prince harry

News

「高位」王族を退くと電撃発表したハリー王子夫妻、財政事情について詳細を説明

1月8日(現地時間)、「高位」王族を退き、経済的な独立に向けて取り組むこと、さらにイギリスと北米で時間のバランスを取る予定であることを電撃発表したハリー王子とメーガン妃。さらなる詳細をウェブサイトで説明しています。

この投稿をInstagramで見る

“After many months of reflection and internal discussions, we have chosen to make a transition this year in starting to carve out a progressive new role within this institution. We intend to step back as ‘senior’ members of the Royal Family and work to become financially independent, while continuing to fully support Her Majesty The Queen. It is with your encouragement, particularly over the last few years, that we feel prepared to make this adjustment. We now plan to balance our time between the United Kingdom and North America, continuing to honour our duty to The Queen, the Commonwealth, and our patronages. This geographic balance will enable us to raise our son with an appreciation for the royal tradition into which he was born, while also providing our family with the space to focus on the next chapter, including the launch of our new charitable entity. We look forward to sharing the full details of this exciting next step in due course, as we continue to collaborate with Her Majesty The Queen, The Prince of Wales, The Duke of Cambridge and all relevant parties. Until then, please accept our deepest thanks for your continued support.” – The Duke and Duchess of Sussex For more information, please visit sussexroyal.com (link in bio) Image © PA

The Duke and Duchess of Sussex(@sussexroyal)がシェアした投稿 –

高位王族とは、米誌『Town and Country』によると、公式に定義されていないものの、通常は英国の王位継承順位の上位にいる成人のロイヤルファミリーとその配偶者で、女王の名のもとでフルタイムで公務を行う人々を指すそう。引き続き全面的に「女王陛下をサポートしていく」と述べているものの、ハリー王子とメーガン妃が引退を表明したことで、残るメンバーはエリザベス女王夫妻、チャールズ皇太子とカミラ夫人、ウィリアム王子夫妻となるとのこと。

そんなハリー王子とメーガン妃は、ウェブサイトsussexroyal.comで、2020年は新しい働き方への移行期と位置づけ、高位王族から退き、もうソヴリン・グラントと呼ばれる王室助成金は受け取らないことで、経済的に独立したロイヤルファミリーを目指すのだとか。

自分たちで稼いで収入を得たい

その王室助成金とは、女王とロイヤルファミリーの公務、公邸と事務所の費用などをカバーする王室の資金調達システムなのだとか。女王にはクラウン・エステートと呼ばれる不動産からの収入があり、女王はその収益を放棄するかわりにその一部を公的資金として、公的支出のために女王が得るのだそう。2018−19年の国家財政報告では、女王はクラウン・エステートからの収益3億2900万ポンドを政府に渡し、政府は公的支出の費用をまかなうために8,200万ポンドを助成金として女王に付与したとか。

Prince harry

Mr Pics / Shutterstock.com

ハリー王子夫妻が助成金を受け取ったのは2019年から。しかし、それは王子夫妻の事務所の費用の5%に過ぎないそう。そして残りの95%は、コーンウォール公領からの不動産収入をウィリアム王子が割り振った収入を受け取っているとか。この規定はウィリアム王子とハリー王子が女王をサポートするため、初めてそれぞれの事務局を設立して以来、行われているもので、ウィリアム王子が管理しているとのこと。

王子夫妻は仕事で所得を得る能力を大切にしているものの、今のシステムではいかなる形でも収入を得ることができないのだとか。

ということで、具体的な金額は明かされていないものの、今の事務所費用の5%は受け取らないとはいえ、95%は当面、確保されている王子夫妻。自分たちで稼ぐことができなかったことが、高位王族を退くことを決めた理由のひとつのようですが、何をするのかはまだ明かされていません。しかし、ロイヤルファミリーのなかで、他の仕事でフルタイムで働きながら、女王を支援しているロイヤルファミリーもいるそうで、王子夫妻が選んだ新しい働き方は前例がないわけではないのだとか。

フロッグモアコテージは引き続き使用

また、王子夫妻の公邸フロッグモアコテージは、以前として女王の資産であり、王子夫妻は女王の許可を得て、引き続き公邸として利用するそう。今後も女王をサポートし続けるにあたり、イギリスに家と呼べる場所があることになるとか。

