海外ドラマ/テレビ

クリントン夫妻も絶賛の本格ヒューマン・ドラマ日本初上陸! 『マダム・セクレタリー』

アメリカでシーズン5が放送中の本格ヒューマン・ドラマ『マダム・セクレタリー』シーズン1が、4月3日(水)夜10時より海外ドラマ・エンターテイメント専門チャンネルFOXで日本最速独占放送されます。

『マダム・セクレタリー』は主人公のエリザベスが、米国国務長官として活躍する姿を描く本格ヒューマン・ドラマです。エリザベス・マッコード(通称べス)は元CIAのエリート分析官で、バージニア州で大学教授として働き、同じく大学教授の夫とともに、3人の子供を育てる母親でもあります。そんな彼女が、ある日突然、CIAの元上司でもあるダルトン大統領から国務長官(セクレタリー・オブ・ステート)に指名され、“マダム・セクレタリー”として働くことに。省内スタッフの政治的な駆け引きや、任務上の慣習などに悩まされながらも、持ち前の正義感と強い信念で、様々な外交問題を解決していきます。母として、妻としてそして政治家として活躍するマダム・セクレタリーの奮闘を描きます。

主人公ベスを演じるのは映画『ディープ・インパクト』や『バッドボーイズ』で知られるティア・レオーニ。夫のヘンリー役を演じるのはアニメ版『スーパーマン』のスーパーマンの声優として人気のティム・デイリー。本作の中で理想の夫婦を演じ、本作での共演をきっかけに、実生活でも交際がスタート。カップルらしい息の合った演技にも注目です。

さらに、製作総指揮にはモーガン・フリーマンが名を連ね、様々な分野で活躍する実力派キャストとスタッフが勢ぞろいしています。政治情勢を色濃く描いた内容ながら、飾らず嫌味のないベスの魅力的なキャラクターのおかげで、堅くなりすぎず、誰でも気軽に楽しめる異色の政治ドラマとなっており、その人気は一般視聴者だけに留まらず、オバマ大統領のもとで国務長官を務めたヒラリー・クリントンも、夫であるビル・クリントンとともに番組のファンであることを公言しています。

『マダム・セクレタリー』 シーズン1
FOXチャンネルで2019年4月3日(水) 夜10時  日本最速!独占放送スタート
毎週水曜夜10時~ほか

ラミ・マレック、マンダリン オリエンタルの広告キャンペーンに登場前のページ

ダニエル・ラドクリフ、恋人エリン・ダークとの出会いはセクシーシーンだったことを明かす次のページ

ピックアップ記事

  1. 日本のけん玉に大興奮! Netflix『ロスト・イン・スペース』ジャパンプレミア…
  2. ドリュー・バリモア、クロックスとコラボ
  3. 東京コミコン2018、過去最高の6万3,146人が来場!
  4. クリス・ブラウン、また刑務所行きの危機!?
  5. ウィル・スミス、「アン・リーは映画界に革命をおこした」『ジェミニマン』ジャパンプ…

関連記事

  1. 海外ドラマ/テレビ

    JFK暗殺の謎に迫る注目ドラマ『11/22/63』の日本初放送が決定

    スティーヴン・キング×J・J・エイブラムズによる、JFK暗殺の謎に迫る…

  2. new amsterdam

    海外ドラマ/テレビ

    ライアン・エッゴールド、「素の僕は、緊急時に冷静な対応はできない」と本音

    型破りな一人の医師が、病院改革に挑むメディカル・ドラマ『ニュー・アムス…

  3. adele
  4. pearson
  5. rapunzel
  6. クィア・アイ

最近の記事

  1. duck tales
  2. romeo beckham
  3. fargo4
  4. reese witherspoon
  5. amazon prime
  6. golden globe 2021
  7. 21 bridges
  8. the father
  9. anti life
  10. we are who we are

ピックアップ記事

  1. michael b jordan
  2. jude law
  3. timothee chalamet
  4. Brad Pitt
  5. spot

特集記事

  1. golden globe 2021
  2. advent
  3. advent
  1. News

    日本からLAXに戻ったベハティ・プリンスルーの空港ファッション
  2. 映画

    ハン・ソロやチューバッカがおめかししてカンヌ国際映画祭に登場!
  3. Entertainment

    【速報】エズラ・ミラーが来日!
  4. Entertainment

    【第30回東京国際映画祭】豪華作品ラインナップが決定
  5. 映画

    イーサン・ホーク×エマ・ワトソン『リグレッション』予告編
PAGE TOP