アラジン

映画

映画『アラジン』、超豪華キャストが集結したUSプレミアが開催

21日、映画『アラジン』の超豪華キャスト陣が集結したUSプレミアがハリウッドのエル・キャピタンシアターで華々しく開催!

アラジン

左から、ナシム・ペドラド(ダリア役)、マーワン・ケンザリ(ジャファー役)、ナオミ・スコット(ジャスミン役)、メナ・マスード(アラジン役)、ガイ・リッチー(監督)、アラン・メンケン(楽曲制作)、ウィル・スミス(ジーニー役)、ネヴィド・ネガーバン(サルタン役)、ヌーマン・アカー(ハキーム役)。

先日の来日で魔法のような様々サプライズで日本中を魅了したジーニー役のウィル・スミスをはじめ、アラジン役のメナ・マスード、ジャスミン役のナオミ・スコット、ガイ・リッチー監督が登場する大盛況のプレミアイベントとなりました。

『アラジン』は人生を変えたいと願う貧しい青年アラジンと自由に憧れる王女ジャスミンの身分違いのロマンスと、願いを叶える魔法のランプを巡る冒険、さらにコミカルなキャラクターで爆発的な人気を誇るランプの魔人ジーニーなどの人気キャラクター、そして名曲「ホール・ニュー・ワールド」と共にディズニーが贈る、すべてが詰まった究極のエンターテイメント作品。プレミア会場には、大きな魔法のじゅうたんが設置されるなど、『アラジン』の世界観が再現されました。

アラジン役という大きな役を手にしたメナ・マスードは「僕は、ここにいるキャストと、ガイ・リッチー監督、そしてディズニーのことを、とても誇りに思っているんだ。この映画を観た少年や少女たちは自分のように思えるキャラクターに出会えるんだよ!」と熱い想いをコメント。その美しさと歌唱力が既に話題となっているジャスミン役のナオミ・スコットは、本作品のための新たな新曲『スピーチレス』について「私自身にとって、スピーチレスを歌うのはとてもエモーショナルな体験になったわ。自分自身の、あえて最も弱い部分を使って、ジャスミンが乗り越えようとしていることに触れようとしたの」と新曲を歌い上げた感想をコメント。

アラジン

ウィル・スミスとナオミ・スコット。

ジーニー役のウィル・スミスは「僕は、ディズニーの魔法って本当にあるんだなと思ったよ。これは、僕にとって初のディズニー映画だ。ディズニーはそれぞれのストーリーの核心に、人の子供心を呼び起こす何かを入れられるんだと思う。人を微笑ませ、感謝の気持ちを覚えさせる何かをね。僕がジーニーに共感したことのひとつに、彼が閉じ込められていることにある。彼はすごいパワーを持っているが、同時に囚人でもあるんだよ。僕自身もまさに、ウィル・スミスというものに閉じ込められているような感じがしていた。でも、この2年の間に、僕は少しずつウィル・スミスというものから離れ、自分自身を見つけ、自由を得るようになっていた。その後の最初の作品が「アラジン」だったわけだよ」と、ディズニー作品、そして『アラジン』の持つ魔法の力について語りました。

多様なキャストをまとめ上げ、そして偉大なオリジナル作品を見事に実写化させてみせたガイ・リッチー監督は、自信作である本作の見どころを聞かれると「全部だね!」と自信満々にコメント。『スナッチ』『シャーロック・ホームズ』『コードネームU.N.C.L.E.』など、骨太かつダイナミックなアクション映像の表現を得意とし、ファンからはディズニー作品とは無縁と思われていたリッチー監督は「意外に思うと思うけど、僕はこういったジャンルにはかなり詳しいんだよ。子供が5人もいるので19年くらいはディズニー映画を家族みんなで観てきているからね」「見終わった後に強い感動を覚えて欲しいと思う。映画館を出る時に、センセーションを感じて欲しいな」と本作品に詰め込んだ想いを自信たっぷりにコメントしました。

“ダイヤモンドの心”を持ちながら、本当の自分の居場所を探す貧しい青年アラジンが巡り合ったのは、王宮の外の世界での自由を求める王女ジャスミンと、“3つの願い”を叶えることができる“ランプの魔人”ジーニー。果たして3人は《この運命の出会い》によって、それぞれの《本当の願い》に気づき、それを叶えることはできるのでしょうか──?

