新作ドラマをPR中のセレーナ・ゴメス、胸元露わなワンピ姿がキャッチ

<

8日、NYで谷間とお腹見せのセクシーワンピを着たセレーナ・ゴメスがキャッチされました。

セレーナ・ゴメス。FameFlynet / Zeta Image

エクゼクティブ・プロデューサーをつとめたNetflixの新作ドラマシリーズ『13リーズンズ・ホワイ(原題)』のプロモーション活動をスタートしたセレーナ。8日にはNYでNetflixのプレスイベントに出席したそう。

『13 リーズンズ・ホワイ』は、ベストセラー小説のドラマ化で、ティーンエイジャーの少年がクラスメイトの少女が自殺した原因を探っていく過程を描いたベストセラー小説のドラマ化。その少女は彼女を死に追いやった人々へ13本のカセットテープを残していたという、自殺、うつなど深刻な問題を扱っているドラマなのだそう。

美谷間見せのセレーナ。FameFlynet Pictures / Zeta Image

昨年8月に難病ループスによる、不安症、パニックアタック、うつによる休業を発表したセレーナですが、ドラマの制作がスタートしたのはちょうど同じ時期だったとか。『The Hollywood Reporter』によると、プレスイベントでセレーナは「制作が始まったとき、私は本当に大変な時期を過ごしていたの。90日、仕事から離れていた間、私はたくさんの子供たちに会って、ドラマのキャラクターたちが経験するたくさんの問題について話したわ」と振り返ったそう。

また、休業していた3カ月間、セレーナはスマホをやめていて、それが「いちばんリフレッシュできて、落ち着いて、元気がでる感覚だった」と語ったとか。仕事復帰した後、Instagramは再会したセレーナですが、「今は厳しいの。ソーシャルメディアには耐えられない」と、SNSはまだ好きになれないことを告白。「ティーンエイジャーたちが目にしているものにも耐えられない。だからドラマはできる限りリアルにしたわ」と語り、思春期の難しさをリアルに描くことが必須だったと明かしています。