ベッカム家三男クルスくんが歌手デビュー! ラジオ生出演にデヴィッドも飛び入り

<

クルス・ベッカムくんがデビューシングル『If Everyday Was Christmas』をリリース!

My first single #IfEveryDayWasChristmas now on @Spotify 😜 smarturl.it/IEDWCs @globals_make_some_noise

Cruz Beckhamさん(@cruzbeckham)が投稿した写真 –

以前から両親のInstagramで、その天使の歌声を披露し、NEXTジャスティン・ビーバーと大評判だったクルスくん。デビューのウワサは以前からささやかれていましたが、ついに!! 7日、『If Everyday Was Christmas』をリリース。そしてジャスティン・ビーバーのマネージャーとしてもしられる、スクーター・ブラウンとマネジメント契約を結んだそう!!

クルスくんは7日朝、ラジオ番組『Capital FM』の朝の番組『Capital Breakfast』にFaceTimeで生出演!

My first single #IfEveryDayWasChristmas is out tomorrow! Hear it on @CapitalOfficial at 7.30am 🎅🏼 #CruzOnCapital 😜

Cruz Beckhamさん(@cruzbeckham)が投稿した写真 –

ベッカム家のご自宅と思われる室内でインタビューに答えるクルスくん。シングル『If Everyday Was Christmas』をリリースしたことについて聞かれると、「アメイジングだよ。大好きな2つのこと、歌うこととクリスマスが一緒にできるんだ。売り上げはチャリティに寄付するよ」とキュートな答え。アカペラで歌ってくれる? というリクエストに、「もちろん」と、朝とは思えない歌声でしっかりと歌ってみせました。

そしてベッカム家のクリスマスの朝のルーティンを聞かれたクルスくん、「僕たちは毎年朝6時に起きて、下の階におりるんだけど、パパが“待って! プレゼントがちゃんとあるか見てくるから”と言うんだ。で、戻ってきて“まだだ。みんなベッドに戻らなきゃ”って言うんだよ」と、一家のキュートすぎるしきたりを語りました。

Youtube

その後、室内で息子を見守っていたデヴィッドもサプライズ登場! 「とても誇りに思っている。彼は楽しんでいるよ」と語り、息子の大好きな音楽活動をサポートする姿勢をアピール。

その後、クルスとはクロスのスペイン語であることから、「どんなことにイライラする?」と聞かれたクルスくんは、「マンチェスター・ユナイテッドが負けると、両親が宿題をやれっていうんだ」と、11歳らしい一面も。曲紹介の前には、クルスくんに対して、質問に対して、ママとパパどっちが当てはまるかを答える質問コーナーが行われ、テレビを見ながらソファで寝ちゃうのは?という問いには「ママ」、いけない言葉をいうのは?「100%ママだよ」決まり悪い思いをさせるのは? 「パパだよ。今もそうだよ」、外出するとき支度に時間がかかるのは? 「100%ママ。パパは10分、ママは10時間ぐらいだね」など、クルスくんはトンチの効いた答えを返したので、DJたちも大ウケ。

トークもいけることを証明したクルスくん、これからの活動が楽しみです。