Movie

「クイーンを演じて、自由になれた」『ボヘミアン・ラプソディ』記者会見

8日、フレディ・マーキュリーの生き様を描いた映画『ボヘミアン・ラプソディ』の記者会見が行われ、来日中のキャスト3人、ラミ・マレック、グウィリム・リー、ジョー・マッゼロが登壇しました。

会見場に登場したグウィリム、ラミ、ジョー。

東京ミッドタウンコートヤードに設置されたラッピングバスを背景に記者会見は行われ、フレディ役のラミ、ブライアン・メイ役のグウィリム、ジョン・ディーコン役のジョーはサングラスをかけたロックなスタイルで登場。

グリーンティーをいただきながら記者会見。

実在した人物、しかも世界中に大勢のファンがいるクイーンを演じた3人。記者会見では全員が、本人、家族、そしてファンを裏切ってはいけないという大きな責任とプレッシャーを感じながら演じたことを明かしました。

ラミ・マレック。

なかでもフレディを演じたラミは、「この役が決まって脚本を読んだ時、22ページ目に“フレディがピアノを逆さまに弾いた”というのがあったんです。これはどうやって演じたらいいのかわかりませんでした」と、脚本もスゴかったエピソードを披露。

左から、ジョー・マッゼロ、ラミ・マレック、グウィリム・リー。

続けて、「フレディは何万人もの人を手のひらで扱える、いわば超人でした。そんなフレディをどうやって人間のレベルまでひきずりおろせばいいのか考えたとき、彼は逆に誰かに自分のことを手のひらに包んで欲しい人ではないかと思ったのです。そして、彼の人間的に複雑なところに自分と共通点を見つけたのです。彼はアイデンティティを見つけようとしてもがいていて、移民で、始まりはすごく地味で、18歳の時にロンドンに来た……。彼の両親はフレディにロックスターになることを望んではおらず、医者や弁護士になって欲しかったんです。私の両親はエジプトからアメリカへの移民です。そして、まさか私がフレディ・マーキュリーを演じ、日本でラッピングバスの前で記者会見をするなんて思っていなかったでしょう。それで私が思ったのは、何ごとも可能だということなんです。仕事としては大変かもしれませんが、できるんです。そういう希望を持つことができました」と語り、フレディを演じたことで、「不可能なことはない」という人生訓を得たもよう。

2階建てロンドンバスから顔をだした3人。

同時にラミはフレディを演じたことで「自由も感じた」とコメント。「『ボヘミアン・ラプソディ』が当初は評論家からはこき下ろされました。これは彼らがいかに時代を先取りしていたかわかると思います。ベートーベンとかガリレオのように。フレディを演じ終わった後、私はものすごく自由になった気持ちになりました。以前は、心地良くないと思ったことでも、「自分らしくできる」と思うようになりました。フレディはステージで、自分がなりたいものになっていたと思います。彼らはなりたいモノ、本当の自分になる自由を与えてくれたと思う。役を演じてこれほど解放的な気持ちになれたことはありません」。

グウィリム・リー。

グウィリムも「クイーンの音楽はすべてのものを祝福するエッセンスがあると思います。評論家の言うことは気にしない、他のバンドからどう思われても気にしない。自分たちの才能を信じ、リスクをとることを恐れません。また、ひとつのカテゴリーに縛られることを拒否しています。このキャラクターを演じることで、私自身もなりたいものになっていいという自信をもらいました」と、クイーンの影響を語りました。

ジョー・マッゼロ。

ジョン・ディーコンを演じたジョーは「ジョンについて調べているとき、『ボヘミアン・ラプソディ』でジョンがあるダンスをしている映像を見つけて、それを映画でも取り入れているんですが、そのシーンが予告編でも使われたんです。すると、それを見た人がSNSに「ジョンってこんな動きしたことあった?」と書き込んだ。すると瞬時に10人ぐらいの人が「モントリオール、1981」と返信していたんです。その様子を見て、“このために準備したんだよ!”という気持ちになりました」と、努力が報われたエピソードを明かしてくれました。

ロンドンバスをおりたところで人々に囲まれる3人。

また、フレディを演じるための役作りで参考にしたものを聞かれたラミは「口ひげをつければ完璧です(笑)と冗談を言った後、準備に1年かけたことを告白。その間、コンサート、ラジオインタビュー、日本のホームビデオなどのあらゆるフッテージをすべてチェックしたそう。さらにフレディの動きがとても自発的で自然発生的になことから、振付師について動きを追いかけるのではなく、モノマネでもなく、ムーブメントのコーチについてフレディとしての動きを研究したことを明かしています。

セルフィータイム。

『ボヘミアン・ラプソディ』
11月9日(金) 全国ロードショー
配給:20世紀フォックス映画
© 2018 Twentieth Century Fox

ピックアップ記事

  1. 意外? Netflixが発表した最もイッキ見されたドラマ
  2. ウェス・アンダーソン監督、ストップモーション・アニメへの熱い思いを語る
  3. エルトン・ジョン、ロイヤルウエディングの招待状が届かない!
  4. 【Metガラ】ニッキー・ミナージュ、「H&M」のカスタムデザインで登場…
  5. カーリー・クロス、トーク番組の司会者に!

関連記事

  1. Movie

    トム・クルーズ、「残りの人生を映画づくりに捧げる」 映画への情熱を語る

    18日、トム・クルーズが伝説のスパイ、イーサン・ハントを演じる大人気ア…

  2. Movie

    『マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー』ワールドプレミアが盛大に開催

    続編『マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー』のワールドプレミアが盛大に…

  3. Movie

    洋画史上初!! 歌舞伎座で『ジャングル・ブック』のジャパンプレミア開催決定

    夏の話題作『ジャングル・ブック』のジャパンプレミアが7月27日に歌舞伎…

  4. Movie

    トム・ヨークが音楽を全プロデュース 映画『サスペリア』ポスター解禁 監督の来日が決定

    『君の名前で僕を呼んで』で世界の映画ファンを魅了したルカ・グァダニーノ…

  5. Movie

    ライアン・ゴズリング主演『ファースト・マン』最新場面写真が解禁

    NASAによる月面着陸計画を描く『ファースト・マン』の公開日が2月8日…

  6. Movie

    リアム・ヘムズワース、巨大だるまへの目入れでヒット祈願

    30日、映画『インディペンデンス・デイ:リサージェンス』のスペシャルイ…

最近の記事

ピックアップ記事

特集記事

  1. Entertainment

    『ドクター・フー』のスピンオフも登場! Huluプレミア春のラインナップ予告編
  2. News

    テイラー軍団の火種になる?セレーナ・ゴメス、ハディッド姉妹は友だちじゃない
  3. Style

    ビックリ! クリステン・スチュワートが坊主頭に
  4. News

    セリーナ・ウィリアムズ、タコスリングに続き本物の婚約指輪を披露
  5. News

    ネイマール、一面の雪景色のなか半分裸のセルフィー投稿
PAGE TOP