ジュード・ロウが極悪ヴィランに!

<

チャーリー・ハナム主演×ガイ・リッチー監督による下克上エンターテインメント映画『キング・アーサー』でヴィランを演じるジュード・ロウの場面写真が公開。


両親を殺され、スラムの売春宿で貧しく生き抜いてきた青年アーサー。彼はまだ自分の偉大なる宿命に気づいていないが、やがて聖剣エクスカリバーを手にした彼は、自らの過去、そして亡き父に代わり王の座を奪還するという運命を知ることになります。小説、マンガ、アニメなどさまざまな作品に影響を与えている、キング・アーサーの“誕生秘話”を、『スナッチ』『シャーロック・ホームズ』シリーズのガイ・リッチー監督が斬新な映像と圧倒的なスケールで描き出します。

アーサーを演じるのは『パシフィック・リム』のチャーリー・ハナム。ジュードはアーサーの叔父で宿敵のヴォーティガンを演じています。特殊メイクで顔色は土気色となり、目の下にはクマ、そして火の玉を手に持つ不穏に満ちた魔法使いのような極悪度MAXラスボスに。

この作品でのジュードはイケメンキャラを封印!アーサーの親を殺し、権力のためには方法を厭わない、超凶悪な暴君ヴォーディガンを演じています。ジュード・ロウはこの役を演じるにあたり「外から見たら見栄えは良いんだが、中身は腐敗しているんだ。そんな人物を演じるのはエキサイティングだと感じた。なよなよした、髭をいじっているような悪役は演じたくなかったからね。ウィットとユーモアに富んだ作品でとても邪悪なキャラクターを演じるということに興奮したんだよ。」とその極悪非道なキャラクター性に魅力を感じたことを明かしています。


『キング・アーサー』
配給:ワーナー・ブラザース映画
© 2017 WARNER BROS. ENT. INC., VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED AND RATPAC-DUNE ENT. LLC
公式サイト