Entertainment

シャイちゃん、アンジー新作映画のカンボジアプレミアでレッドカーペットを歩く

アンジェリーナ・ジョリーが制作・監督をつとめたNetflixオリジナル映画『ファースト・ゼイ・キルド・マイ・ファーザー (原題)』のカンボジアプレミアが18日、アンコールワット寺院址にある象のテラスで行われ、アンジェリーナ・ジョリーが6人の子供たちを伴い登場。

アンジーと並んでレッドカーペットを歩くシャイちゃん。


このイベントには、アンジェリーナ・ジョリー,に加えてロウン・ウン(原作者), リティ・パニュ(プロデューサー)、ノロドム・シハモニ(国王)、ノロドム・モニニヤット・シハヌーク(国王の母親)が出席し、カンボジアにとっては国家を代表する特別なイベントとなりました。象のテラスはカンボジアにある廃墟となった寺院複合体であるアンコール・トムの城壁を巡らした都の一部であり、アンコールの王ジャヤーヴァルマン7世により12世紀末に築かれ、凱旋する軍隊を眺望する基壇として使われた遺跡です。

『ファースト・ゼイ・キルド・マイ・ファーザー (原題)』は多くの国民が虐殺などで死に追いやられたポル・ポト政権下の体験をつづった同名の本が原作。圧制下で生きるカンボジアの人々の愛やたくましさを描いており、アンジーが2002年にカンボジアの孤児院から養子として迎えた長男マドックスがプロダクションに関わっていることでも注目を浴びています。

プレミアには、15歳の長男マドックス、13歳のパックス、11歳のザハラ、10歳のシャイロ、8歳のノックスとヴィヴィアンというアンジェリーナの6人の子どもたちが揃ってレッドカーペットに登場。大きな喝采を浴びました。

アンジェリーナはこの作品について「この映画は、私のカンボジアへの感謝を表したものです。カンボジアがなければ私は母親になることもなかったでしょう。私の心の一部はいつでもこの国にありました。息子マドックスの両親が経験したかもしれないことを理解したいと思っていました。息子とこの国のことをもっと知りたかったからです」と語りました。

また彼女は本作を制作、監督するにあたってNetflixと組んだことについて「このような映画は向き合うことが難しく、思わず目を背けてしまいがちですが、観ることは非常に重要なのです。実際の製作も困難を極めます。これらを可能にするのがNetflixでした。彼らとの提携を通して本作を製作できること、また、彼らを通じて多くの視聴者に届けられることを大変楽しみにしています」と語っています。

Netflixオリジナル映画『ファースト・ゼイ・キルド・マイ・ファーザー (原題)』は2017年独占配信予定です。

Netflix

マット・デイモン、『グレートウォール』のLAプレミアに登場前のページ

アナ・ケンドリック、暗殺能力が覚醒? 『バッド・バディ!私とカレの暗殺デート』次のページ

ピックアップ記事

  1. クリス・ヘムズワース主演『ホース・ソルジャー』予告映像解禁
  2. ヴィクトリア・ベッカム、新作パンツには“秘密のポケット” それって何のため?
  3. 元祖スーパーモデル5人が大集合!
  4. トム・ホランド、和太鼓の達人ぶりを披露
  5. エマ・ワトソン、セクハラ抗議のタトゥを披露するもスペルミス?

関連記事

  1. Entertainment

    ケヴィン・コスナーが記憶を移植された死刑囚に! 予測不可能なタイムリミット・スパイアクション予告編

    主演ケヴィン・コスナーをはじめとする豪華キャストが集結したタイムリミッ…

  2. Entertainment

    Netflix『13の理由』シーズン2場面写真&予告編解禁!

    セレーナ・ゴメスが製作総指揮を務めたNetflixオリジナルシリーズ『…

  3. Entertainment

    アリシア・ヴィキャンデル、初来日が緊急決定!

    「ボーン」シリーズ最新作『ジェイソン・ボーン』でヒロインのヘザー・リー…

  4. Entertainment

    『ジャック・リーチャー NEVER GO BACK』 ロンドンプレミア

    20日、元米軍エリート秘密捜査官にして今は街から街へと放浪を続ける一匹…

  5. Entertainment

    『ジャスティス・リーグ』:チームの連携アクションが炸裂する最新映像

    ファン待望のアクション・エンターテイメント『ジャスティス・リーグ』から…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. the matrix resurrections
  2. nowayhome
  3. fantastic beasts
  4. america horror stories
  5. david beckham
  6. monster hotel
  7. fujioka
  8. diabolical
  9. billie holiday vs united states
  10. 355

ピックアップ記事

  1. michael b jordan
  2. jude law
  3. timothee chalamet
  4. Brad Pitt
  5. spot

特集記事

  1. steven soderbergh
  1. 映画

    『ジュラシック・ワールド/炎の王国』、物語の鍵はオーウェンとブルーの関係!?
  2. 映画

    森崎ウィン、「スピルバーグ監督は気軽に話せる神様」
  3. Entertainment

    『ジャスティス・リーグ』、エズラ・ミラー&レイ・フィッシャーの来日決定!!
  4. News

    【Hot Pics】リアム・ヘムズワース&プリヤンカー・チョープラーらがNYのス…
  5. Entertainment

    フランス映画祭 2018が横浜で開催決定!
PAGE TOP