映画

ダイアン・レインが15年ぶりの来日! 映画『ボンジュール、アン』ジャパンプレミア

フランシス・フォード・コッポラ監督夫人エレノア・コッポラの長編映画デビュー作『ボンジュール、アン』のジャパンプレミアが行われ、コッポラ監督と主演のダイアン・レインが登場しました!

ダイアン・レインとエレノア・コッポラ監督。


この作品は、仕事ばかりの生活になっている夫を持つ主人公アンが、夫の仕事仲間の男性とともにフランス・カンヌからパリへ思いがけない旅をするロードムービー。旅のなかで、自分自身を見つめ直し、人生の喜び、幸せを新たに発見するという物語です。

エレノア・コッポラ監督の実体験を映画化

これまでドキュメンタリー監督として活躍してきたエレノア監督。『ボンジュール、アン』に描かれた物語のベースはなんと監督自身の実体験だそう。

the Photographer Eric Caro

「私自身、フランス人男性とフランスを旅行したことがあるんです。私たちの人生って、パソコンやら電話やらに忙殺されていますよね。でもその旅でゆとりを持つことの喜びを感じたのです。おいしいものを食べ、ワインを飲み、田舎風景を楽しみました。私にとっては目覚めのような旅行で、その感動を映画にしたいと思って作りました。素晴らしい経験が映画のベースになっています」と語ったエレノア監督。

夫マイケルを演じるのはアレック・ボールドウィン。the Photographer Eric Caro

また、主人公アンの夫は映画プロデューサー。モデルとなった人物がいるのか、気になるところですが、エレノア監督は「ドキュメンタリーと違い、ドラマはストーリーを作ることができます。私は映画業界にいますので、知っている映画人たちの特徴を際立たせてキャラクターを作りました。アンの夫マイケルは仕事一筋の人物ですが、そういう人々がまわりにたくさんいるんです」と語り、特にコッポラ監督がモデルとなったわけではないようです。

日本語タイトル『ボンジュール、アン』はテーマにピッタリ

主人公アンを演じたダイアンは「お話をいただいたときは、とってもワクワクしました。この作品はアンが旅で感じる目覚めを描いていますが、日本語タイトルの『ボンジュール、アン』(原題はParis Can Wait)はピッタリ。物語のなかで、アンは時にはおかしく、ぎこちない状況を通して、自分について、今までの経験してきたことについて自問します。そして未来や過去に縛られず今を生きようと思うのです」と、日本語タイトルがかなり気に入った様子でした。

美しいダイアン・レイン。

そして、自分とアンの共通点はというと、「フランスの旅を楽しんだこと」。「フランスに行かなくても、この映画で旅を楽しめると思う」と映画の魅力をアピール。

夫のコッポラ監督には相談しなかった

81歳とは思えないエレノア・コッポラ監督。

この作品でフィクション映画監督デビューを飾ったエレノア監督。夫はフランシス・フォード・コッポラ監督で娘はソフィア・コッポラ、息子も映画監督と映画一家の一員です。しかし、最初脚本を書くのは怖かったのだとか。「だって近くにアカデミー賞脚本賞をとった人(フランシス・フォード・コッポラ監督)がいるんですから。そういう恐怖を克服しなければなりませんでしたね。でも最初は書いていることを言わなかったし、相談もしなかった。自分でやりたいという気持ちが強かったのです。それに夫も後押しはしませんでした。彼は映画づくりの難しさをわかっていますから、成功する確率が低いこともわかっている。お金と時間を費やして失敗だったらガッカリです。でも私が6年かけてお金集めをするのを見て、だんだんサポートしてくれるようになりました」と語りました。

the photographer Eric Caro

『ボンジュール、アン』
7月7日(金)、TOHOシネマズ シャンテ他 全国ロードショー
配給:東北新社 STAR CHANNEL MOVIES

大ヒット中! 女性のスーパーヒーロー、『ワンダーウーマン』を人気セレブが絶賛前のページ

ジョージ・クルーニーが双子のパパに! 喜びすぎて鎮静剤投与?次のページ

ピックアップ記事

  1. ケネス・ブラナーが自信作を引っさげ緊急来日決定!
  2. テイラー・スウィフト、セレーナ・ゴメスの誕生日にケーキを焼く
  3. 【速報】ノーマン・リーダスが日本に到着!
  4. キャリー・フィッシャーの忘れ形見犬ゲイリー、「スター・ウォーズ」最新作の予告編を…
  5. ララ・クロフトの冒険は“謎”が盛りだくさん! 予告映像が解禁

関連記事

  1. john wick3 parabellum

    映画

    キアヌがバイク×刀で魅せる 『ジョン・ウィック:パラベラム』特報解禁

    キアヌ・リーヴスが最強の殺し屋ジョン・ウィックを演じる、大ヒットシリー…

  2. tokyo comiccon

    来日

    【東京コミコン2019】マーク・ラファロの来日が決定

    2019年11月22日(金)~11月24日(日)までの3日間、幕張メッ…

  3. 映画

    ダイアン・クルーガー、ドイツ語で演じた映画『女は二度決断する』記者会見に登場

    23日、今年1月に行われたゴールデン・グローブ賞で外国語映画賞を授賞し…

  4. NO TIME TO DIE

    映画

    強く美しいボンドウーマンたちも登場!『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』新予告が解禁

    『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』の新予告&日本版ポスタービジュアル…

  5. 映画

    『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』ワールドプレミア開催

    10日、「スター・ウォーズ」シリーズでも圧倒的な人気を誇るキャラ…

最近の記事

  1. the matrix resurrections
  2. nowayhome
  3. fantastic beasts
  4. america horror stories
  5. david beckham
  6. monster hotel
  7. fujioka
  8. diabolical
  9. billie holiday vs united states
  10. 355

ピックアップ記事

  1. michael b jordan
  2. jude law
  3. timothee chalamet
  4. Brad Pitt
  5. spot

特集記事

  1. steven soderbergh
  1. chrishemsworth

    来日

    【東京コミコン2019】クリス・ヘムズワース、ソーコスプレの秘訣は「力強さと熱意…
  2. News

    ハメス・ロドリゲス、早朝到着でも超美形
  3. Entertainment

    シリーズ最新作『ジュラシック・ワールド/炎の王国』クリス・プラットのメッセージ映…
  4. 映画

    『さよなら、僕のマンハッタン』、名曲「ニューヨークの少年」劇中シーン公開
  5. News

    ミランダ・カー、「マルコメ」糀甘酒PRイベントに登場! 書き初めで「愛」を書く
PAGE TOP