Entertainment

ヒュー・ジャックマン&キアラ・セトル、主題歌『This Is Me』は人生を肯定する素晴らしい曲

14日、映画『グレイテスト・ショーマン』の来日記者会見が行われ、主演のヒュー・ジャックマンとレティ役を演じたキアラ・セトルが登壇しました。

キアラ・セトルとヒュー・ジャックマン。

14日はバレンタインデーということで、ヒューは「オハヨウゴザイマス。ハッピーバレンタインズデー! この日に女性から男性にチョコレートをあげる伝統がある国に来られて、とても興奮しています。まだ、私はもらってませんけど……。今日、NYに帰りますが、NYはまだ14日のバレンタインデーなので、妻にチョコレートを贈りたいと思います」とご挨拶。

ヒュー・ジャックマン。

『グレイテスト・ショーマン』でヒューは、19世紀半ばのアメリカでショービジネスの原点を築い伝説の興行師P.T.バーナムを演じています。この映画を通じてザック・エフロンと親しくなったというヒュー。ザックがヒューの後継者では? と聞かれると、「ザックはウルヴァリン役も引き継いでくれます」というジョークで笑わせ、「ザック、キアラとは家族のような関係になりました。他の映画では得られないような深い家族のような関係でした。ザックは、4年ぐらい前に出演契約にサインしたんです。最初に話を持って行ったのがザックで、彼はすぐに返事をくれ信じてくれました。出演者を選ぶ際、4つのワークショップをやったのです。すべてにキアラも出ていますが、そういう過程を経たので最初の撮影日はとても仲が良くなっていたんです。自分の撮影がない日でも他の人が歌うのを見に行ったりするんです。本当のチームという体験だったので、なつかしいし、映画の成功を共有している感じです」。

ヒューが出演した映画『レ・ミゼラブル』も大ヒットしましたが、『グレイテスト・ショーマン』のヒットの理由を聞かれると、「まず音楽、みなさん、音楽に恋すると思う。この映画を見るととても気持ちがいいんです。未来が明るく見えてくるし、人生を肯定する内容です。日本の人々はきっと大好きになってくれると思っています」と語りました。

主題歌『This Is Me』に感動

キアラが歌う主題歌『This Is Me』はすでに日本でも人気となっています。キアラ自身にとってもこの曲はとても意味があったそう。「まず、この映画を作るプロセスで理解したことは、音楽がどんな言葉を超える、言葉で語り尽くせない感情を伝えられるということです」と、音楽が大きな役割を担ったことを明かしたキアラ。

そして、他人と違うことがこそが自分を特別な存在にしてくれると歌う『This Is Me』のテーマについては、「私も毎日もがいています」と語り、感極まるシーンも。「同時に感謝もしています。この曲を聞くたびに自分を信じること、正しいと思うこと、正しくないと思うことについて戦う力をもらえ、前進する力をくれる曲です。登美丘高校ダンス部の方々のダンスビデオを見ると、希望を感じますし、自分を少し信じることができますし、少し孤独感が減りますね。そのことにも感謝しています。国籍に関わらずみんな同じでそれでOKだと思います。倒れても起きればいいと感じさせてくれる曲です」とコメント。

ヒューも「少し付け加えさせてください。キアラがはじめてこの曲を歌ったのはワークショップで、keala settle、This is Me、the greatest showman、workshopで検索するとその時の様子が出てきますのでぜひ見てください。私にとっても最も感動的な経験だったんです」と振り返りました。

さらに、「私の一番お気に入りの曲も『This Is Me』と言わざるを得ません。撮影中、モニターを見ながら泣きました。この曲がいいのは、とても正直で人間とはどういうものかを歌っている。そして歌詞がすばらしい。よいこと関して正直でいるのは簡単ですが、恥ずかしいこと、失敗したことについて正直になるのは難しい。この曲は彼女のハートがストレートに出ています。キアラは昨夜のイベント、そして朝のテレビでも歌いましたが、それを見ながら私は感動しました。生きていることを実感させてくれる、生きることは大変ですけれど、甲斐があることだと思わせてくれます」と、キアラの歌を絶賛。