アラジンを演じるのはメナ・マスード、そして、ディズニー・プリンセスとしても人気が高いジャスミン役にはナオミ・スコット。大役を任された若手俳優たちと共に、ランプの魔人ジーニーとして名作に加わるのは数々のメガヒット作に出演してきたウィル・スミス。実写映画化のメガホンを取った『シャーロック・ホームズ』シリーズなど音楽とスピーディーなアクション・ドラマの融合を真骨頂とするガイ・リッチー監督が、スケールアップした『アラジン』の世界をどのように描き出すのか。アカデミー賞最優秀歌唱曲賞とゴールデングローブ賞最優秀主題歌賞に輝いた名曲『ホール・ニュー・ワールド』はもちろん、ジーニーによる『フレンド・ライク・ミー』などのレジェンドナンバーが新たな装いで輝きを増す一方、アラン・メンケンと『ラ・ラ・ランド』『グレイテスト・ショーマン』チームによる新曲も加わり、胸躍る冒険と真実の愛を描いた、豪華絢爛なエンターテイメントが誕生します。

魔法の絨毯で歌うあの名シーンは? そして、新たなる名曲はーー? すべてが詰まった至極のエンターテイメント作品の誕生に期待値は高まるばかりです。

『アラジン』
6月7日(金)全国公開
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
©2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

ウィルスミスウィル・スミス、『エレンの部屋』でランプのつけ方を間違える!前のページ

【カンヌ国際映画祭】ブルックリン・ベッカム、ハナ・クロスとレッドカーペットデビューしていた次のページブルックリンベッカム

ピックアップ記事

  1. ライアン・レイノルズ、デップー顔負けの口の悪さを披露
  2. イーサン・ホーク×エマ・ワトソン『リグレッション』予告編
  3. チューバッカ、マジメに演技の練習をする姿をキャスト陣が絶賛!
  4. トム・フーパー監督&フランチェスカ・ヘイワードが登場! 『キャッツ』ジャパンプレ…
  5. アリシア・ヴィキャンデル、子供の頃の超キュートなお宝映像が発掘される

関連記事

  1. badboys for life

    映画

    ウィル・スミス、「ハンサムのまま戻ってこられた」と上機嫌 『バッドボーイズ フォー・ライフ』

    1月31日から公開の『バッドボーイズ フォー・ライフ』主演のウィル・ス…

  2. 映画

    ハーレイ・クインのプリプリヒップに注目!『スーサイド・スクワッド』サントラ入り特別映像解禁

    バットマンやスーパーマンらヒーローによって投獄された、史上最凶な悪党た…

  3. 映画

    007シリーズ最新作『BOND 25(仮題)』が始動! 新キャストにラミ・マレックが参戦

    「007」シリーズ待望の最新作『BOND 25(仮題)』の新情報が明ら…

  4. maleficent2

    映画

    アンジェリーナ・ジョリー、長男マドックスとレッドカーペットに登場 『マレフィセント2』ジャパンプレミ…

    10月3日、『マレフィセント2』のジャパンプレミアが行われ、マレフィセ…

  5. wonder woman

    映画

    『ワンダーウーマン1984』、日本公開日が変更

    『ワンダーウーマン1984』の日本公開が10月9日から、変更になりまし…

  6. bond

    映画

    『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』、ド派手フライトシーンも登場する新着映像が公開

    『007』最新作『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』の最新映像が公開さ…

最近の記事

  1. tommy×lewis
  2. the mandalorian
  3. tokyo comic con 2020
  4. disney plus
  5. bruce willis
  6. adele
  7. hillbilly elegy
  8. hulu
  9. disney channel
  10. next dream

ピックアップ記事

  1. ratched
  2. TENET
  3. the beckhams
  4. westworld
  5. tgc

特集記事

  1. tokyo comic con 2020
  2. tokyo comic con
  3. lucas bravo
  1. 映画

    残念! エミリア・クラーク来日中止
  2. Style

    サイモン・ベイカー、「ジャパンカップ」にロンジン賞プレゼンターとして登場!
  3. Entertainment

    『トップ・オブ・ザ・レイク〜チャイナガール』AXNミステリーで日本初放送決定!
  4. Style

    ロバート・パティンソン、「ディオール オム」最新広告キャンペーンに登場
  5. Entertainment

    『キングスマン:ゴールデン・サークル』×「ハードロックカフェ」コラボメニューが登…
PAGE TOP