News

『ゲーム・オブ・スローンズ』のエミリア・クラーク、脳腫瘍で2度も手術をしていたことを初告白

来月最終シーズンの放送がスタートする大人気ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』でデナーリス役を演じているエミリア・クラークが、この8年間に2度も大手術を受けていたことを明かしました。

今年のアカデミー賞でのエミリア。Tinseltown / Shutterstock.com

エミリアは『The New Yorker』に寄稿したエッセイで、自身の闘病について初告白。『GOT』のシーズン1の撮影を終えた後の2011年2月に、トレーナーとロンドンでワークアウト中に激しい頭痛を感じたことが始まりだったと告白。

「トレーナーが私にプランクポジションをとらせた時、突然、脳がゴムバンドで締め付けられるように感じたの。痛みを無視してやり過ごそうとしたけれど、無理だった。トレーナーに休みたいと伝え、這うようにしてロッカールームにたどり着き、トイレに行ってひざまづいて、激しく吐いたわ。その間も、ズキズキと締め付けるような痛みがどんどんヒドくなっていった。ある段階で脳がダメージを受けているということはわかったわ」と発病した瞬間を生々しく振り返りました。

そんなエミリアを見つけた女性がいて、次にエミリアが覚えているのは救急車のサイレンの音、エミリアの脈拍が弱くなっているという声が聞こえ、さらに誰かがエミリアの電話から両親に電話をかけ、病院のERに来るように伝えていたのが聞こえたそう。

そこで病院でMRIをとったところ、くも膜下出血という診断がでたとのこと。「命にかかわるタイプの脳卒中で脳を取り巻くスペースに出血することで引き起こされるの。私は動脈瘤が破裂していた。後でわかったのだけど、くも膜下出血の患者のおよそ3分の1は即死またはすぐに死んでしまう。生き残るには動脈瘤を閉じる緊急処置が必要で、2度目の致命的な出血が起きるリスクが高い。生き残るには緊急手術が必要だったけど、何の保証もなかったわ」。

2015年、映画『ターミネーター:新起動/ジェニシス』のプレミアにて。Tinseltown / Shutterstock.com

その時、エミリアは24歳で、子どもの頃の夢が叶ったと感じ、多忙を極めていた時期。脳の手術をしている時間なんてないと思ったけれど、手術を受けることに同意。低侵襲手術と呼ばれる、頭蓋骨を開けずに行われるも手術を受けたのだとか。

しかし目が覚めた時、ガマンできない痛みがあったとのこと。その後4日間をICUで過ごし、1週間半を回復にあて、手術から2週間後に経過のチェックとなったけれど、結果は芳しくなく、エミリアは自分の名前も思い出せない状態。「脳が負ったトラウマの結果、失語症と呼ばれる状態に陥っていたの。最悪の時だった。すべてをやめてしまいたかった。メディカルスタッフに死なせてと頼んだわ。私の仕事は私の人生の夢のすべてで、言葉やコミュニケーションが中心なのに、それなしでは私は失われたも同然。私はICUに戻されたの。1週間後に失語症は過ぎ去って、喋れるようになった」と、一時は絶望の淵に追い込まれたことを告白しています。

2013年、シーズン3プレミアでのエミリア。Tinseltown / Shutterstock.com

そして入院から1カ月後に退院し、仕事復帰できたエミリアですが、実は入院中にもうひとつ、小さめの動脈瘤が脳の別側にあり、破裂する可能性があることも告げられていたそう。しかし、そのまま大きくならない可能性もあるとのことで、注意深く様子を見ることに。ただ、まだ頭痛もあったので、エミリアはドラマのボスたちに自分の体調についてすべて話すも、公には公表しなかったのだとか。

とはいえ、ドラマのプロモーション中も、痛みがあったので、インタビューの間にモルヒネを飲まなければならず、シーズン2の撮影がスタートしてからは、撮影初日は自分に「大丈夫。20代だし、大丈夫」と自分に言い聞かせ、なんとか疲労で倒れる前にホテルに戻るという状態。撮影はがんばったけれど、シーズン2はエミリアにとっては最悪で、デナーリスが何をしているのかわかっていなかったとか。「本当に正直なところ、毎日毎分、自分な死ぬということを考えていた」と、大変な状況だったことを明かしました。

