bradpitt

Celeb

ブラッド・ピット、プロデュース作『ムーンライト』アカデミー賞受賞時は『アド・アストラ』監督の家でスパゲッティを食べていた

主演・製作を務めた最新作『アド・アストラ』が公開中のブラッド・ピット。この作品では孤独で人との関係をうまく築けない主人公を演じていますが、この作品にブラッドが関わることが決まったのは2017年の初めだったとか。2017年初めといえば、ブラッドとアンジェリーナ・ジョリーが破局した直後。ブラッドは『New York Times』に、当時の様子やその経験が与えた影響などを語っています。

bradpitt

ブラッド・ピット。 Kathy Hutchins / Shutterstock.com

2017年のアカデミー賞でのドタバタはテレビで見た

2017年のアカデミー賞では、ブラッドがエクゼクティブ・プロデューサーを務めた映画『ムーンライト』が、アカデミー賞作品賞を受賞。しかし、会場にはブラッドの姿はありませんでした。一体、どこで何をしていたのかと思いきや、その晩、ブラッドはロサンゼルスにおり、授賞式よりジェームズ・グレイ監督宅で友人たちを交え、スパゲッティのディナーを食べることを選んだのだそう。

brad pitt

2008年、『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』のロサンゼルスプレミアでのブラッド。Tinseltown / Shutterstock.com

そしてグレイ監督夫人がアカデミー賞授賞式を見るために他の部屋に移ったことから、ブラッドもテレビで、受賞作が『ラ・ラ・ランド』と間違って発表され、その後『ムーンライト』だと訂正されるという世紀のハプニングを見ることになったとか。その時のブラッドのリアクションは? グレイ監督は「彼は“オォ、ワオ。クールだね”と言ってました。感謝してなかったわけじゃありません。でも夢中にはなってはいなかったです。冷静でした」と振り返っています。

『アド・アストラ』は主人公の孤独に惹かれた

日本で行われた記者会見で、『アド・アストラ』は広大な宇宙を舞台にした主人公の自分探しを描いた作品だと語っていたブラッド。「他者とつながれないこと、本当の意味でオープンになることから我々を遠ざけるために人が築きあげてしまう自己防衛メカニズムを探求したかったんだ」と、作品のなかでも描かれている主人公の孤独に惹かれたことを明らかに。

役に私生活での経験を生かしていたと監督は語る

『アド・アストラ』でロイを演じることが決まった2017年初め頃、ブラッドはまだアンジーとの破局、6人の子供たちと会えなくなったことに動揺していたそう。「彼は明らかに、自分の人生から受けた刺激を使いました。私は彼の個人的な面に立ち入らないし、私の仕事に関係ないと思っていますが、彼はキャラクターのエッセンスを自分自身を通して探求していました」とグレイ監督はコメント。

brad pitt

BAKOUNINE / Shutterstock.com

一方、ブラッド自身は「家族の問題があった」と語るにとどめ、『アド・アストラ』での仕事に自身が経験した孤独を生かしたかと聞かれると、「僕たちはみんな、痛みや悲しみ、喪失感を抱えている。ふだんは隠しているけれど、それぞれの中にある。その箱を開けるんだよ」と、自分だけでなく誰もが抱える感情であることを強調しています。

破局後1年半にわたりアルコール依存症の相互援助グループに通った

ブラッドとアンジーの破局は2016年9月、プライベート機で移動中にブラッドの飲酒をめぐってのケンカが原因だったと言われています。ブラッドはアンジーが離婚を申請したのを機に、アルコールをやめたことを明言。さらに1年半にわたり、アルコホーリクス・アノニマスと呼ばれる、アルコール依存の回復のための集まりに通ったことも語りました。

brad pitt

Denis Makarenko / Shutterstock.com

そのグループは全員が男性だったそうで、ブラッドは彼らの正直さに感動したとか。「それらの男たちが座って、僕がこれまで聞いたことがないような感じでオープンに、正直に話すんだ。そこは安全なスペースで批判されることもないし、自分を非難することもない」。そしてそこにいた人々は、ブラッドが通ってきていることをメディアに一切もらさなかったのでした。そのお互いへの信頼にブラッドはカタルシスを得たのだとか。「自分の醜い面を晒すのは、本当に解き放たれる行為だった」と振り返ったブラッド。そうした、プライベートでの孤独、痛みやどん底の経験が『アド・アストラ』、ブラッドの演技に昇華されているようです。

the truth是枝裕和監督とジュリエット・ビノシュがサン・セバスティアン国際映画祭に登場前のページ

『永遠の門 ゴッホの見た未来』ウィレム・デフォー&シュナーベル監督のメイキング写真解禁次のページeternity's gate

ピックアップ記事

  1. ジェニファー・ローレンス、セクシードレスで悩殺!
  2. 映画『ワンダー 君は太陽』ティザービジュアル&第二弾場面写真解禁
  3. 【エミー賞】ニコール・キッドマンのジュエリーは「ハリー・ウィンストン
  4. マーク・ウォールバーグが今年の「最も稼いだ俳優」に!
  5. ウェス・アンダーソン監督、ストップモーション・アニメへの熱い思いを語る

関連記事

  1. ratched

    Celeb

    Netflix『ラチェッド』の強烈キャラを演じる女優たち、サラ・ポールソン、ジュディ・デイヴィス、ソ…

    Netflixで配信中のドラマ『ラチェッド』は、名作映画『カッコーの巣…

  2. advent

    Celeb

    【イケメンアドベント】テレビ・ストリーミングで見られる「セクシーな男性2020」/12月13日

    12月1日からクリスマスまで、日数をカウントダウンをしながら、カレンダ…

  3. advent

    Celeb

    【イケメンアドベント】テレビ・ストリーミングで見られる「セクシーな男性2020」/12月18日

    12月1日からクリスマスまで、日数をカウントダウンをしながら、カレンダ…

  4. lucas bravo

    Celeb

    【イケメンアドベント】テレビ・ストリーミングで見られる「セクシーな男性2020」/12月2日

    12月1日からクリスマスまで、日数をカウントダウンをしながら、カレンダ…

  5. brad pitt

    Celeb

    映画製作会社CEOでもあるブラッド・ピット、目標は「物語を世に出すこと」

    俳優であると同時に映画製作会社「プランB エンターテイメント」のCEO…

  6. エラ・バリンスカ

    Celeb

    新しいチャーリーズ・エンジェルに抜擢! エラ・バリンズカってどんな人?

    27日に解禁された新しい「チャーリーズ・エンジェル」の初映像。美しい女…

最近の記事

  1. jensen ackles
  2. romeo devid beckham
  3. underground railroad
  4. venom
  5. lady gaga
  6. catherine
  7. emily
  8. supernova
  9. gentlemen
  10. victoria beckham

ピックアップ記事

  1. michael b jordan
  2. jude law
  3. timothee chalamet
  4. Brad Pitt
  5. spot

特集記事

  1. steven soderbergh
  2. father
  3. another round
  1. 海外ドラマ/テレビ

    マシュー・グレイ・ギュブラー、『クリミナル・マインド』出演のきっかけは「アクシデ…
  2. Entertainment

    ソフィア・コッポラ最新作『The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ』特…
  3. News

    イーサン・ハントの日にサイモン・ペッグからスペシャルメッセージ映像が到着
  4. 映画

    森崎ウィン、「スピルバーグ監督は気軽に話せる神様」
  5. News

    ハリー王子、短距離走では兄を大きくリード!
PAGE TOP