Entertainment

映画『パワーレンジャー』ファン約2,000人が熱狂したワールドプレミア開催!

“メイド・イン・ジャパン”のヒーローを総製作費120億円の圧倒的スケールで描く、日米ハイブリッド超大作『パワーレンジャー』。

左から、RJサイラー、ベッキー・G、デイカー・モンゴメリー、ナオミ・スコット、ルディ・リン。


日本公開に先駆け、22日、ロサンゼルス「ウエストウッド・ヴィレッジ・シアター」にてワールドプレミアが開催されました!

『パワーレンジャー』とは、1993年に全米で放送開始され、20年以上も続くテレビシリーズ。日本の特撮シーンと、外国人キャストで撮り直したドラマシーンを再編集して生まれたこのヒーローは、瞬く間に全米で人気を博し、アメリカの子供番組史上最高視聴率を記録。クリスマスに玩具の品切れ騒動が起こるなど、まさに社会現象に。今もなお放送が続き“米国で最も成功したジャパニーズコンテンツ”と言われている日本が誇るスーパーヒーローです。

ベッキー・G。


プレミアに登場したのは、デイカー・モンゴメリー(ジェイソン・スコット/レッド・レンジャー役)、ナオミ・スコット(キンバリー・ハート/ピンク・レンジャー役)、RJサイラー(ビリー・クランストン/ブルー・レンジャー役)、ベッキー・G(トリニ―/イエロー・レンジャー役)、ルディ・リン(ザック/ブラック・レンジャー役)、エリザベス・バンクス(リタ・レパルサ役)、ビル・ヘイダー(アルファ5役)。日本からも広瀬アリスさん、勝地涼さんが参加しました。

会場には約2000人のファン、世界各国からの報道陣約200媒体以上も詰めかけ、キャストたちが登場するとファンからは大きな歓声上がりました。

デイカー・モンゴメリー。


主人公でレッド・レンジャー役のデイカー・モンゴメリーは「僕はオーストラリア出身だけど、今日は家族も来てくれてうれしい。僕は子供の頃はリーダーになるような性格ではなかったけれど、今回の撮影中はみんなのリーダーとして頑張ったよ。みんな見てね!」と終始笑顔。子供のころにスーパー戦隊シリーズを見たことがあるというイエロー・レンジャー役のベッキー・Gはワンショルダーの黄色いドレスで登場し、「パワーレンジャーの一員になれたことを誇りに思う。映画を見た子供たちが『この子も私みたいに同じ悩みを抱えているんだ!』と感じてくれるような多様性があるのもパワーレンジャーの魅力」と語り、「撮影の時は私が5人の中で一番ケガが多かったの」と撮影の際の苦労も明かすと、ピンク・レンジャー役のナオミ・スコットも「初めてパワーレンジャーのアーマーを着た時はすごく苦しくかったんだけど、全部、着装して姿を見たときは、 全世界から集めたパワーを得たみたいで、エネルギッシュになったし興奮したわ」と語りました。

RJサイラー。


ブルー・レンジャー役のRJサイラーと、ブラック・レンジャー役のルディ・リンも、「きっと日本のファンにも気に入ってもらえる、素敵な作品になっているよ!見てもらえるのが楽しみ!」と日本に向けてコメント。ほかにも、リタ・レパルサ役のエリザベス・バンクスや、テレビシリーズの初代レンジャーたちをはじめ、ゲストとして登場したジーン・シモンズやキム・レイヴァーたちもブラックカーペットを笑顔で歩きました。

ナオミ・スコット。


子供のころからパワーレンジャーが大好きというディーン・イズラライト監督は「この映画が見たいとファンが集まってくれたこの場所にいられることが最高だよ」とファンに感謝。テレビシリーズで人気を誇るシリーズを、映画化するにあたり「現代の様々な問題を抱えているティーンエイジャーにとって何が必要なのか、何を感じているのかを長い時間議論して作り上げた。キャラクターたちと一緒に、素晴らしい冒険を体験できると思う」と熱く語り、日本のファンに向けて「きっとこの映画を気に入ってもらえると思う。皆に会うのが待ちきれないよ。オリジナルに敬意を払うことで”スーパー戦隊”に栄誉を与えたいと思ったんだ。ぜひ映画を見に行ってね」とメッセージを送りました。

ブラックカーペット後の舞台挨拶では本作のプロデューサーで、パワーレンジャーの生みの親であるハイム・サバンが「日本で、たまたまこの素晴らしいコンテンツと出会って、全世界の子供たちに知らせたいと願い、東映に相談に行きました。今から約20数年前にやっと念願叶って、パワーレンジャーというタイトルで全世界で放映することができました。パワーレンジャーは東映が生んで私が育てたと言っても過言ではないでしょう。この映画は、超S級のエンターテイメント作品に仕上がったことを誇りに思います。東映の皆さん、ライオンズゲートの皆さん、イズラライト監督、本当にありがとう。」と締めくくりました。

『パワーレンジャー』
7月15日(土) 日本上陸!
©2016 Lions Gate TM&(c) Toei & SCG P.R.

人気コミック「デスノート」がNetflixオリジナル映画に!前のページ

ヴァネッサ・ハジェンズ、ザック・エフロンとは「まったく連絡をとっていない」次のページ

ピックアップ記事

  1. 『グランド・イリュージョン 見破られたトリック』、トランプイリュージョンの撮影の…
  2. 『ジュラシック・ワールド/炎の王国』LAプレミア開催
  3. ブラッド・ピット、「人に優しく」と世界にメッセージ 『アド・アストラ』ジャパンプ…
  4. トム・ブレイディ、息子ジャックくんと次世代アメフト選手にクリニック開催
  5. 来日中のヘイリー・スタインフェルド、ビューティイベントに登場

関連記事

  1. Entertainment

    『フラーハウス』シーズン2“タナー・ファミリー”の来日決定!

    12月9日から全世界オンラインストリーミングが始まるNetflixオリ…

  2. Entertainment

    『ブレードランナー 2049』日本版予告が到着!

    “ブレードランナー”デッカードをハリソン・フォードが再び演じ、新たな“…

  3. Entertainment

    ドウェイン・ジョンソン、ハリウッドの殿堂入り! 

    13日、映画『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』の全米公開を控…

  4. News

    ベッカム家三男クルスくんが歌手デビュー! ラジオ生出演にデヴィッドも飛び入り

    クルス・ベッカムくんがデビューシングル『If Everyday Was…

  5. Entertainment

    スタン・リー初の英国アクションドラマ、本人出演の劇中カット公開

    アメコミ界の重鎮スタン・リーが初めて手がける英国テレビドラマ、『スタン…

最近の記事

  1. nicole richie
  2. courier
  3. tots
  4. jenifer aniston
  5. Spies in Disguise
  6. willie garson
  7. last night in soho
  8. tiff2021
  9. romeo beckham
  10. benedict cumberbatch

ピックアップ記事

  1. michael b jordan
  2. jude law
  3. timothee chalamet
  4. Brad Pitt
  5. spot

特集記事

  1. steven soderbergh
  1. 映画

    残念! エミリア・クラーク来日中止
  2. News

    カーラ・デルヴィーニュ、1日当たりの収入は約128万円!
  3. News

    エズラ・ミラー、「ヤバ〜イ!」を連発 東京コミコンが大盛り上がりのうちに閉幕
  4. News

    オールデン・エアエンライク、相棒チューバッカの通訳をつとめる 『ハン・ソロ/スタ…
  5. 映画

    『ザ・プレデター』壮絶過ぎる戦いを予感させるポスター画像
PAGE TOP