映画

親友と意見が違ったとき友情はどうなるのかがテーマ 『シュガー・ラッシュ:オンライン』来日記者会見

28日、『シュガー・ラッシュ:オンライン』の来日記者会見が行われ、リッチ・ムーア監督、脚本も手がけたフィル・ジョンストン監督、プロデューサーのクラーク・スペンサーが登壇。日本語版の声優を務めた菜々緒さんも登場しました。

左から、監督のリッチ・ムーア、脚本・監督のフィル・ジョンストン、菜々緒さん、プロデューサーのクラーク・スペンサー。

『シュガー・ラッシュ:オンライン』はディズニーが贈る平成最後のお正月大作。前作は人間たちが知らないゲームの裏側の世界が舞台でしたが、今作ではインターネットの世界を舞台にアーケード・ゲームのキャラクターが冒険します。好奇心旺盛なヴァネロペと大親友のラルフがレースゲーム「シュガー・ラッシュ」の危機を救うため2人はゲームからインターネットの世界に飛び出します。そこは何でもありで何でもかなう世界ですが、思わぬ危険も潜んでいて、2人の冒険と友情も最大のピンチに見舞われます。

インターネットならではのアイデアが実現

家族と来日したフィル・ジョンストン監督。東京を初めて見て驚愕した息子(6歳)の表情を再現中。

脚本も手がけたフィル・ジョンストンは主人公たちがゲームからインターネットに飛び出すストーリーにしようと思ったのは、「2作目はもっと世界を大きくしなければという思ったから」とかなり初期の段階から決めていたと語り、「ただ、問題だったのは、こういう形でインターネットを視覚化した作品がなかったこと。どう描くか1年ぐらい考えてしまいました」とインターネットの描き方に苦労したことを告白。

かつて祖父母が映画館を経営していたことから映画界を目指したというプロデューサーのクラーク・スペンサー。

この作品にはディズニープリンセスをはじめとして、さまざまな人気キャラクターが登場していることでも注目されています。プロデューサーのクラーク・スペンサーは「インターネットの良さは何でも出来て、どこにでもいけること。かなり初期の段階で、2人の監督が、例えばラルフにオンラインクイズでアナになりたいか、エルサになりたいかを選ばせたらどうだろう? というアイデアを出してくれたのがきっかけでした。そこで、ヴァネロペだってプリンセスじゃないか……ということに気づき、ディズニープリンセス全員を集結させたらどうだという話になったのです」と振り返りました。

激レア! プリンセスが大集合

さらに「当初はヴァネロペとプリンセスのシーンはコメディでいいと思っていたのですが、ストーリーテリングのなかの重要な部分となりました。プリンセスたちとのやりとりでヴァネロペの視界が新しいそれまで想像もしなかった世界に開くのです。となれば、マーベル、ピクサー、ルーカス・フィルムのスター・ウォーズのキャラクターも出そうということになりました」と豪華キャラクター登場の秘密を明かしてくれました。

意見が分かれたら友情はどうなる?

「ずっと大切にしているのはアニメーションへの愛」と語ったリッチ・ムーア監督。

インターネットの世界の飛び出したヴァネロペとラルフですが、そこで2人の友情も変化が起きます。リッチー・ムーア監督は「前作のヴァネロペとラルフは子どもが初めて友情と出会ったような段階。本作は、友情以上に、友情に変化がおとずれたらどうなるのか? がより大きなテーマと考えていました。今回の友情は前作に比べてより成熟したもの。ひとつのことで意見が分かれたとき友情は終わるのか? 乗り越えていくことができるのかを掘り下げたいと思ったわけです。その場としてインターネットはぴったりの場所でもありました。そういうわけで、このふたりは試練にあうわけです」と説明。

記者会見は「ニコファーレ」で作品の世界観を再現したなか行われました。

さらに、フィル・ジョンストンは「この話は私にとってもとてもパーソナルなものです。私は、中西部ウィスコンシンの小さな町に生まれ育って、あるときNYに行くと決めたら、周囲の人々は不思議がっていました。彼らは今もそこに住み、医者とか工場勤務とかそれぞれ違う人生をおくっています。でも僕たちの友情は続いていますし、インターネットですぐにつながれる。違う人生を歩んでいるからこそ、友情はよりよいものになると思う。映画ではアーケード・ゲームはとても小さな世界で、インターネットは大きな都市みたいなもの。ラルフは小さい世界に戻りたい。しかし、ヴァネロペは大きな世界に魅了されている。それは自分の物語に近いものを感じます」と、自分自身の体験を披露。

