Entertainment

SF映画の金字塔『ブレードランナー』続編の邦題が正式決定

SF映画の金字塔と言われるリドリー・スコット監督の『ブレードランナー』(1982年)の続編のタイトルが『Blade Runner 2049』(原題)に決定。邦題は『ブレードランナー 2049』に正式決定しました!

左から、ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督、リドリ ー・スコット、ハリソン・フォード、ライアン・ゴズリング。

左から、ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督、リドリ
ー・スコット、ハリソン・フォード、ライアン・ゴズリング。

さらにドゥニ・ヴィルヌーヴ監督、リドリー・スコット、ハリソン・フォード、そしてライアン・ゴズリングという超豪華メンバーのオフショットも公開されました。ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督は前作に引き続きリック・デッカードを演じるハリソン・フォードに対し「彼は素晴らしいアドバイスを山ほどしてくれるよ」とコメント。製作総指揮にリドリー・スコット、そしてその役柄は明らかになっていないが注目の俳優ライアン・ゴズリングを加えたこのチームを「やる気に満ちた最高のチームだよ。僕らに失敗という選択肢はないんだ」と並々ならぬ意気込みを語っています。

続編は、1982年公開のオリジナル作品の舞台である2019年から数十年後と言われています。タイトルから、30年後の2049年の世界を描いていることが推測され、ハリソン・フォードが前作の主人公リック・デッカード役を再び演じるほか、リドリー・スコットは製作総指揮を担当。ヴィルヌーヴ監督は『プリズナーズ』『ボーダーライン』などで独特の映像美と世界観が高く評価されており、新作『メッセージ』はアカデミー賞への呼び声も高く、今最も注目されている監督のひとりです。

作品の詳細はまだまだベールに包まれたままですが、この新鋭監督が『ブレードランナー』の世界をどのように2017年に再生させるか、期待が高まるばかりです。

『ブレードランナー 2049』
2017年11月 全国ロードショー
配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

ピックアップ記事

  1. ゼンデイヤ、美脚で魅了 『スパイダーマン:ホームカミング』ワールドプレミア
  2. 極限の3時間55分の戦い 『ボルグ/マッケンロー 氷の男と炎の男』公開決定
  3. ミランダ・カーが妊娠!
  4. トム・クルーズ、ヘンリー・カヴィル、サイモン・ペッグがジャパンプレミアで軽妙トー…
  5. クリス・プラットのこんな“絶望顔”見たことある? 映画『パッセンジャー』極限な本…

関連記事

  1. 司会のジェームズ・コーデン。

    Entertainment

    「第70回トニー賞」、『ハミルトン』が11部門受賞!

    12日、アメリカ演劇界で最も権威のある「第70回トニー賞授賞式」が開催…

  2. Entertainment

    アカデミー賞2部門受賞作『ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男』ブルーレイ&DVD発…

    今年のアカデミー賞で主演男優賞(ゲイリー・オールドマン)、メイクアップ…

  3. Entertainment

    スティーヴ・ウォズニアック、東京コミコンに来日決定

    12月1〜3日に幕張メッセで開催される「東京コミックコンベンション20…

  4. Entertainment

    Hulu『ウォーキング・デッド』シーズン9後半の配信日が決定

    ⼤⼈気パニック・サバイバル・ドラマ『ウォーキング・デッド』シーズン9 …

最近の記事

ピックアップ記事

特集記事

  1. News

    【グラミー賞】リアーナがバストをぶるんぶるん振ってポロリ寸前!
  2. Movie

    ニック・ジョナス、ガリットチュウ福島さんの和製ロックに「似てる!」
  3. Beauty

    こんなクリスティーナ見たことない! すっぴんを『Paper』誌で披露
  4. Entertainment

    レディー・ガガ密着のドキュメンタリー、場面写真&特別映像が公開
  5. Fashion

    ベッカム夫妻、ロイヤルウエディングで着用した服をチャリティに出品
PAGE TOP