レイア姫役キャリー・フィッシャーの死因が判明 一人娘がコメント

<

昨年12月27日に亡くなった『スター・ウォーズ』レイア姫役のキャリー・フィッシャーの死因が判明しました。

キャリー・フィッシャーと娘のビリー・ロード。Newscom / Zeta Image

当初、心臓発作で亡くなったと言われていたキャリー。しかし、16日、LA郡検視官オフィスが死因は睡眠時無呼吸、薬物使用、アテローム性心疾患によるものだと『Entertainment Tonight』に認めました。

それを受けて、キャリーの一人娘で女優のビリー・ロードがコメントを発表。「私の母は、人生を通じて薬物中毒と心の病と闘い、最終的にはそれが原因で亡くなりました」。

キャリーは双極性障害があり、生前、キャリ本人がしばしばインタビューでそのことを語っていたそう。

さらにビリーは「彼女は“恥”がこれらの病気に直面している人々とその家族を苦しめていると話していました。私は母を知っています。彼女は自身の死が人々を勇気づけ、彼らが自分たちの苦難をオープンにすることを望むでしょう。助けを求めてください。精神衛生プログラムのための政府資金提供を求めて戦いましょう。恥や社会的汚名は治療と解決の敵です。愛してる、ママ」と締めくくりました。

亡くなってから約半年、今も家族、友人、多くのファンがその死を惜しんでいるキャリー。どうか安らかに。