一方、キアラはヒューについて「彼は私自身も気づいていなかったポテンシャルを引き出してくれました。今、私が記者会見にいて、曲について泣いたりしているのもすべて彼のせいなんです。ヒューは長い年月をかけて、心から情熱を持って、これしかないという方法で映画を作りました。兄のような存在で、どんな困難にあっても必ず立ち上がる、その時、周囲の人も引っ張っていく。彼のようになりたいとみんな言っています。最高の人だと言いたいです」。

加えて、「映画の撮影の終わり頃、ヒューは『LOGAN/ローガン』のプレスツアーで世界中を回っていました。プレスをやりながら、撮影に戻ってくると、ステッキを持ちハットを被ってすべてのダンスナンバーの練習をしていました。ひとりでコツコツやっていました。ウルヴァリンと同一人物とは思えなかったです。自分に厳しい人だと驚きました。彼は真の意味での素晴らしいアーティストなんです」とヒューの人柄の素晴らしさを語っていました。

『グレイテスト・ショーマン』
2月16日(金)全国ロードショー
配給:20世紀フォックス映画
©2017 Twentieth Century Fox Film Corporation

J・J・エイブラムス、Netflixと超極秘の怪しいミーティングをした前のページ

ケイト・アプトン、手ブラ撮影中にハプニング発生!次のページ

ピックアップ記事

  1. ロージー・ハンティントン・ホワイトリー、キュートなファミリー写真をシェア
  2. ベン・アフレック監督・主演最新作『夜に生きる』予告編
  3. 『ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ★アディオス』本編映像&新場面写真解禁
  4. キャサリン妃とメーガン妃、ロイヤル義理の姉妹が揃ってウィンブルドンテニスを観戦!…
  5. 【東京コミコン2019】ルパート・グリント、『ハリー・ポッター』スペシャルステー…

関連記事

  1. 海外ドラマ/テレビ

    海外ドラマ『S.W.A.T.』ジャパンプレミア開催決定! シェマー・ムーア来日決定

    海外ドラマ専門チャンネル「スーパー!ドラマTV」で6月22日より独占日…

  2. Entertainment

    Netflixオリジナルドキュメンタリー『ザ・ステアケース 〜階段で何が起きたのか〜』配信開始

    Netflixオリジナルドキュメンタリー『ザ・ステアケース 〜階段で何…

  3. Entertainment

    アリシア・ヴィキャンデル主演のNetflixオリジナル映画が5月から日本で撮影開始!

    東京を舞台にした傑作サスペンスミステリーの映画化、Netflixオリジ…

  4. Entertainment

    メリル・ストリープ×トム・ハンクス初共演『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』日本公開決定

    オスカー俳優メリル・ストリープとトム・ハンクスがスティーヴン・スピルバ…

  5. Entertainment

    ティム・バートン監督「日本版ペレグリンを作りたい!」

    31日、ティム・バートン監督が新作『ミス・ぺレグリンと奇妙なこどもたち…

最近の記事

  1. the matrix resurrections
  2. nowayhome
  3. fantastic beasts
  4. america horror stories
  5. david beckham
  6. monster hotel
  7. fujioka
  8. diabolical
  9. billie holiday vs united states
  10. 355

ピックアップ記事

  1. michael b jordan
  2. jude law
  3. timothee chalamet
  4. Brad Pitt
  5. spot

特集記事

  1. steven soderbergh
  1. 映画

    この夏、海で泳げなくなる? 『MEG ザ・モンスター』最新予告が解禁
  2. Entertainment

    ファレル・ウイリアムスが手がけた、映画『ドリーム』劇中歌制作の裏側
  3. 映画

    トム・クルーズ、「残りの人生を映画づくりに捧げる」 映画への情熱を語る
  4. Entertainment

    ロック様自ら運転して参上! 『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』LAプレ…
  5. News

    レディー・ガガ、スタジアムの屋上から本当に飛び降りてはいなかった
PAGE TOP