leonardodicapiro

来日

ハリウッド生まれのレオナルド・ディカプリオ、「俳優として仕事ができているだけで奇跡」『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』記者会見

26日、レオナルド・ディカプリオとブラッド・ピットの初共演でも話題のクエンティン・タランティーノ監督最新作『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』の記者会見が行われ、レオナルド・ディカプリオとクエンティン・タランティーノ監督、プロデューサーのシャノン・マッキントッシュが登場しました。

leonardodicaprio

クエンティン・タランティーノ監督、レオナルド・ディカプリオ、プロデューサーのシャノン・マッキントッシュ。

『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』は、1969年のロサンゼルス。ハリウッド黄金時代の最後の瞬間を監督が、郷愁とリスペクトを込め、5年の歳月を費やして脚本執筆した作品。シャロン・テート事件という史実に基づきながら、実在の人物とレオ演じるリック・ダルトン、ブラッド演じるクリフ・ブースという架空の人物が登場します。

leonardodicaprio

ハイテンションのクエンティン・タランティーノ監督。

タランティーノ監督は、「当時はハリウッドの街、業界が変わっていった時代。シャロン・テート事件を軸にしたらおもしろい作品になるだろうと思いました。実在の人物と架空の人物を組み合わせるのは、13〜14歳の頃、そういう物語を読んだことがあったのです」と、アイデアの源は子どもの頃にあったことを告白。
leonardodicaprio

ブラッドとレオという大スターを起用した理由を聞かれると、「彼らがキャラクターにピッタリだったというのはありますが、私が彼らを選んだというより、彼らが私を選んでくれたんです。彼らの元にはあらゆるオファーが来ます。そのなかから私の仕事を選んでくれたわけで、とてもラッキーでしたし、ふたりと仕事をしたことがあったのもラッキーでした」と、語りました。

一方、レオは出演を決めたのは「役にひかれたからです」と語り、さらに、「リック・ダルトンは50年代にテレビの西部劇で活躍したわけですが、今は悪役を演じなければならない、彼としては考えられないような状況になっているわけです。映画に出演する際、役についてはいつも徹底的にリサーチしますが、今回のリックはこの業界の中心じゃなく隅っこの方にいて、落ちぶれている。変わっていくハリウッドで取り残されている。僕もブラッドもキャリアとしては成功している方だと思いますが、業界は見ているし、ふたりの境遇もよくわかります。ふたりはお互いが必要で依存し合っている関係です。そんなふたりがどんな映画に出て、どんな関係か、バックグラウンドを監督が用意してくれていたんです。おかげでその時代の精神を理解しながら撮影できました。ブラッドもそうだと思いますが、出演できてよかったです」と、役作り、ブラッドとの共演について語りました。

leonardodicaprio

ハリウッドうまれのレオナルド・ディカプリオ。

リックというキャラクターを作るにあたっては、1人ではなく複数の俳優たちからインスピレーションを受けたというタランティーノ監督。「50年代、テレビには多くのスターがいましたが、この新しいスターたちが1960~70年代の過渡期にどうなったかというと、テレビから映画に転身して成功した人たちは、スティーブ・マックイーン、クリント・イーストウッド、ジェームズ・ガーナーです。でも、そうではない俳優たちがたくさんいたわけです。1人を選んだわけじゃなくて、いろいろな人々のいろいろな部分からアイデアを得てリックを作りました」と説明。

レオは「役作りもたくさんの俳優を参考にしました。私たちが愛した作品に貢献した多くの俳優の多くが忘れされています。リックを通して、そうした人々を知ることができました。リックはハリウッドで仕事ができて、存在できているだけで、ラッキーなんだという気持ちになりました。知ってよかったと思いました」と語りました。
leonardodicaprio

