ブラピの“クセがすごい!” 『ウォー・マシーン:戦争は話術だ!』

<

Netflixとブラッド・ピットが代表を務める製作会社プランBの共同製作による戦争アクション・エンタテインメント映画『ウォー・マシーン:戦争は話術だ!』の予告映像が解禁。

この作品は、実在の人物を描いたベストセラー原作から発想を得たオリジナル映画。ひとりの将軍の栄光と衰退を描きながら、戦争の不条理さと人間の滑稽さを映し出した新しいスタイルの戦争アクション・エンタテインメントです。主演・プロデュースはブラッド・ピット。ティルダ・スウィントン、ベン・キングスレーなどのオスカー俳優陣に加えて、製作は『マネー・ショート 華麗なる大逆転』、『ワールド・ウォーZ』、『ムーンライト』を手掛けた製作会社でブラッドが代表をつとめる「プランB」が担当しています。

Netflixオリジナル映画『ウォー・マシーン:戦争は話術だ!』5月26日全世界同時配信

場面写真と予告編には、生まれ持ったカリスマ性と巧みな話術で、アフガニスタン駐留米軍の司令部将軍にまでに登りつめた主人公グレン・マクレーン将軍の波乱のドラマが描かれています。

一度見たら忘れないような、ほぼ顔芸とも言えるその表情や喋り方などは、過去演じてきた様々なクセのある役の中でも、まさにブラピ史上最強に“クセがすごい”キャラクターだと言えそう!

またこの作品は銃器ではなく話術を使った闘いにフォーカスした新しいスタイルの作品であり、戦争を影で操る政治家や軍人たち、スクープを狙うマスコミとの三つ巴の頭脳バトルを皮肉たっぷり描き出している勧善懲悪だけでは終わらない深い作品テイストを感じさせてくれます。

Netflixオリジナル映画『ウォー・マシーン:戦争は話術だ!』5月26日全世界同時配信

監督・脚本を務めたデビッド・ミショッドは「これ程までに大きく複雑になってしまった現代の戦争とそれに関わる人間を描いた大作映画に携われたことにとても興奮しています」と本作への意欲を語っています。過酷な戦争の裏側で「本当に起こり得るかもしれない」頭脳バトルを掘り下げた波乱のドラマとなっています。

Netflixオリジナル映画『ウォー・マシーン:戦争は話術だ!』
5月26日全世界同時配信