News

    アン・ハサウェイ、愛犬連れのエアポートスタイル
PAGE TOP