映画

ヘイリー・スタインフェルド、「バンブルビーが特別なのは人間的なところ」『バンブルビー』ジャパンプレミア

12日、映画『バンブルビー』のジャパンプレミアが行われ、主人公チャーリーを演じたヘイリー・スタインフェルド、トラヴィス・ナイト監督、トランスフォーマーシリーズのプロデューサー、ロレンツォ・ディ・ボナヴェンチュラ、日本語吹き替え版キャストの土屋太鳳さん、志尊淳さんが登場しました。

主人公チャーリーを演じたヘイリー・スタインフェルドと日本語吹き替え版のチャーリー役土屋太鳳さん。

映画『バンブルビー』は世界的大ヒットシリーズ『トランスフォーマー』シリーズの最新作。シリーズきっての人気キャラ、バンブルビーがシリーズ1作目でサムと出会う以前の1980年代を舞台に、傷ついたバンブルビーと自分の居場所を見つけられない思春期の少女チャーリーとの運命的な出会いを描いています。

左から、ロレンツォ・ディ・ボナヴェンチュラ、ヘイリー、トラヴィス・ナイト監督。

プロデューサーのロレンツォ・ディ・ボナヴェンチュラは「この作品はチャーリーとバンブルビーの心温まる関係を重視した、これまでとひと味違う『トランスフォーマー』になっています。アクションはもちろんあります。しかし、よりエモーショナルな物語になっているのでその点に注目して欲しい」と作品の魅力をアピール。

バンブルビーカラーのイエローのドレスで登場したヘイリー。

主人公チャーリーを演じたヘイリーはバンブルビーとの共演について、「バンブルビーは間違いなくカワイイわ!」と断言。「彼がすごくスペシャルなのは、人間っぽいところだと思う。監督の手腕のおかげで、彼の目や耳の動かし方や反応の仕方がとても人間っぽいの。そして彼が人間、地球、チャーリーを守りたいという思いがあって、とても愛にあふれていて、感情が豊かで、文章の作り方が独特なの。素晴らしいキャラクターよ。そんな彼のストーリーに参加できてすごくうれしく思ってる」とビーの魅力を力説。

日本語吹き替え版キャストの土屋太鳳さんと志尊淳さんとヘイリー、監督、プロデューサー。

演じたチャーリーについて「チャーリーは18歳になる間際、10代の女性を忠実に現していると思う。人生を模索していて、私自身も経験したし、今だに見失ったり、不安になったり、混乱する時もある。そういうのってなくならないのかもしれないけど……。そういう気持ち、時期をこの映画を完璧に捉えていると思う。そして、若い女性がすべてを救うという映画もあるけれど、チャーリーはスーパーパワーは持っていないわ。でも自分の力とまわりの支えでやっていけるのが、この映画の素晴らしいところで、私もみなさんも共感できるところだと思う」と語りました。

「ナイキ」創業者フィル・ナイトの息子であるトラヴィス・ナイト監督。

日本通としても知られる監督は、「初来日は父と一緒に8歳の時でした。その時、私の人生は変わりました。日本が大好きになったのです。そのインスピレーションが前作の『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』につながりました。そして今作なのですが、『トランスフォーマー』は日本で誕生したもので、最終公開地が日本になったことにワクワクしています」と来日の喜びをコメント。

さらに監督した2作品がどれも日本に関連があることについて「初来日したとき、私はすごく日本に影響を受けました。その2年後、今度は日本が私の家にトランスフォーマーというマンガ、おもちゃとしてやってきたのです。これにも大いに影響を受けたのです。これは偶然じゃありません」と語りました。さらに、前作のアニメと実写映画の違いは「アニメというのはとにかくスローです。『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』には5年かかりました。実写映画はとてもペース速いし、エネルギーも込めている。情熱は同じですが、どんどん進めていくというのが大きな違いだと思います」と語っていました。

ジャパンプレミアには日本語吹き替えキャストの土屋太鳳さん、志尊淳さんも登場。土屋さんはヘイリーとのご対面に「初めてお会いしましたが、映像でずっと見ていたのでやっと会えたという気持ち」と喜びを表現。『トランスフォーマー』シリーズの大ファンだという志尊さんは「どう考えてもファンタジーの世界の話なのですが、僕はそこに垣間見えるリアリティを強く感じました。相手が人でなくても、愛する気持ちを持つことがとても尊いことだと感じました」と、映画に感銘を受けた様子でした。

『バンブルビー』
3月22日(金)全国公開
配給:東和ピクチャーズ 
©2018 Paramount Pictures. All Rights Reserved. HASBRO, TRANSFORMERS, and all related characters are trademarks of Hasbro. ©2018 Hasbro. All Rights Reserved.

ノーマン・リーダス来日決定!『ライド with ノーマン・リーダス』シーズン2前のページ

『タイムレス』シーズン2 AXNで日本独占初放送決定次のページ

ピックアップ記事

  1. ニック・ジョナスが両親とインドに到着 婚約パーティーを開催?
  2. ヴィクトリア・ベッカム、新作パンツには“秘密のポケット” それって何のため?
  3. トム・ハーディ、映画『ダンケルク』でオメガを着用
  4. チューバッカの年齢が判明!? 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』US版…
  5. ゴールデン・グローブ賞、人気セレブがティファニーを纏い登場

関連記事

  1. the professor

    映画

    ジョニー・デップ主演『グッバイ、リチャード!』、いきなり余命宣告されるシーンが解禁

    ジョニー・デップが余命180日を告げられる大学教授リチャードを演じる『…

  2. top gun

    映画

    『トップガン マーヴェリック』、日本公開日が決定! 5月13日がトップガンの日に

    トム・クルーズが伝説のパイロット、マーヴェリック役としてカムバックを果…

  3. rumble

    映画

    ひとりと一頭の再起を賭けた挑戦が始まる! 『モンスターズ・リーグ』日本公開決定

    モンスターと人間が仲よく共存するユニークな世界が舞台のアニメーション映…

  4. j.Lo beyonce

    News

    【アカデミー賞】ジェニファー・ロペスとビヨンセはノミネートを逃す 予想外だったノミネーションは?

    1月13日(現地時間)、2020年のアカデミー賞ノミネーション発表が行…

  5. Netflix
  6. ライリー・ノース 復讐の女神

    映画

    ジェニファー・ガーナー完全復活! 『ライリー・ノース 復讐の女神』日本公開決定

    ジェニファー・ガーナーが11年ぶりにアクションを解禁したノンストップ・…

最近の記事

  1. home edit
  2. tenet
  3. liam gallagher
  4. savege X Fenty
  5. wonder boys
  6. brad pitt jen aniston
  7. hulu
  8. good boys
  9. dolittle
  10. NO TIME TO DIE

ピックアップ記事

  1. TENET
  2. the beckhams
  3. westworld
  4. tgc
  5. 五島の椿

特集記事

  1. home edit
  2. the one and only ivan
  1. Entertainment

    アメコミ界の重鎮スタン・リー、「東京コミコンはもっと発展する」
  2. Fitness

    筋力&友情パワー!? カーリー・クロス、プラスサイズモデルを持ち上げる
  3. Entertainment

    C-3POが登場する予告編は日本版だけ!『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』
  4. OMG

    アンバー・ハード、夫婦ゲンカの後ベッドにうんちを残した?
  5. News

    ヴィクトリア・ベッカム、ブルックリンくんのNY留学に動揺
PAGE TOP