映画

ジェイデン・スミスも出演 ガールズスケーターたちを描いた映画『スケート・キッチン』

いま世界が注目するガールズスケートクルー「スケート・キッチン」を主演に迎えた話題の映画『スケート・キッチン』が5月10日(金)に日本公開されます。

昨年のサンダンス映画祭で絶賛され、各国の映画賞を受賞した本作にはスケート・キッチンのメンバーのほか、ジェイデン・スミスも出演した本作は、2011年よりMiu Miuが始めたプロジェクト「Miu Miu Women’s Tales」(Miu Miu【女性たちの物語】)の1本として、2016年「That One Day」というタイトルで発表された短編が元になっています。

さまざまな人種的バックグラウンドをもつ少女たちが、男社会に生きる女性の生き様と、仲間意識や自己発見の大切さを学び成長していく。彼女たちの“いま”を描いた青春映画です。

STORY
ニューヨーク郊外に住む17歳の内気な女の子カミーユはスケートボードに熱中しているが、怪我が原因で母親からスケートを止めるように言われる。そんなある日、彼女は“スケート・キッチン”と呼ばれる女の子たちだけのスケートクルーと出会い、彼女たちの一員となる。母親との関係は悪化しつつも、どんどんスケートにのめり込んでいくカミーユは、謎のスケートボーダー男子に恋をする。だが、この男子との関係はスケボーのトリックを決めるよりも難しいことが発覚する……。





『スケート・キッチン』
5月10日(金)より渋谷シネクイントほかロードショー
配給:パルコ
©2017 Skate Girl Film LLC.

ジャスティン・ビーバー、妻ヘイリーへのアンチコメントに堪忍袋の緒が切れた?前のページ

ワイスピ最新作の邦題&公開決定次のページ

ピックアップ記事

  1. 『ローガン・ラッキー』日本版ポスタービジュアルが解禁!
  2. Dlife「マーベル フェス!」第2弾の詳細が決定
  3. ファンが選ぶベストエピソードが発表! 『ゲーム・オブ・スローンズ』応援上映&ファ…
  4. ジョニー・デップ、金銭苦により長年のエージェントも解雇
  5. ウィル・スミス、「僕はこの作品の“斬新さ”が大好きなんだ!」

関連記事

  1. disney plus

    映画

    ディズニープラスで配信間近!『ハミルトン』主演のリン=マニュエル・ミランダ「世界中の人々に見てもらえ…

    ディズニープラスで7月3日から世界同時配信となるブロードウェイミュージ…

  2. ロケットマン-カンヌ

    映画

    【カンヌ国際映画祭】『ロケットマン』がプレミア上映 万雷の拍手にタロンは涙

    エルトン・ジョンの半生を映画化した話題のミュージック・エンターテイメン…

  3. 映画

    ジェフ・ブリッジスの歌声が再び! 『オンリー・ザ・ブレイブ』本編映像

    森林消防士たちの英雄物語『オンリー・ザ・ブレイブ』の日本公開に先駆け、…

  4. judy

    映画

    レネー・ゼルウィガーの歌声が響き渡る日本版特報が解禁 『ジュディ 虹の彼方に』

    レネー・ゼルウィガーが伝説のミュージカル女優、ジュディ・ガーランドを演…

  5. 映画

    ブラピの“クセがすごい!” 『ウォー・マシーン:戦争は話術だ!』

    Netflixとブラッド・ピットが代表を務める製作会社プランBの共同製…

最近の記事

  1. the matrix resurrections
  2. nowayhome
  3. fantastic beasts
  4. america horror stories
  5. david beckham
  6. monster hotel
  7. fujioka
  8. diabolical
  9. billie holiday vs united states
  10. 355

ピックアップ記事

  1. michael b jordan
  2. jude law
  3. timothee chalamet
  4. Brad Pitt
  5. spot

特集記事

  1. steven soderbergh
  1. News

    カーラ・デルヴィーニュ、1日当たりの収入は約128万円!
  2. Baby & Kids

    【速報】キャンディス・スワンポールが第二子出産!
  3. 映画

    ダイアン・クルーガー、ドイツ語で演じた映画『女は二度決断する』記者会見に登場
  4. Entertainment

    クリス・ヘムズワース主演 『ホース・ソルジャー』公開決定
  5. Entertainment

    J・J・エイブラムスがほろ苦い思いを告白「私が監督しなかったこの作品がベスト」
PAGE TOP