また、夫妻のプライベートな旅行はこれまでも今後も、税金ではなく個人的に支払われるとのこと。公務、私的な旅行ともに、セキュリティ面での問題等がなければ、移動手段は民間機や一般の鉄道、燃費のよい車で行われるとか。公式な海外訪問は王室のすべてのメンバーと同様に外務省の要請に応じて行い、その費用は王室助成金、ホスト国からの寄付で支払われるとのこと。

prince harry

アイルランドを訪問時のハリー王子とメーガン妃。Newscom / Zeta Image

そして夫妻のセキュリティ費用については、王子夫妻は内務省によって警察による武装警備が義務づけられているのだとか。

meghan markle

女優時代のメーガン妃。Kathy Hutchins / Shutterstock.com

こうしてみると、イギリスでの住居、事務所費用、セキュリティ費用はこれまで通りとして、北米と英国の移動、北米での住居費などいろいろ物入りそうなハリー王子夫妻。これは普通の会社勤務でまかなうのは厳しそう? モデルとして活動しているロイヤルファミリーもいることを考えれば、メーガン妃が再びエンタメの世界に戻ってくる可能性もあるかも、なんて期待してしまいます。

suitsガブリエル・マクトが「これ以上ない出来だ」と断言 『SUITS/スーツ』シーズン8キャストインタビュー前のページ

エドワード・ノートン、監督と俳優は正反対の仕事「同時にこなすにはしっかり準備しておくことが大切」次のページmotherless brooklyn

ピックアップ記事

  1. 【Hot Pics】来日中に都内で目撃されたセレーナ・ゴメス
  2. ミランダ・カー、甘酒でカンパイ!
  3. スカーレット・ヨハンソン、『ゴースト・イン・ザ・シェル』は「圧巻」と豪語
  4. ガル・ガドット「世界は1人じゃ救えない」ジャスティス・リーグ参戦コメント
  5. ニック・ジョナスが旅に必ず持って行くものとは?

関連記事

  1. News

    Instagramをめぐり、セレーナ・ゴメスとジャスティン・ビーバーがバトル?

    ソフィア・リッチーを連れて来日し、都内で仲よしデートをInstagra…

  2. Nicole kidman

    News

    ニコール・キッドマン夫妻、オーストラリア森林火災の被害支援に50万ドルを寄付

    オーストラリア出身の女優ニコール・キッドマンの代理人がニコールと夫キー…

  3. News

    カルヴィン・ハリス、テイラーとの破局で「大変なことになった」

    英誌『GQ』が毎年、その年に最も輝いた人々を讃える「GQ メン・オブ・…

  4. taylor swift

    News

    テイラー・スウィフト、『キャッツ』のボンバルリーナ役はオーディションなしでオファーを受けた

    映画版『キャッツ』でボンバルリーナを演じ、さらにアンドリュー・ロイド=…

  5. News

    キム・カーダシアン、カニエにフォトボムされる

    セルフィーの女王キム・カーダシアンにも、失敗が!? (さらに&hell…

  6. Sofia Richie Instagram

    News

    ソフィア・リッチー、パパが露出規制!?

    ジャスティン・ビーバーとの熱愛で注目のソフィア・リッチー。先日、18歳…

最近の記事

  1. the matrix resurrections
  2. nowayhome
  3. fantastic beasts
  4. america horror stories
  5. david beckham
  6. monster hotel
  7. fujioka
  8. diabolical
  9. billie holiday vs united states
  10. 355

ピックアップ記事

  1. michael b jordan
  2. jude law
  3. timothee chalamet
  4. Brad Pitt
  5. spot

特集記事

  1. steven soderbergh
  1. Entertainment

    J・J・エイブラムス、Netflixと超極秘の怪しいミーティングをした
  2. 映画

    「クイーンを演じて、自由になれた」『ボヘミアン・ラプソディ』記者会見
  3. Baby & Kids

    ビヨンセ長女ブルー・アイヴィーちゃん、6歳にしてスタイリストがいることが判明
  4. 映画

    ジョン・ボイエガ、「皆さんの街を破壊してしまって申し訳ない!」 『パシフィック・…
  5. Entertainment

    ゴールデン・グローブ賞で作品賞&主演男優賞受賞!『アトランタ』FOXチャンネルで…
PAGE TOP