News

ミシェル・ウィリアムズも賞賛 マーク・ウォールバーグが撮り直し分のギャラを寄付

新作『オール・ザ・マネ−・イン・ザ・ワールド』の撮り直しに対し、ミシェル・ウィリアムズより大幅に上回る額のギャラを受け取っていたことが判明したマーク・ウォールバーグが、その分のギャラを寄付することを発表しました。

マーク・ウォールバーグ。Debby Wong / Shutterstock.com

主要キャラクターを演じていたケヴィン・スペイシーによる、セクハラ降板により、急遽ケヴィンの代役にクリストファー・プラマーをたて再撮影が行われた『オール・ザ・マネー・イン・ザ・ワールド』。10日間の再撮影に対してミシェル・ウィリアムズが受け取ったギャラが1日80ドルだったのに対し、マークは150万ドルと大きな開きがあったことが先週、大々的に報じられ問題視されていました。

こうしたなかマークは13日にInstagramにコメントをアップ。「先週、『オール・ザ・マネー・イン・ザ・ワールド』の撮り直しに対する私のギャラが大きな話題になりました。私は公平なギャラを求める闘いを100%支持しています。そこでミシェル・ウィリアムズの名前で150万ドルをTIME’S UP リーガル・ディフェンス基金に寄付します」。

Mark Wahlbergさん(@markwahlberg)がシェアした投稿

TIME’S UPリーガルディフェンスとは、TIME’S UP運動が設立したセクハラ、性的暴行、攻撃を受けた被害者の人々へ法的支援を行うための基金。マークのエージェント事務所であり、ミシェルのエージェント事務所でもあるウィリアム・モリス・エンデヴァー(WME)も、「今回の論議は我々が性別による賃金格差を含めて不平等に立ち向かう責任ある立場にいることを思い出せてくれました」とコメントを発表し、マークと同様にミシェル・ウィリアムズの名前で50万ドルをTIME’S UPに寄付することを発表しています。

ミシェル・ウィリアムズ。Denis Makarenko / Shutterstock.com

『Daily Mail』によると、これを受けてミシェルは、「これは私の力ではありません。私に寄り添い、ともに立ち上がった仲間の女優たち、私に声を上げるよう教えてくれた活動家の友人、そして最もパワフルな男性たちが耳を傾け行動しました」「もし本当に平等な世界を思い描いているなら、同等の努力と犠牲が必要です」「マーク・ウォールバーグ、WME、この成果をシェアする女性と男性のコミュニティーのおかげで、今日は忘れられない1日となりました」と声明を発表し、マークとWMEの行動を賞賛。また、エヴァ・ロンゴリア、アンバー・タンブリンらも、Twitterでマークに拍手をおくっているそう。

しかし、同じエージェント事務所なのに、マークとミシェルでそんなに差がつくとは……。『USA Today』は先週、ケヴィン・スペイシーが降板し、クリストファー・プラマーが代役を務めることについて、マークが再撮影に100万ドル支払われない限り、代役を認めることを拒否したという関係者の話を伝えています。

一方、『The Wrap』によると、ミシェルの契約には再撮影が含まれていたのに対し、マークの契約には再撮影に関する条項が入っていなかったためにギャラ交渉ができたのだとか。

また、『TMZ』によると、代役がクリストファー・プラマーになった時、リドリー・スコット監督はミシェルに電話をして、サンクスギビングホリデーにローマで再撮影することを頼み、ミシェルは全米映画俳優組合で決められている1日あたりの最低賃金80ドルで再撮影することに同意。同時期にスコット監督はマークに会うためにロンドンに飛んだそうで、マークも再撮影に同意したものの、ただしギャラのことは話さなかったとか。そのためマークの代理人たちは、後から映画の主要な出資者2人とマークのギャラを交渉したと伝えています。

と、さまざまな関係者を名乗る人物がいろいろな話をしているため、マークだけ再撮影に破格のギャラをもらったハッキリした理由は不明ですが、さすが昨年『Forbes』の最も稼ぐ俳優に輝いたマーク。代理人はかなりの交渉上手なようです! 

ピックアップ記事

  1. ナタリー・ポートマン、東京で開かれた「DIOR FOR LOVE」イベントに登場…
  2. 『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』LAワールドプレミア開催
  3. キャサリン・ゼタ・ジョーンズ、ホームデコレーションにも才能を発揮!
  4. 人気セレブも出席!「ルイ・ヴィトン」×ジェフ・クーンズ、コラボレーションローンチ…
  5. この夏、海で泳げなくなる? 『MEG ザ・モンスター』最新予告が解禁

関連記事

  1. News

    ジェニファ−・ロペス、貧乏時代の食生活を明かす

    ブレイクする前は、ダンサーとして活動していたジェニファー。当時は貧乏生…

  2. News

    『ゲーム・オブ・スローンズ』のソフィー・ターナーとジョー・ジョナスが婚約!

    15日、ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』のさんさ・スターク役のソフィ…

  3. News

    グウィネス・パルトロウ、セレブ投資家としても活躍

    ライフスタイルサイト『GOOP』のCEOとして活躍している女優のグウィ…

  4. News

    スパイス・ガールズが再結成へ! ただし条件付き?

    2日、ヴィクトリア・ベッカムがスパイス・ガールズのメンバーたちと一緒に…

  5. News

    メーガン・マークルだけじゃない! 元テニス女王セレナ・ウィリアムズも父が結婚式をドタキャンしてた

    実父がやらせ写真騒動を起こしたうえ、心臓手術のためロイヤルウエディング…

  6. News

    レディー・ガガ、ジョン・ボン・ジョヴィとデュエットでヒラリー・クリントンを応援

    現地時間8日にいよいよ投票日を迎えたアメリカ大統領選挙。投票前夜にノー…

最近の記事

ピックアップ記事

特集記事

  1. Entertainment

    キアヌ・リーヴス、シリーズ第3弾の日本での撮影に前向き『ジョン・ウィック:チャプ…
  2. News

    ヴィクトリア・ベッカムもパジャマで外出?
  3. News

    ジェイデン・スミス、運転試験に落ち悲嘆!? LAを離れる? 
  4. Fashion

    【Hot Pics】MTV VMA2018に登場したセレブのスケスケドレスをチェ…
  5. News

    クリスティアーノ・ロナウド、また顔が違うと話題!
PAGE TOP