【カンヌ国際映画祭】ブルガリのジュエリーを纏ったセレブがレッドカーペットに登場

17日、カンヌ国際映画祭のオープニングを飾った『イエスマエルの亡霊たち』のレッドカーペットにブルガリのジュエリーを纏ったベラ・ハディッドと女優のエミリー・ラタコウスキー、ユマ・サーマンが登場。 

ベラ・ハディッド。Photo Credit Getty Images
ベラのデコルテには、“Italian art de vivre~イタリア式美しい日々”に溢れる歓びを称えたブルガリの新作ハイジュエリーコレクション「Festa」より、180カラットのカボションカットのサファイアとダイヤモンドをあしらった最高峰のネックレスが輝きました。

エミリー・ラタコウスキー。Photo Credit Getty Images
エミリーはヘリテージとハイジュエリーコレクションのネックレスをレイヤードに重ね、「セルペンティ」と「ミューザ」のリングをあわせました。

ユマ・サーマン。Photo Credit Getty Images
本年度、「ある視点(Un Certain Regard)」部門の審査員長を務めるユマ・サーマンは、「セルペンティ」のネックレス、ブレスレットとダイヤモンドのスタッズピアスを纏いました。 

ブルガリ ジャパン 03-6362-0100 http://jp.bulgari.com/ja-jp