そんなふたりが、自分にとって奇跡だと思うこととは? タランティーノ監督は、「映画で仕事ができていることです。9作品も映画を撮って、日本でも私のことを知ってくださる人がいる。1996年にはビデオストアで働いていたのです。仕事として映画を作っているのではなく、アーティストとして作っていることができる。このことは忘れないでいようと思っています」と感慨ぶかげ。

leonardodicapiro

タラ・レオツーショット。

レオも「クエンティンの言うことに全面的に賛成です。私はLA育ち、ハリウッドうまれです。俳優でいることが大変なのか知ってます。この業界は世界中から人々がくる夢の場所ですが、夢を叶えられないのが現状です。私はハリウッドにいたので、学校の後、オーディションを受けに行くことができました。仕事がある俳優であり、自分で選ぶことができることが奇跡ですね。俳優として仕事ができているのは本当にラッキーですし、この業界で成功できていることは本当にミラクル。99.9%の人は仕事がないというのが現状なんです」と、ハリウッドの光と影についても明かしてくれました。

『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』
8月30日(金) 全国ロードショー 
配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント 

orlandobloomオーランド・ブルーム、「もう離婚はしたくない」婚約者ケイティ・ペリーとの関係を語る前のページ

レオナルド・ディカプリオ「賞を穫れるかどうかは、皆さん次第」と映画の出来映えに自信次のページleonardodicaprio

ピックアップ記事

  1. プリヤンカー・チョープラー主演『クワンティコ2』日本初放送スタート
  2. ウィレム・デフォー、演技をホメられ「なんだか自分のお葬式にいる気分」『永遠の門 …
  3. 不朽の名作「オズの魔法使い」がスペクタクルファンタジー大作に!
  4. メッシ、ネイマールらが、楽天とのパートナーシップ記念パーティ−に登場
  5. トム・ハーディ主演『ヴェノム』日本公開日が決定

関連記事

  1. 来日

    ローサ・サラザール、「アリータのホームタウンにやってきました!」と喜び 『アリータ:バトル・エンジェ…

    14日、木城ゆきと原作による伝説の漫画「銃夢」の映画化『アリータ:バト…

  2. News

    NBA選手ラッセル・ウェストブルックが初来日! 「集中して取り組むことはすべてに役立つ」

    14日、NBAのスター選手ラッセル・ウェストブルック選手が「Russe…

  3. swat

    海外ドラマ/テレビ

    海外ドラマ『S.W.A.T. シーズン3』初の東京ロケ撮影決定!

    『クリミナル・マインド』のシェマー・ムーア主演、凶悪事件に果敢に立ち向…

  4. 来日

    カイル・マクラクランが来日 新作『ツイン・ピークス』をPR

    伝説の海外ドラマの25年後を描く新作『ツイン・ピークス』の放送開始を…

  5. 来日

    デヴィッド&ブルックリン・ベッカム、男2人の東京グルメ旅を終え帰国

    24日、親子で東京を訪れていたデヴィッド&ブルックリン・ベッカムが成田…

  6. 来日

    ジェシーJ、 ロンドンバスから英国の魅力をアピール

    11月30日、 ブリティッシュ・エアウェイズが特別に運行した二階建てロ…

最近の記事

  1. daniel
  2. the witches
  3. brad pitt
  4. reebok
  5. marvel cafe
  6. beyonce
  7. adele
  8. the third day
  9. the prom
  10. snl

ピックアップ記事

  1. ratched
  2. TENET
  3. the beckhams
  4. westworld
  5. tgc

特集記事

  1. clouds
  2. tokyo comic con 2020
  3. tokyo comic con
  1. 映画

    極限の3時間55分の戦い 『ボルグ/マッケンロー 氷の男と炎の男』公開決定
  2. 映画

    アリシア・ヴィキャンデル、『トゥームレイダー ファースト・ミッション』USプレミ…
  3. SPORTS

    ハメス・ロドリゲス、新天地で26歳のお誕生日を迎える
  4. News

    クリス・エヴァンス、久々に自宅に戻り愛犬の大歓迎を受ける
  5. News

    産後約2カ月のビヨンセ、週末にローラースケート
PAGE TOP