Movie

ブリジット・ジョーンズにモテ期到来! シリーズ最新作の予告編

待望のシリーズ3作目『ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期』の予告映像が解禁されました。

お酒はかなり飲み、タバコは止められず、体重はいつもオーバー気味。補正のデカパンツは欠かさず、ドジっぷりもハンパなく、自分に甘くて立ち直りがやたらと早い…。恋に夢中だがキャリアも大事という崖っぷちアラサ―大人女子を描き、「幸せになりたい!」と奮闘する姿が世界中の女性たちの心を掴んで一大ブームとなった『ブリジット・ジョーンズの日記』。シリーズ2作から11年。あれからブリジットはどうなったのか!? その答えがわかる待望のシリーズ3作目『ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期』が10月より公開となります。

© Universal Pictures.

© Universal Pictures.

ブリジットを演じるのは、レニー・ゼルウィガー。イケメンな恋のお相手マーク・ダーシー役は、前作に引き続きコリン・ファース。そして今回、新たに登場するこれまでにない高スペックのナイスガイ、マークの恋のライバル、ジャック・クワント役にドラマ「グレイズ・アナトミー」で女性ファンを増やしたパトリック・デンプシーが、さらにエマ・トンプソンも出演します。

予告映像は、アラフォーになったブリジットのセリフとともに、彼女が幸せに満ちた表情で友人達に囲まれながらバージンロードを歩くシーンから始まります。結婚はブリジットの妄想だったようで、「そうなると思ってた」というブリジットの一言で一気に現実に! 現実ではいまだに独身のブリジットは、孤独を感じることもあるようですが、テレビの敏腕プロデューサーとして活躍。元カレのマークとは良好な関係を築いており、独身を謳歌している様子です。さらに、パトリック・デンプシー演じる魅力的な男性・ジャックとの出会いのシーンもあり、新たな恋のはじまりも予感させます。2人の男性の間で揺れ動くブリジットですが、彼女にとってサプライズすぎる出来事が発覚!

一体、ブリジットの最後のモテ期はどうなるのか? 続報が待たれます!

『ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期』
10月 全国ロードショー
配給:東宝東和
© Universal Pictures.
公式サイト

ピックアップ記事

  1. キム・カーダシアン、娘ノースちゃんからの“いい質問”にタジタジ
  2. デヴィッド・ベッカム、イブラヒモビッチとの賭けに勝つ
  3. エリー・ゴールディング、3719人の参加者の前で圧巻のパフォーマンス
  4. アンセル・エルゴート、映画『ベイビー・ドライバー』初日舞台挨拶に登場
  5. 故キャリー・フィッシャー娘ビリー・ロード、テイラー・ロートナーと破局

関連記事

  1. Movie

    ウィル・スミス、「悪役を演じるのは楽しかった」『スーサイド・スクワッド』ジャパンプレミア

    25日、映画『スーサイド・スクワッド』のジャパンプレミアが行われ、昨日…

  2. Movie

    ビヨン・ボルグを演じたスベリル・グドナソンの肉体美と大人の色気溢れる場面写真をチェック

    映画『ボルグ/マッケンロー 氷の男と炎の男』で“氷の男”ボルグを演じた…

  3. Movie

    トムとヘンリー・カヴィルが高度8000mから降下! 本編抜粋映像到着

    トム・クルーズが伝説的スパイ、イーサン・ハントを演じる大人気アクション…

  4. Movie

    『ボヘミアン・ラプソディ』でクイーンを演じたキャストの来日決定

    伝説のバンド、クイーンのフレディ・マーキュリーの生き様を描いた『ボヘミ…

  5. Movie

    パトリック・シュワルツェネッガー、「アイル・ビー・バック!」と再来日を約束

    19日、2006年に日本で生まれたYUI主演の大ヒット作『タイヨウのう…

  6. Movie

    ダコタ・ファニングがシナボンでバイト!? 『500ページの夢の束』本編映像解禁

    ダコタ・ファニングが主人公ウェンディを演じる『500ページの夢の束』の…

最近の記事

  1. News

    【画像】『ジャック・リーチャー NEVER GO BACK』トム・クルーズ来日記…
  2. リトル・ミックス

    OMG

    リトル・ミックスのジェシー・ネルソン、24歳で歳をとった気分?
  3. WENN.com/Zeta Image

    News

    シャーロット王女がはじめての海外へ!ウィリアム王子一家、今週末からカナダ訪問
  4. Photos

    【速報】ミランダ・カーが来日!
  5. News

    スーザン・サランドン、故ポール・ニューマンの“いい話”を明かす
PAGE TOP