bradpitt

Celeb

ブラッド・ピット、プロデュース作『ムーンライト』アカデミー賞受賞時は『アド・アストラ』監督の家でスパゲッティを食べていた

主演・製作を務めた最新作『アド・アストラ』が公開中のブラッド・ピット。この作品では孤独で人との関係をうまく築けない主人公を演じていますが、この作品にブラッドが関わることが決まったのは2017年の初めだったとか。2017年初めといえば、ブラッドとアンジェリーナ・ジョリーが破局した直後。ブラッドは『New York Times』に、当時の様子やその経験が与えた影響などを語っています。

bradpitt

ブラッド・ピット。 Kathy Hutchins / Shutterstock.com

2017年のアカデミー賞でのドタバタはテレビで見た

2017年のアカデミー賞では、ブラッドがエクゼクティブ・プロデューサーを務めた映画『ムーンライト』が、アカデミー賞作品賞を受賞。しかし、会場にはブラッドの姿はありませんでした。一体、どこで何をしていたのかと思いきや、その晩、ブラッドはロサンゼルスにおり、授賞式よりジェームズ・グレイ監督宅で友人たちを交え、スパゲッティのディナーを食べることを選んだのだそう。

brad pitt

2008年、『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』のロサンゼルスプレミアでのブラッド。Tinseltown / Shutterstock.com

そしてグレイ監督夫人がアカデミー賞授賞式を見るために他の部屋に移ったことから、ブラッドもテレビで、受賞作が『ラ・ラ・ランド』と間違って発表され、その後『ムーンライト』だと訂正されるという世紀のハプニングを見ることになったとか。その時のブラッドのリアクションは? グレイ監督は「彼は“オォ、ワオ。クールだね”と言ってました。感謝してなかったわけじゃありません。でも夢中にはなってはいなかったです。冷静でした」と振り返っています。

『アド・アストラ』は主人公の孤独に惹かれた

日本で行われた記者会見で、『アド・アストラ』は広大な宇宙を舞台にした主人公の自分探しを描いた作品だと語っていたブラッド。「他者とつながれないこと、本当の意味でオープンになることから我々を遠ざけるために人が築きあげてしまう自己防衛メカニズムを探求したかったんだ」と、作品のなかでも描かれている主人公の孤独に惹かれたことを明らかに。

役に私生活での経験を生かしていたと監督は語る

『アド・アストラ』でロイを演じることが決まった2017年初め頃、ブラッドはまだアンジーとの破局、6人の子供たちと会えなくなったことに動揺していたそう。「彼は明らかに、自分の人生から受けた刺激を使いました。私は彼の個人的な面に立ち入らないし、私の仕事に関係ないと思っていますが、彼はキャラクターのエッセンスを自分自身を通して探求していました」とグレイ監督はコメント。

brad pitt

BAKOUNINE / Shutterstock.com

一方、ブラッド自身は「家族の問題があった」と語るにとどめ、『アド・アストラ』での仕事に自身が経験した孤独を生かしたかと聞かれると、「僕たちはみんな、痛みや悲しみ、喪失感を抱えている。ふだんは隠しているけれど、それぞれの中にある。その箱を開けるんだよ」と、自分だけでなく誰もが抱える感情であることを強調しています。

破局後1年半にわたりアルコール依存症の相互援助グループに通った

ブラッドとアンジーの破局は2016年9月、プライベート機で移動中にブラッドの飲酒をめぐってのケンカが原因だったと言われています。ブラッドはアンジーが離婚を申請したのを機に、アルコールをやめたことを明言。さらに1年半にわたり、アルコホーリクス・アノニマスと呼ばれる、アルコール依存の回復のための集まりに通ったことも語りました。

brad pitt

Denis Makarenko / Shutterstock.com

そのグループは全員が男性だったそうで、ブラッドは彼らの正直さに感動したとか。「それらの男たちが座って、僕がこれまで聞いたことがないような感じでオープンに、正直に話すんだ。そこは安全なスペースで批判されることもないし、自分を非難することもない」。そしてそこにいた人々は、ブラッドが通ってきていることをメディアに一切もらさなかったのでした。そのお互いへの信頼にブラッドはカタルシスを得たのだとか。「自分の醜い面を晒すのは、本当に解き放たれる行為だった」と振り返ったブラッド。そうした、プライベートでの孤独、痛みやどん底の経験が『アド・アストラ』、ブラッドの演技に昇華されているようです。

ピックアップ記事

  1. エミリー・ブラント、谷原章介さんの「子どもが6人」に驚き 『メリー・ポピンズ リ…
  2. 『アバター』続編『the Avatar Seauels』始動!
  3. 官能ラブストーリーがついに最終章! 『フィフティ・シェイズ・フリード 』
  4. ハリー・スタイルズ、『クィア・アイ』のボビーらと新宿2丁目で『ボヘミアン・ラプソ…
  5. ヴィクトリア・ベッカム、メイク解説ビデオ中にお下品ワードを口走る

関連記事

  1. will smith

    Celeb

    ドル箱スターのウィル・スミス、デジタル時代に合わせてキャリアを拡大していた

    今年、出演作『アラジン』が大ヒット。今月、最新作『ジェミニマン』の公開…

  2. brad pitt

    Celeb

    映画製作会社CEOでもあるブラッド・ピット、目標は「物語を世に出すこと」

    俳優であると同時に映画製作会社「プランB エンターテイメント」のCEO…

  3. rihanna

    Celeb

    リアーナ、新アルバム、ハーフタイムショー、恋愛について語る

    リアーナが米誌『Vogue』11月号の表紙に登場。気になる新アルバム、…

  4. elle fanning

    Celeb

    エル・ファニング、『マレフィセント2』撮影秘話を明かす「アンジーはペイントボールでもアグレッシブだっ…

    映画『マレフィセント2』に加え、来年には主演作『ティーンスピリット』が…

最近の記事

  1. will smith
  2. got
  3. mariah carey
  4. christina aguilera
  5. kylie jenner
  6. liam hemsworth
  7. zombieland
  8. long shot
  9. johndelorean
  10. 15mitutes

ピックアップ記事

  1. maleficent2
  2. truth
  3. teenspirit
  4. eternitys gate
  5. ohmycafe

特集記事

  1. will smith
  2. mariah carey
  3. rihanna
  1. Entertainment

    『フラーハウス』、爆発的人気で早くもシーズン3が制作決定
  2. News

    ベハティ・プリンスルー、輝く素肌の秘訣を公開!
  3. News

    マッツ・ミケルセン、東京コミコンに登場
  4. Baby & Kids

    ベッカム家のプリンセス、ハーパーちゃんが7歳に! バースデーケーキはユニコーン
  5. Style

    シンディ・クロフォード娘カイア、ランウェイでの母娘共演にビビった?
PAGE TOP