Style

スカーレット・ヨハンソン、脚見せパンツルックで『ゴースト・イン・ザ・シェル』への思いを語る

16日、映画『ゴースト・イン・ザ・シェル』の世界最速来日記者会見が行われ、スカーレット・ヨハンソン、ビートたけし、ジュリエット・ビノシュ、ピルー・アスペック、そしてルパート・サンダース監督が登場しました!

左から、ピルー・アスベック、びーとたけし、スカーレット・ヨハンソン、ジュリエット・ビノシュ、ルパート・サンダース監督。


『ゴースト・イン・ザ・シェル』は、日本発のSF作品の金字塔「攻殻機動隊 THE GHOST IN THE SHELL」の実写映画。物語の舞台は近未来。脳以外は全身義体の世界最強にして唯一無二の存在である少佐(スカーレット・ヨハンソン)率いるエリート捜査組織・公安9課がサイバーテロ組織と対峙する姿を描く、SFアクション超大作です。

大胆スリットがはいったパンツルックで登場したスカーレット。


今回、来日したのは主演を務めるスカーレット・ヨハンソン、ルパート・サンダース監督、“攻殻ファン”に大人気のキャラ“バトー”を演じたピルー・アスベック、本作オリジナルキャラクターであるオウレイ博士を演じたジュリエット・ビノシュの4人。それに少佐の上司・荒巻役のビートたけしが加わり、原作誕生の地・日本での“世界最速”の記者会見となりました。

スカーレット・ヨハンソン。


初お披露目に日本が選ばれたことについてスカーレットは「日本で最初にお披露目できるのがうれしいし、ふさわしいと思います」と述べ、ジュリエットも「この作品は日本発のコンテンツなので、発祥の地に作品とともに戻ってこられてうれしい」とコメント。

さらにこれまでSF作品とはあまり縁がなかったというジュリエットは、「脚本を最初に読んだときは暗号のようでまったく理解できませんでした」と、正直に告白。そこで、3D映画関係の仕事をしている息子さんに相談したとか。「すると、息子が脚本を読んで、ぜひ出た方がいいとすすめられたんです。ただ、とても難しい内容で、独自のコードのような言語があり、演じたキャラクターも複雑だったので、監督と熱論を交わしながら、役作りをしました。撮影現場は国際色豊かなスタッフがハードに働いているとても刺激的な環境でした。オウレイ教授は複雑なキャラクターで、ある企業で働きながら、少佐の人間的な部分を保とうと努力しています。同時に自分の人間性にも向き合うという複雑なキャラで演じがいがありました。登場シーンが少ないので、観客にしっかりとキャラを伝えなければならないという点でもやりがいがありました」と語りました。

キャスト陣。


一方、スカーレットも最初は気持ち的にひるむものがあったそう。「オファーを受けて、初めて押井監督の映画版を見たのですが、詩的で哲学的だったので、どう実写化するか想像できなかった。少佐というキャラクターにどうやって入っていけるかもわかりませんでした。でもとても興味はあって、少佐の存在、人生について監督と話し合いました。その世界観が原作をリスペクトしながらも、独自のものがあることがわかって、この作品が頭から離れなくなり、未知の世界へ大きく一歩を踏み出すことになりました。原作はとても愛されている作品ですので、責任を感じましたし、肉体的精神的にとても苦労しましたが、演じたキャラクター同様に人として成長づつことができました」と振り返りました。

語り合うたけしさんとスカーレット。


またビートたけしさんは、「初めて本格的なテクノロジーを駆使した大きなバジェットの映画に出ることができたのは、自分にとっていい経験でした。役者としてどう振る舞うべきかということを、スカーレットに教えてもらいました。素晴らしい映画ができたと思います。マンガ、アニメが原作の実写映画は、マニアックなファンからは不満がでるものですが、これは原作に忠実でなおかつ新しいものが入っている。マンガ、アニメの実写化で初めて成功した作品じゃないかと思います。唯一の失敗は荒巻じゃないか? それくらい見事な作品だと思っているし、大きなスクリーンでみていただければ迫力、ディテールへのこだわりもわかるはずです」と、この作品に参加した感想を語っていました。