スタイル抜群の菜々緒さん。

リッチ・ムーアは「この作品がとてもいいと思うのは、キャラクターの判断を裁くことがない点です。ラルフは小さな世界を愛していて、ヴァネロペは大きな世界を好む。それでいいのです。どちらがいい悪いではありません。ふたりのそれぞれの視点が違うだけで、親友でいられないという理由はありません。これは我々に重要なメッセージだと思います。最近は、相手が自分と同じ考え方でないといい関係は築けないと考える人が増えているような気がします」と、現代社会へのメッセージも込められていることを明かしていました。

菜々緒さんが大切にしているのは「自分の嗅覚」だそう。

イベントには、ヴァネロペがインターネットの世界で新たに出会う新キャラ「シャンク」を演じた菜々緒さんが登場。シャンクは姉御的な性格でヴァネロペがインターネットの世界に飛び込むきっかけを作る役どころなのだそう。そんなシャンクとは異なり、菜々緒さんは自身の性格を「ヴァネロペとラルフの半々、どちらかというとラルフよりの性格」と分析。「チャレンジしたい一方で、今のままでいいやという両方の気持ちがあるので。悪役を演じることが多いのですが、時々プリンセスを演じた方がいいのかな? とも思います。でもそういう役はこないんですが(笑)」と笑いを交えながら語っていました。

『シュガー・ラッシュ:オンライン』
12月21日(金)全国公開
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
©2018 Disney.All Rights Reserved.

ショーン・メンデス、ヘイリー・ボールドウィンとの関係は「友だち以上だった」と語る前のページ

キム・カーダシアン、超ゴージャスなジャンボプライベートジェット機で来日中!次のページ

ピックアップ記事

  1. セレーナ・ゴメス、「プーマ」とのパートナーシップを締結
  2. ジョニー・デップ、金銭苦により長年のエージェントも解雇
  3. 【Red Carpet】ハリウッドで活躍する日本人俳優も登場! 『ウエストワール…
  4. 東京コミコン、ワーナーが参加決定 映画・ドラマの貴重な品々を展示
  5. 新トレンド? ゴールデン・グローブ賞セレブの注目ファッション

関連記事

  1. ターミネーター:ニュー・フェイト

    映画

    シュワルツェネッガー演じるT-800 のアクションシーンがお披露目

    11月8日(金)より全国公開になる映画『ターミネーター:ニュー・フェイ…

  2. chicago med

    映画

    『シカゴ・メッド』イケメンドクター役のコリン・ドネル「ファンのために現場は全力投球!」

    緊迫した現場で全力を尽くす医師たちの活躍を描く救命医療ドラマ『シカゴ・…

  3. 映画

    【速報】トム・クルーズ、サイモン、ペッグ&ヘンリー・カヴィルが来日!

    17日、映画『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』のプロモーシ…

  4. disney plus
  5. johnwick

    映画

    キアヌ・リーヴス、劇中曲を歌うきゃりーぱみゅぱみゅさんとご対面 

    9月10日、キアヌ・リーヴス最新作『ジョン・ウィック:パラベラム』のジ…

  6. suicide squad

    映画

    『ザ・スーサイド・スクワッド ”極”悪党、集結』、ド派手な劇場版予告が解禁

    映画『ザ・スーサイド・スクワッド “極”悪党、集結』のクレイジーすぎる…

最近の記事

  1. the matrix resurrections
  2. nowayhome
  3. fantastic beasts
  4. america horror stories
  5. david beckham
  6. monster hotel
  7. fujioka
  8. diabolical
  9. billie holiday vs united states
  10. 355

ピックアップ記事

  1. michael b jordan
  2. jude law
  3. timothee chalamet
  4. Brad Pitt
  5. spot

特集記事

  1. steven soderbergh
  1. Fashion

    ビヨンセ、「バーバリー」のヴィンテージチェックをライブで着用
  2. 来日

    リヴ・タイラーが「BELSTAFF」のオープニングに登場
  3. 映画

    東京国際映画祭が開幕! レイフ・ファインズがレッドカーペットに登場
  4. News

    ドレイモンド・グリーン、ファンとのシュート対決で本気!? 
  5. 東京コミコン

    来日

    東京コミコン2019の来日ゲストが発表! オーランド・ブルームらの来日決定
PAGE TOP