2016年、シーズン6のプレミアにて。Jaguar PS / Shutterstock.com

しかし、仕事は順調で2013年にはブロードウェイの舞台にも出演したエミリア。定例になっていた脳のスキャンに行ったところ、動脈瘤が2倍のサイズになっており、対処しなければならないことが告げられたのだとか。

そこでマンハッタンの病院で手術を受けることに。手術は前よりラクだと言われていたけれど、手術を終えて起こされた時、痛みで悲鳴を上げたほどで、なんと手術は失敗。「私は大出血していて、ドクターたちは再手術をしないと命があぶないことをあかしたわ。今回は彼らはオールドスタイル、頭蓋骨を開けて、私の脳にアクセスしなければならなかった。手術はただちに行われた」。

その後の回復も最初の手術より大変だったというエミリアは「病院でまた1カ月過ごし、ある時点で私はすべての希望を失った。人の目を見ることができなかったし、ヒドい不安、パニックアタックもあった。心が人々をブロックして、生きられないと確信していたことを覚えてる」。

しかし、幸いにして、身体は着実に健康を取り戻し、2度目の手術から数年経ち、「今は100%に回復した」というエミリア。このたび、数年の準備期間を経て、脳の損傷、脳卒中から回復している人々のための資金を集める「SameYou」というチャリティを立ち上げたことを発表しました。

「スローンズが終わりを迎えることはとても満足で、とても幸運なこと。ここでこの物語の終わりを見られるのはとても幸せだし、この物語の終わりは次にやってくることの始まりだから」。

ドラマのシーズン2以降を見てても、そんな大病と闘っていたとは、想像もできませんでした。そうした病を乗り越えたエミリアと共に、最終シーズン迎える『ゲーム・オブ・スローンズ』。そうした背景を知ると、ますますラストに向けてドラマチックに気持ちが入ります。

レディー・ガガ、ジェレミー・レナーと急接近?前のページ

やっぱりイケメン! コロンビア代表ハメス・ロドリゲス次のページ

ピックアップ記事

  1. ナイル・ホーランとヘイリー・スタインフェルド、KISSが激写
  2. 【速報】ジェシカ・アルバが第三子を出産!
  3. カニエ・ウエスト、脂肪吸引手術から鎮痛剤中毒に陥ったことを激白
  4. シンディ・クロフォード、仕事と子育て両立の秘密を公開
  5. セクシードレスのジェシカ・ビール、オスカー当日は朝からワークアウト

関連記事

  1. hemsworth

    News

    ヘムズワース兄弟が長兄ルークの誕生日をお祝い! 家族写真がまるでドラマのワンシーン

    11月7日(現地時間)、ヘムズワース兄弟の長兄ルーク・ヘムズワースが4…

  2. ケイティ・ペリー

    News

    ケイティ・ペリー、ツーショット投稿で交際宣言?

    ケイティ・ペリーがオーランド・ブルームとのツーショット(?)を初めてI…

  3. News

    ステフィン・カリーのスーパープレーを目の当たりにできるスペシャルイベント開催決定

    2018年9月10日より3日間、「2018 ステフィン・カリー アジア…

  4. jesan sudeikis

    News

    ジェイソン・サダイキス、オリヴィア・ワイルドとの破局後にどん底を味わったことを明かす

    昨年11月、オリヴィア・ワイルドとの破局を発表したジェイソン・サダイキ…

  5. News

    アシュレイ・ティスデイルもビックリ! ゴールデングローブで夢の再会?

    一昨年、放送10周年をお祝いした『ハイスクール・ミュージカル』。先日、…

  6. brad pitt jennifer aniston

最近の記事

  1. the matrix resurrections
  2. nowayhome
  3. fantastic beasts
  4. america horror stories
  5. david beckham
  6. monster hotel
  7. fujioka
  8. diabolical
  9. billie holiday vs united states
  10. 355

ピックアップ記事

  1. michael b jordan
  2. jude law
  3. timothee chalamet
  4. Brad Pitt
  5. spot

特集記事

  1. steven soderbergh
  1. News

    キム・カーダシアン、新年初セルフィでSnapchatに復帰
  2. Entertainment

    Netflix『13の理由』シーズン2場面写真&予告編解禁!
  3. Entertainment

    「スター・ウォーズ」ライアン・ジョンソン監督、京都宇治・平等院で成功祈願
  4. Entertainment

    『ウォーキング・デッド』シーズン8後半の放送日が決定!
  5. News

    デヴィッド・ベッカム、日本へ向かう機内からメッセージ「すごくワクワクしてる」
PAGE TOP