Japan

ヒュー・ジャックマン、「大学卒業時にジャーナリズムの道も考えた」 『フロントランナー』記者会見

21日、ヒュー・ジャックマンが映画『フロントランナー』の来日記者会見に登壇しました。

映画『フロントランナー』は、1988年のアメリカ大統領選挙で最有力候補だったものの、『マイアミ・ヘラルド』紙によるたったひとつのスキャンダル報道で政治生命を抹殺された天才政治家ケイリー・ハートを描いたドラマ。ハートの栄光と失脚はジャーナリズムのルールを変え、国民感情は政策より人柄を重視する価値観へと変わったと言われています。

主人公ゲイリー・ハートを演じたヒュー・ジャックマン。

この作品に出演したのは、ジェイソン・ライトマン監督と仕事がしたかったことに加えて、「ナゾめいていて頭が切れるゲイリー・ハートという役にチャレンジしたかった」と語ったヒュー。実は大学ではジャーナリズムを専攻していたそうで、「私はジャーナリズムにも興味がありました。1987年のこの出来事は政治家とジャーナリズムの関係を変えました。その出来事を描いたストーリーです。この出来事があったから今の時代になった。そのターニングポイントになったと思っています。次期大統領候補に、記者会見で不倫をしていますか? と聞くこと、深夜に路地裏でジャーナリストが待ちぶせするということは、この時まではあり得なかったんです」と、ストーリーにも興味があったと明言。

いつも笑顔のヒュー。

今も存命中の人物を演じるにあたっては、「ゲイリー・ハート本人が見た時にどう思うかも考えたし、大きな席にを感じてたくさんリサーチをした」そう。「ゲイリーは、JFKの再来と言われ、当時も今も理想趣致者で若者をインスパイアしていました。変革ができる人間だと言われていたんです。10〜15年先を見ている人物で、1980年代にスティーブ・ジョブスとガレージでランチをとって、そこでこれからはコンピューターの時代だからすべての教室にコンピューターをいれようと言っていたんです」と、ゲイリー・ハートの先見性を力説。

親日家としても知られるヒューは昨年の『グレイテスト・ショーマン』以来の来日。


さらに「今、話し合うべき議論を巻き起こす作品だと思っています」と作品の持つ意味、見どころをアピールしていました。

『フロントランナー』
2月1日(金)より全国ロードショー
配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

ピックアップ記事

  1. クリス・プラットとジェームズ・ガン監督がマーベル展を訪問
  2. ウィル・スミスの来日が決定!
  3. ブレイク・ライヴリー、エクササイズのモチベーションは?
  4. ケイト・ボスワース、1日で4着のおしゃれコーディネートを披露
  5. ブラッド・ピット側、毎月数十万ドルを払っていると反論

関連記事

  1. Japan

    ただいま来日中!ザック・エフロン、日本でMTVスペシャル番組を撮影

    ザック・エフロンが日本でMTVドキュメンタリースペシャルの撮影を行って…

  2. Japan

    【速報】ノーマン・リーダスが日本に到着!

    6日、ノーマン・リーダスが成田空港に到着しました! (さらに&hell…

  3. Japan

    エズラ・ミラー、東京コミコン2018に来日決定!

    11月30日~12月2日までの3日間、幕張メッセで開催される「東京コミ…

  4. Celeb Food

    極秘来日していたヘイリー・ボールドウィン、天丼チェーン店で発見されていた!

    先日、プライベート来日していたヘイリー・ボールドウィン。滞在中に予想外…

最近の記事

ピックアップ記事

特集記事

  1. News

    モダンファミリー! グウィネス・パルトロウ、元夫と婚約者とブランチ
  2. Japan

    【速報】ライアン・レイノルズ、初来日 成田空港でファンから熱烈歓迎を受ける
  3. News

    キャリー・アンダーウッド、手術後の顔はそんなに変わってない!?
  4. Entertainment

    ジェニファー・ローレンスが女スパイに! 最新作『レッド・スパロー』公開決定
  5. Entertainment

    映画『フィフティ・シェイズ・ダーカー』本予告映像解禁!
PAGE TOP