Movie

全米大ヒット作『ハロウィン(原題)』の日本公開が決定

全米でNo.1ヒットとなっている話題作『ハロウィン(原題)』が2019年4月に全国公開されることが決定しました。

1978年にホラー映画の鬼才ジョン・カーペンター監督が生み出した『ハロウィン』は、後世に語り継がれるホラーキャラクター“ブギーマン”と恐怖を煽る象徴的な音楽で全米を震撼させ、以降のホラー映画に多大な影響を与えました。それから40年の時を経て、新たな恐怖が解き放たれます!

『ハロウィン』は、10月19日に全米で公開されると週末3日間で7,7501,000ドルを記録。R指定ホラー映画としては『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』に次ぐ全米ホラー映画史上歴代2位のオープニング興行収入となった作品。辛口映画批評サイト「ロッテントマト」では80%フレッシュを叩き出し高評価を獲得しています。

STORY
ジャーナリストのデイナとアーロンは、40年前のハロウィンに起きた凄惨な殺害事件の真相を追っていた。殺人鬼の名前はマイケル・マイヤーズ。彼は40年間、一言も話すことなく動機や感情は一切不明。あまりの恐怖に人々は彼を“ブギーマン”と名付けた。事件の被害者で唯一の生き残りローリー・ストロードにインタビューするも収穫はなかった。しかし、ローリーは再びマイケルが目の前に現れることを恐れ、いつ起きるか分からない非常事態に一人備えていたのだ。その予感は最悪の形で現実となる。ハロウィン前夜、精神病棟から患者を輸送する車が横転し、マイケルが脱走してしまう。娘のカレンはローリーの言うことを信じず、孫娘アリソンもパーティに出かけてしまっている。ローリーは再び街に解き放たれた“ブギーマン”と対峙することを決意。恐怖に満ちたハロウィンの夜が始まるー―。

主演のローリー・ストロード役は1978年版の『ハロウィン』で同役を務め、絶叫ホラークイーンとして名を知らしめたジェイミー・リー・カーティス。1978年版『ハロウィン』で監督を務めたジョン・カーペンターが製作総指揮と音楽を担当し、『パラノーマル・アクティビティ』シリーズ、『ゲット・アウト』を世に送り出したジェイソン・ブラムが製作を務め、新たな恐怖を創出します。監督は『ボストン ストロング ~ダメな僕だから英雄になれた~』のデヴィッド・ゴードン・グリーンです。
 
『ハロウィン(原題)』
2019年4月、全国公開
配給:パルコ
©2018 UNIVERSAL STUDIOS

ピックアップ記事

  1. クリス・プラットとジェームズ・ガン監督がマーベル展を訪問
  2. 映画『ワイルド・スピード ICE BREAK』ロング版本予告映像公開
  3. ブラピ&マリオン、涙の決断とは? 『マリアンヌ』予告編
  4. ケイト・アプトン、キュートなウエディング写真を公開!
  5. ケイティ・ペリー、ショートヘアはマイリーとスカーレットへの憧れ

関連記事

  1. Movie

    『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』魔法動物たちの活躍が光る本予告が解禁

    『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』の本予告が到着しま…

  2. Movie

    デンゼル・ワシントン、「自分から助言するほど物知りではない」インタビュー映像が解禁

    デンゼル・ワシントンのキャリア史上初となる続編『イコライザー2』の公開…

  3. Movie

    マーク・ウォールバーグ主演『マイル22』、クセが強すぎる最強チームメンバー

    CIA機密特殊部隊が活躍する映画『マイル22』。クセが強すぎるメンバー…

  4. Movie

    ブライアン・メイとロジャー・テイラーが登場! 『ボヘミアン・ラプソディ』ワールドプレミア

    フレディ・マーキュリーの生き様を、魂に響く28の名曲と共に贈る感動の物…

  5. Movie

    スパイク・リー監督作『ブラック・クランズマン』全国公開決定!

    スパイク・リー監督最新作『BlacKkKlansman』が『ブラック・…

  6. Movie

    デヴィッド・ボウイも天国で見ている?『ヴァレリアン 千の惑星の救世主』冒頭映像解禁!

    リュック・ベッソン監督によるSF超大作『ヴァレリアン 千の惑星の救世主…

最近の記事

ピックアップ記事

特集記事

  1. Movie

    ノオミ・ラパスがアクション女優として覚醒!
  2. News

    ダニエル・ラドクリフ、『ファンタビ』最新作へのジョニー・デップ出演に疑問
  3. Celeb Fitness

    『SATC』ミスター・ビッグ、63歳の筋肉アピール! サラ・ジェシカも絶賛
  4. Style

    旅が多いオリヴィア・パレルモの「Zara」活用法とは?
  5. Entertainment

    ブラピ&マリオン、涙の決断とは? 『マリアンヌ』予告編
PAGE TOP