たけしさんとスカーレットのツーショット。


ピルーは「原作に多くのファンがいるプロジェクトに参加することは、怖いと思いました。特にバトーはファンから愛されているキャラなのでファンの思いを裏切ることはできないという気持ちもありました。自分自身、アニメの『攻殻機動隊』のファンで、世界公開されたとき14歳でした。自分のアイデンティティを模索する話だと思い、当時、自分も自分のアイデンティティ探しのまっただなかで、とても共感できたのです。今回、2015年秋に監督と会い、原作のコミックを読みました。アニメのバトーは寡黙でクールなキャラクターで自分とはあまり共通点が見いだせなかったのですが、コミックのバトーは、ビールとピザが好きなキャラクターで自分と共通点を見いだすことができました」と作品への愛着を明かしてくれました。

スカーレット・ヨハンソン。


そして「私は美術学校の学生だったころ、この作品に出会い、とても想像力をかき立てられました。実写版をつくるなら自分が作りたいと思いましたが、スティーヴン・スピルバーグが作ると聞いて、一度は諦めました(笑)。でも幸運にも作ることができました。この作品を通じて、日本の素晴らしいコミック、アニメなどを知って欲しいと思います」と語ったサンダース監督は、この作品を作るのは「特にプレッシャーが大きかった」と明かしました。「アニメを実写化するのは難しいですし、今回は様々な面においてチャレンジがありました。例えば、バトーの義眼、荒巻の髪型、少佐のボディスーツなどは一歩間違えれば滑稽になってしまいます。また、日本映画を意識したカットを取り入れてみたり、黒澤明監督の『酔いどれ天使』とリドリー・スコットの『ブレードランナー』を合わせたような世界観をつくりあげるというチャレンジもしました。ポップコーン映画ではなく、観た後にディスカッションできるような、それぞれに考えてもらえるような映画にしたかったんです。スカーレットが素晴らしい演技をみせてくれました。そして、技術革新が進むなかで何が人間たらしめるのかというテーマは、原作の士郎正宗さんがパイオニアだということも改めて伝えたいです」とこの作品に込めた思いを語りました。


『ゴースト・イン・ザ・シェル』
4月7日(金)よりTOHOシネマズ 六本木ヒルズほか全国ロードショー
配給:東和ピクチャーズ
©MMXVI Paramount Pictures and Storyteller Distribution Co. All rights Reserved.
公式サイト

ピックアップ記事

  1. 【速報】アンセル・エルゴートが来日!
  2. ハイディ・クルムとティム・ガン『プロジェクト・ランウェイ』を卒業
  3. ジジ・ハディッド、2シーズン連続で「マックスマーラ」のアクセサリーキャンペーンモ…
  4. ハリー王子も睡眠で悩んでる? 黒い指輪の秘密が判明
  5. 【エミー賞】ニコール・キッドマンのジュエリーは「ハリー・ウィンストン

関連記事

  1. Entertainment

    ヒュー・ジャックマン&キアラ・セトル来日決定! 

    ヒュー・ジャックマンが主演作『グレイテスト・ショーマン』の日本公開に先…

  2. Entertainment

    『さよなら、僕のマンハッタン』予告編解禁

    『(500)日のサマー』『gifted/ギフテッド』のマーク・ウェブ監…

  3. Movie

    ダイアン・クルーガー、ドイツ語で演じた映画『女は二度決断する』記者会見に登場

    23日、今年1月に行われたゴールデン・グローブ賞で外国語映画賞を授賞し…

  4. Entertainment

    マーク・ハミル、衝撃はジェダイになると年金プランがあったこと!?

    7日、映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』の記者会見が行われ、マ…

  5. Japan

    ただいま来日中!ザック・エフロン、日本でMTVスペシャル番組を撮影

    ザック・エフロンが日本でMTVドキュメンタリースペシャルの撮影を行って…

最近の記事

  1. Entertainment

    Huluプレミア『インポスターズ 愛しの結婚詐欺師』、インバー・ラヴィのコメント…
  2. News

    『レディ・バード』の女性監督がノミネート! アカデミー賞ノミネーションが発表
  3. Movie

    クリス・プラット、「恐竜×火山噴火のスリルを楽しんで!」映画『ジュラシック・ワー…
  4. Entertainment

    7月にHuluで配信される注目ドラマ2作品を紹介
  5. 提供:(公財)日本ユニセフ協会

    News

    ユニセフ親善大使のデヴィッド・ベッカム、HIVと共に生きるスワジランドの子どもた…
PAGE TOP