Movie

ブルース・ウィリスがまさかの関西弁? 映画『デス・ウィッシュ』特別予告解禁

ブルース・ウィリス最新主演作『デス・ウィッシュ』の全編関西弁バージョンの予告映像が解禁されました。

『デス・ウィッシュ』は、警察の手に負えない犯罪都市となったシカゴで、家族を何者かに襲われた外科医ポール・カージーが、自ら銃を手に取り、犯人を抹殺するため危険な街へと繰り出します。

特別予告では、悲しみに打ちひしがれる主人公・ポールが妻の葬儀で涙するシーンから始まり、“通常の予告編“と変わらないかと思いきや、病院に運び込まれたカミ・モローネ扮する娘の口から突然ひとこと―「 オカンは?(泣)」。

呆気にとられるのも束の間、街の惨状に呆れたブルース演じる主人公が「ポリ公に打つ手はないんか?」と外科医とは思えないものの言い方で警官へ詰め寄ると、「ごっつ犯罪多いねん」とお手上げポーズの警官を前に“警察はあてにできない”と悟った主人公は一人射撃の練習しながら、「犯人は放ったらかしや。仕返しせなアカン、ワイの手で」と決意します。

断固たる決意を感じるセリフの次には表の顔の≪外科医≫ポール・カージーから裏の顔≪処刑人≫ポール・カージーの姿が映し出され、関西ローカルラジオの落語家のようなDJが「悪を裁くよーわからへん男は―犯罪者でっか?」と世間に問いかけます。

次のシーンではテンションぶち上げのAC/DC『Back in Black』が流れるなか、「(お前は)犯人かいな? いてこますぞ!」とこれまたこてこての関西弁でブルースが恫喝。最終的には許しを請う悪人に「アホちゃうか。お前は事故死や」と言い放ち、処刑執行。

最後には「まいど! えらい元気やん! 最近外出しとん?」と景気の良い挨拶をしてくるカウンセラーに「ボチボチでんな」と返答するブルース。まるで舞台がアメリカのシカゴから大阪の商店街になったような字幕に加え、終始関西弁を繰り広げるブルース・ウィリス”が妙にマッチして迫力満点な、注目の関西弁予告となっています。

『デス・ウィッシュ』
10月19日(金)、TOHO シネマズ 日比谷ほか全国公開
配給:ショウゲート
© 2018 Metro-Goldwyn-Mayer Pictures Inc. All Rights Reserved.

ピックアップ記事

  1. アリシア・ヴィキャンデル、友人たちにつけられたあだ名はミセス・グーグル!
  2. ベラ・ハディッド、パリでの私服はプレイド柄がお気に入り
  3. クリスティアーノ・ロアウドがカーダシアン家に? リアリティ番組制作を交渉中とのウ…
  4. ジェニファー・ローレンス、破局の理由は『マザー!』だった?
  5. アリシア・ヴィキャンデルの見事な背筋をチェック!

関連記事

  1. Movie

    ヘイリー・スタインフェルドが撮影仰天エピソードを披露 『バンブルビー』記者会見レポート

    大ヒットシリーズ『トランスフォーマー』のシリーズ最新作『バンブルビー』…

  2. Movie

    シャーリーズ・セロン誕生日記念『タリーと私の秘密の時間』特別映像

    8月17日(金)より最新作『タリーと私の秘密の時間』が日本公開されるシ…

  3. Movie

    冒険ファンタジー超大作『移動都市/モータル・エンジン』日本版予告編が解禁

    イギリス作家フィリップ・リーヴのファンタジー小説「移動都市」を『ロード…

  4. Movie

    あの魔法使いが帰ってくる『メリー・ポピンズ リターンズ』公開日決定

    P.L.トラヴァースの小説「メアリー・ポピンズ」を基に1964…

  5. Movie

    『バンブルビー』傷ついた少女との運命的な出会いを描いた 日本版特報解禁

    世界的大ヒットシリーズ『トランスフォーマー』の最新作『バンブルビー』の…

  6. Movie

    フランス映画祭2018が華やかに開幕!

    21日、1993年から日本で開催され、今年で26回目を迎えるフランス映…

最近の記事

ピックアップ記事

特集記事

  1. Entertainment

    GWにオススメ! Hulu海外ドラマ9作品
  2. Entertainment

    『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』イベントにトム・クルーズが登場!
  3. News

    ハメス・ロドリゲス、新天地で26歳のお誕生日を迎える
  4. Entertainment

    ファン必見!『ゲーム・オブ・スローンズ 第七章:氷と炎の歌』の裏側が明かされる
  5. Entertainment

    『スパイダーマン:ホームカミング』トムホも大興奮の特別映像
PAGE TOP