News

クロエ・カーダシアン、少し気持ちが落ち着く? 「悪いのはジョーディンではなくトリスタン」

19日に発覚してから約2週間にわたって大注目を集めていたクロエ・カーダシアンの元恋人トリスタン・トンプソンとカイリー・ジェンナーの親友ジョーディン・ウッズの浮気疑惑。クロエが2日にTwitterを連投し、この騒動も幕引きとなったようです。

lev radin / Shutterstock.com

17日にトリスタンの自宅で行われたホームパーティーで、トリスタンとジョーディンがイチャイチャしていたという話がクロエの耳に入り、トリスタンとついに破局したクロエ。一方、ジョーディンは同居していたカイリーの家を出て、母親の家に引っ越し。クロエのブランド「Good American」にあったジョーディンのページも削除されるという状態になっていました。

そんななか、事態が動いたのは3月1日。ジョーディンがFacebook Watchで配信しているジェイダ・ピンケット・スミスのトーク番組『Red Table Talk』に出演し、今回の騒動について語りました。

『People』によると、このインタビューが収録されたのは26日。ジョーディンの亡くなった父親はサウンドエンジニアだったそうで、ウィル&ジェイダ・ピンケット・スミス家とは家族づきあいをしており、ジョーディンをカイリーに紹介したのはジェイデン・スミスという間柄なのだとか。

そんな家族同様のジェイダにジョーディンが語った主な内容は、

1 トリスタンにラップダンスはしていない
その晩、ジョーディンは友人たちとクラブに行き、その後、トリスタン邸のホームパーティーに行ったのだとか。最初、どこの家でパーティーが行われるのか知らなかったけれど、トリスタンの家だと知り、知らない人の家より「安全な場所」だと思ったのだとか。

ラップダンスはしていないものの、ウワサが出た理由は、トリスタンの座っていた椅子の肘掛けに座っていたからで、「私の足は彼の足に上に乗ってた」と語ったジョーディン。この態勢に気づき、すぐに移動したと語りました。

2 酔ってたけれど記憶は失ってない
トリスタン邸に朝6時までいたというジョーディン。「これが間違いの始まりだった」と語りました。しかし、何が起きたか覚えてないほど酔ってはいなかったと明言。

3 トリスタンと二人きりにはなっていない
その晩、帰るまで「常に誰か他の人たちがいるところにいた。私が帰る時も人々がそこにいた」と明言。

4 帰り際にトリスタンがキスをしてきた
ジョーディンはもう太陽が昇っていることに気づき、その場にいた人々に帰ると告げたのだとか。するとトリスタンが「本当に? 大丈夫。ここなら安全だよ」と言ったそう。でもジョーディンは帰ることに。「出る時に彼がキスをしたの。特にパッションも何もない。ただキスした。口にキスしたけど舌はなし。イチャイチャしてない。何もないわ」

ジョーディンは「トリスタンが悪いとは思わない。私が自分をそういう場に置いたんだから。アルコールは人にバカなことをさせるし、人を巻きこむの」

5 最初はカイリーとクロエに本当のことをいわなかった
トリスタンのキスにショックを受けたジョーディンは、何もなかったように振る舞おうとしたそうで、翌朝、クロエとカイリーに、トリスタンの家のホームパーティーに行ったことを話したそう。そしてクロエに「どうだった?」と聞かれた時、「頭の中であのパートを忘れようとしていたから、“彼はリラックスしてた。問題なかったわ”と答えた」とのこと。

これはクロエを傷つけたくないという気持ちからのウソだったというジョーディン。でも騒動が起きるのはわかっていて、「私にこれ以上、火に油を注がせないで」という気持ちだったとか。

6 クロエとトリスタンの破局は自分が原因ではない
「誰か、特に愛する人を傷つけたいと思ったことはないし、誰かの彼氏を撮ろうとしたこともない」と語ったジョーディンは「私は家庭を壊す人間じゃない」と明言。「この状況はクロエにとって、より辛いことになったかもしれないけれど、ふたりが別れた原因は私じゃない」とコメント。
ジェイダが、トンプソンと寝たのかと聞くとジョーディンは「考えたこともないし、そんなことはおきなかったし、これからもない」と断言。「ウソ発見器にかけてもらってもいい」と語りました。

7 殺害予告がきた
このスキャンダルが報じられてから、ジョーディンの元には殺害予告、ネットイジメ、彼女の亡くなった父親に対し「死んで当然」という言葉などが寄せられたそう。「兄は仕事にいけず、妹は学校に行けず、母はスーパーにもいけませんでした」。

