News

ライアン・レイノルズ、デップー顔負けの口の悪さを披露

<

29日、映画『デッドプール2』のジャパンプレミアが行われ、来日中のライアン・レイノルズとユキオ役の忽那汐里さんが登場しました!

イエローキャブで到着。

デッドプールを演じたライアンは、劇中でデッドプールがイエローキャブに乗ってプレミア会場に登場。巨大デップー涅槃像が乗ったトラックの前でまずフォトコールが行われました。

大勢のファンにビックリ!?

その後、数多くのコスプレファンも集まった会場を一周し、ファンとサインや記念撮影を行いました。

忽那汐里さんとライアン・レイノルズ。

その後、ステージに登壇したライアンはファンに向かって「みなさん、『デッドプール2』ジャパンプレミアにようこそ。世界各地に行きましたが、日本のコスプレは最高。クレイジーだよ! 2008年のデッドプールもいるし、グリーンランタンのデッドプールもいるのは悪夢だね! 本当にありがとう」と、日本のコスプレファンに驚いた様子。

ファンに手を振るライアン。

実は本編のなかに日本のシーンもあるそう。そして今回、来日できたことについて「1作目の時も来たかったんだけど、他の撮影があって来れなかった。だから、『デッドプール2』で来られたのは本当にうれしい。2004年から『デッドプール』を作ろうとしていて、今回、2018年に『デッドプール2』で日本に来ることができて本当にうれしい」と感慨深そうに述べていました。

マジメな顔でXポーズ。

そんな大ヒットシリーズとなったデッドプールの魅力は、「今までのスーパーヒーロができなかったこと、言えなかったことなんでもやってしまう、コミック界でも特別なキャラクター。映画のなかから観客に話しかけるというところも特徴だと思う」と解説したライアン。

トークも冴えわたっていました。

冗談大好きなお調子者のデッドプールは、日本ではデップーという愛称で呼ばれています。それを聞いたライアンは「それは知らなかった。カナダではアスホールって呼ばれてるけど」と、デッドプール顔負けの口の悪さを披露。

左から、忽那汐里さん、ライアン、X JAPAN ToshIさん。

イベントには特別ゲストとして、デッドプールの大ファンだというX JAPANのToshIさんも登場し、3人でXポーズを決めイベントは幕を閉じました。

『デッドプール2』
6月1日全国ロードショー
配給:20世紀フォックス映画
©2018Twentieth Century Fox Film Corporation

ピックアップ記事

  1. 今年はアリシア・キーズ、マイケル・フェルプスも登場!MTV VMAの座席の決め方…
  2. 友人キアヌとトレーニングをつんだ! シャーリーズ・セロンが最強の女スパイに
  3. ブレイク・ライヴリー、炎上投稿について初コメント!
  4. キャリー・フィッシャーの忘れ形見犬ゲイリー、「スター・ウォーズ」最新作の予告編を…
  5. ティルダ・スウィントン、ジェイク・ギレンホールが出演 Netflixオリジナル映…

関連記事

  1. News

    シャーリーズ・セロン、アルコール依存の父親との生活を語る

    19日、シャーリーズ・セロンが人気DJハワード・スターンのラジオ番組に…

  2. News

    テーマカラーはブルー!? ウィリアム王子一家がカナダ到着

    24日、ウィリアム王子一家がカナダに到着しました! (さらに&hell…

  3. アンジェリーナ・ジョリー

    News

    離婚騒動渦中のブラピとアンジー、ニューオーリンズの家を売却

    ブラッド・ピットとアンジェリーナ・ジョリーがニュー・オーリンズに所有す…

  4. News

    モダンファミリー! グウィネス・パルトロウ、元夫と婚約者とブランチ

    先日、交際中のテレビプロデューサー、ブラッド・ファルチャックと婚約した…

  5. News

    ジュリア・ロバーツ流、ファンとのセルフィー回避法

    13日にビバリー・ヒルズで開催されたamfAR(米国エイズ研究財団)主…

  6. News

    クリスティアーノ・ロナウド、EURO優勝を祝し自分にスーパーカーのこほうび!?

    先日、フランスで行われた「EURO2016」で優勝したポルトガルのエー…

最近の記事

  1. Japan

    カーリー・クロス、恋人ジョシュア・クシュナーの誕生日を日本でお祝い!
  2. Entertainment

    『トップ・オブ・ザ・レイク〜チャイナガール』AXNミステリーで日本初放送決定!
  3. Style

    大人気モデルのジジ・ハディッドが来日!
  4. News

    ジュリア・ロバーツ流、ファンとのセルフィー回避法
  5. Movie

    マーク・ウェブ監督「楽しくでウキウキする、まるでバケーションのような撮影だった」…
PAGE TOP