グウィネス・パルトロウ、セレブ投資家としても活躍

<

ライフスタイルサイト『GOOP』のCEOとして活躍している女優のグウィネス・パルトロウ。投資家として注目されているようです。

グウィネス・パルトロウ。WENN.com / Zeta Image

FORTUNE』によると、最近、グウィネスは「デイリーハーベスト」という冷凍ヘルシーフード宅配のスタートアップ会社に出資。冷凍食品といっても「デイリーハーベスト」が扱うのは、オーガニックのスムージー、オーバーナイトオーツ(オートミールをヨーグルト、フルーツなどととも混ぜて一晩置いておくもの)、チアプディングなどで、スーパーフードやオーガニックのフルーツ、野菜を使用。精製した砂糖や防腐剤を使用していないのが特徴だとか。値段は1食あたり6.99ドル~で1オーダーにつき24パックから購入できるシステム。会社を立ち上げたのは昨年ながら、すでに100万食のスムージーを出荷しているそう。

冷凍食品というと新鮮ではないように思えるけれど、創業者のレイチェル・ドロリによると、同社の製品の原料となる野菜や果物は完熟したものを収穫し、栄養が最大限残るよう数時間内に冷凍するのだとか。グウィネスのほかにも女子テニス選手のセリーナ・ウィリアムズも同社に投資したとのこと。

今年に入ってからグウィネスは子供服会社の「Rockets of Awesome」、スポーツアパレルブランド「Outdoor Voices」、カジュアルレストラン「Beefsteak」などに次々と出資。「Goop」のほかに、ヘルシー料理のレシピ本も数冊出版しているグウィネスだけに、「デイリー・ハーベスト」にピンとくるものがあったのかもしれません。

ビジネスでも才能発揮のグウィネス。WENN.com / Zeta Image

『FORTUNE』によると、今、食品業界では健康とネット通販が2大トレンドだそう。特に会員制のサービスは人気で、マーサ・スチュアートは食事キットサービスとワインデリバリーの会社を持っており、トム・ブレイディも食事宅配サービスのスタートアップ企業「Purple Carrot」と組み、トム自身が楽しめるメニュー開発を行っているそう。

映画『チャーリー・モルデカイ 華麗なる名画の秘密』以来、映画はお休み状態のグウィネスですが、ビジネス方面では大忙しにようです。