ブラピ、「マクマホン将軍はできれば見たくない!」と告白

<

23日、Netflixオリジナル映画『ウォー・マシーン:戦争は話術だ!』のジャパンプレミアが行われ、来日中のブラッド・ピット、デヴィッド・ミショッド監督、プロデューサーのデデ・ガードナー、ジェレミー・クライナーが登場しました。

ブラッド・ピット。

ブラッドは白のセットアップに白Tという、さわやかコーデで登場。2年半ぶりの来日に大興奮のファンと写真を撮ったり、サインをしながらゆっくり会場を一周しました。

ファンとたっぷり触れあいました。

『ウォー・マシーン:戦争は話術だ!』は、実在の人物を描いたベストセラーから発想を得たオリジナル映画。ブラッド・ピット演じる将軍グレン・マクマホンの栄光と衰退を描きながら、現代の戦争の裏側に迫る衝撃作です。

会場にも巨大なマクマホン将軍のパネルが設置されていました

マクマホン将軍役についてブラッドは「できれば、彼は見たくないですね。怖いですし、鼻になにか入ってるみたいだし(笑)」と、みんなが思っていたことを自らツッコミ。「こんな大胆な役を演じる機会はあまりないですし、笑える方向に持っていきたいと思って、笑える要素を取り入れたのです」と語りました。

コミカルな動きを見せたブラッド。

また、脚本・監督を務めたデヴィッド・ミショッド監督について「脚本が本当によかった。信じられないくらいすごいキャラクターを書いてくれました。彼の手にゆだねれば僕がどんなバカをやっても、意味を見いだしてくれる安心感があります」と絶賛。

大ヒットを祈願して鏡割り。

2年半ぶりの日本滞在について「楽しんでいます。みなさんが温かく迎えてくれて感謝しています。今回は、あちこち探検する時間がないので、次回はもっといろんなところへ行ってみたい」と日本への思いを明かしました。


『ウォー・マシーン:戦争は話術だ!』
Netflixにて5月26日全世界同時配信
Netflix