News

エド・シーラン、グラミー賞アフターパーティへの入場を断られていた!

今年のグラミー賞で新曲『シャイプ・オブ・ユー』をパフォーマンスしたエド・シーラン。世界的な人気アーティストとなった彼にも入れない場所があったもよう。

Playing the Grammys tonight on cbs, tune in !

Ed Sheeranさん(@teddysphotos)がシェアした投稿 –


授賞式後、エドは所属レーベルが開催した「ワーナー・ミュージック・ブロック・パーティー」に参加すべく会場へ。ところが、入場を断られてしまったそう!

Page Six』によると、パーティは大混雑で、開始1時間にして会場は収容可能な人数に到達してしまったのだとか。「エドは入れませんでした。彼は締め出されたんですが、礼儀正しかったですよ。そこには消防の担当官もいて、キャパシティの問題で、どうすることもできませんでした。他にも入れなかったアーティストはいました」と目撃した人は語ったとか。

OH and did we mention NEW SONG COMING FRIDAY?!? 🚨#HowWouldYouFeel #newmusic #edsheeran #radio

On Air with Ryan Seacrestさん(@onairwithryan)がシェアした投稿 –


エド本人も、14日にライアン・シークレストのラジオ番組『On Air With Ryan Seacrest』に登場したとき、アフターパーティに話が及ぶと「そうなんだ。4年連続だよ。僕のレーベルのアフターパーティだけじゃない。ほとんどのアフターパーティだよ」と語り、入れなかったことを認めました。

でも、『POP CRUSH』によると、エドは入れなくてよかったと思っている様子で、「そういうパーティに行くと、誰もいないんだ。つまり、アーティストは4人ぐらいで、いるのはグラミー賞には行かず、パーティしたい人たちばかりだからね」とコメント。

断られた後、エドは代わりにディプロとベニー・ブランコのパーティに向かったのだとか。でも、今度は着くのが早すぎて誰もいない状態に……。「誰もいなくて、すごくクールだったよ。でも突然、2000人ぐらいの人が来た。だから僕は“帰ろう”って感じだった」と語っており、いずれにしても人混みは苦手なよう!!

昨年のオフ期間も、日本を含む世界中を旅していたという旅人なエド、やはり「パリピ」ではなかったようです。

ピックアップ記事

  1. クリスティアーノ・ロナウド、目の横にザックリ切り傷 
  2. ロメオ・ベッカムくん、Instagramを始めていた!14歳でイトコのゴッドファ…
  3. ケイト・モス着用の古着が買える店があることが判明!
  4. マット・デイモン、くまモンとご対面!
  5. 元祖アメコミ界のスーパーヒーローチーム『ジャスティス・リーグ』中心メンバーの初…

関連記事

  1. News

    テイラー・スウィフト、ケイティ・ペリーからの手紙を公開! バトルは終結?

    7日、テイラー・スウィフトが長年の宿敵ケイティ・ペリーからのお手紙をS…

  2. News

    ジョニー・デップ、オーランド・ブルーム、ハビエル・バルデムがそろい踏み!

    14日、ジョニー・デップ、オーランド・ブルーム、ハビエル・バルデムがパ…

  3. News

    アラニス・モリセット、元マネージャーが500万ドルを着服

    カナダ出身のシンガーソングライター、アラニス・モリセットが元ビジネス・…

  4. News

    ジェニファー・ロペス、17歳年下ドレイクとの交際を認めた?

    ジェニファー・ロペスとドレイクが親密写真をお互いのInstagramに…

  5. News

    テイラー・スウィフト、ウワサの新恋人は実家住まい?

    このところ目立った活動もなく、スポットライトを避けている様子のテイラー…

  6. News

    【速報】来日中のベハティ・プリンスルーをキャッチ!

    SK-IIのイベントに出席するため来日中のベハティ・プリンスルーをキャ…

最近の記事

ピックアップ記事

特集記事

  1. TV

    ゴールデンウィークはHuluでマーベルを体感「マーベル ランナウェイズ」4月18…
  2. Movie

    速報!ウィル・スミスが息子ジェイデンを伴い3年ぶり13回目の来日
  3. News

    【アカデミー賞2017】衝撃的すぎる結末! 作品賞発表で大混乱
  4. Style

    『アメリ』のオドレイ・トトゥが表参道でテープカット!
  5. Entertainment

    挫折や変化は新たな始まり。『カーズ/クロスロード』監督が作品に込めた思いを語る
PAGE TOP