8 クロエには電話とメールで謝った
『Red Table Talk』に出演したのは、事態が行き過ぎ、家族の安全が危険にさらされためで「話さなければいけない」と思ったそうで、カイリーにはインタビューを受けることを話したそう。そしてクロエとは、その後、ちょっとだけ話したそうで、「私のイメージやキャリアではなく、彼女が心の平和を得るためになら何でもするつもりがあることを知って欲しかったから」。そして電話やメールでクロエには謝罪したと語りました。

これに対し、1日にクロエはTwitterで反応。

「ジョーディン・ウッズ、なぜウソをつくの?? 私に個人的に電話して謝罪する代わりに、公の場に出ることで自分を救おうとするなら、少なくとも本当のことを話すべき。あなたは私の家族を壊した理由だから!」と怒りを爆発させました。

さらに、「トリスタンも同じく非難されるべきだけど、トリスタンは私の子どもの父親よ。彼が私にしたことに関係なく、私は娘に同じことはしない。彼は個人的にこの状況に対処してきた。もしトリスタンが公にウソをつくことを企んだのなら、私も彼に対して公に対処する」

そして一晩経った2日、クロエはジョーディンではなく全面的にトリスタンが悪いとツイート。

「ヒドい1週間だったし、みんながもうこの件を聞くのはうんざりしているのもわかっているわ(私もよ)。感情のジェットコースターになってて、言うべきではないことを言ってしまった。正直言って、トリスタンが浮気をして私を侮辱したことは最初はそんなにショックじゃなかった」

「それより辛かったのは、とても親しい人から傷つけられたことよ。妹みたいな人から。でもジョーディンは私の家族を壊したことで責められるべきじゃない。これはトリスタンの過ちだわ」

「自分の人生を歩まないと。そして自分が恵まれていること、家族、健康、美しい娘のことを考えるわ」

ちなみに、クロエはこの後、トリスタンのInstagramのフォローをやめたそう。そしてアンフォローしたジョーディンのSNSもまだフォローはしていないそうですが、大激怒した後、一晩のうちにかなり感情的には落ち着き、「トリスタンが悪い」ということで、結論が出たようです。

カーダシアン家、ウッズ家、そして最後はスミス家まで乗り出した今回の騒ぎ。きっとクロエ側のストーリーは、『カーダシアン家のお騒がせセレブライフ』で描かれるのでしょう!

ピックアップ記事

  1. トム・クルーズがヘリから落下!!
  2. 『T2 トレインスポッティング』、“期間限定”の日本版予告が公開
  3. シカゴ市民はビックリ!? キム・カーダシアン、第三子の名前発表
  4. ヴィクトリア・ベッカム、メイク解説ビデオ中にお下品ワードを口走る
  5. ハディッド姉妹、移民入国規制への抗議デモに参加!

関連記事

  1. ジョニー・デップとアンバー・ハード

    News

    ジョニー・デップ夫妻が愛犬密輸騒動を反省 謝罪ビデオが公開

    昨年4月にヨークシャーテリアの愛犬ピストルとブーを不法にオーストラリア…

  2. Sofia Richie Instagram

    News

    ソフィア・リッチー、パパが露出規制!?

    ジャスティン・ビーバーとの熱愛で注目のソフィア・リッチー。先日、18歳…

  3. News

    おめでとう! ミランダ・カーが結婚

    ミランダ・カーが婚約者エヴァン・スピーゲルさんと結婚式を挙げたもようで…

  4. News

    ベハティ・プリンスルー、ランウェイに復帰!

    2月に次女ジオちゃんを出産したベハティ・プリンスルーが3日、ニューヨー…

  5. ヴァネッサ・ハジェンズ

    News

    ヴァネッサ・ハジェンズ、セドナの岩に落書きで罰金支払いへ

    セドナの岩壁に落書きしたことで調査されていたヴァネッサ・ハジェンズが罰…

  6. ジャスティン・ビーバー

    News

    ジャスティン・ビーバー、ファンと写真を撮らない宣言

    10日、ジャスティン・ビーバーが、偶然どこかで彼と会ってもツーショット…

最近の記事

ピックアップ記事

特集記事

  1. Fashion

    ブレイク・ライヴリー、失礼コメントに華麗なるジョーク返し
  2. News

    キラキラニックネームの悲劇?マイケル・ジャクソン末っ子ブランケットくん、改名して…
  3. News

    ショック! サラ・ジェシカ・パーカーがSATC第3作のキャンセルを認める
  4. Movie

    クリス・へムズワースが語る迫力の騎馬戦闘映像解禁
  5. News

    キャサリン妃とメーガン妃、ロイヤル義理の姉妹が揃ってウィンブルドンテニスを観戦!…
PAGE TOP