【カンヌ国際映画祭】胸ポツドレスのリリー・ローズ・デップ、激深スリットのベラ・ハディッド、エミリー・ラタコウスキーがレッドカーペットに登場

今年、70周年を迎えたカンヌ国際映画祭が17日に開幕! オープニング・ガラのレッドカーペットには注目のヤングセレブがセクシードレスで登場しています!

ベラ・ハディッド。Newscom / Zeta Image

昨年、ウエストまでスリットが入ったレッドドレスで登場し、一気に知名度を上げたベラ・ハディッドですが、今年も脚線美を見せつける「アレクサンドル ボーディエ」のドレス。スリットの奥がキケンな状態に見えますが、ドレスはボディースーツ付きで最悪の事態は回避できるようになっています。後ろにいるのは不動産デベロッパーの父モハメド・ハディッドさん。

リリー・ローズ・デップ。Newscom / Zeta Image

リリー・ローズ・デップはアンバサダーをつとめる「シャネル」のドレスで登場。ノーブラで堂々と白いドレスを着こなすリリー・ローズちゃんは、まるでギリシャ神話の女神のよう。隣はイラン人監督のアスガル・ファルハーディー。

エミリー・ラタコウスキー。Newscom / Zeta Image
そしてエミリー・ラタコウスキーも深いスリットがポイントのドレスをチョイス。セクシーボディの持ち主として知られるエミリー。昨年のカンヌでのベラ・ハディッドと似ているという声も。

ついに始まった今年のカンヌ国際映画祭、この後、どんなセレブが登場するか楽しみです。