『バイオハザード:ザ・ファイナル』、場面写真が一挙解禁!!

<

映画『バイオハザード:ザ・ファイナル』で、実写映画初出演にして、ハリウッドデビューを飾るローラの場面写真に合わせて、これまで謎に包まれてきた作品のカギを握る場面写真が一挙解禁されました。

女戦士コバルトを演じるローラ。
女戦士コバルトを演じるローラ。

日本発の大人気ゲームから生まれ、ミラ・ジョヴォヴィッチ演じる美しきヒロイン・アリスと、世界をアンデッド化した元凶である宿敵アンブレラ社との戦いを描いた映画『バイオハザード』シリーズ。2002年に初めてスクリーンに登場して以来、1作ごとにスケールとパワーを増幅させてきたシリーズのラストは、世界各国に先駆けゲーム発祥の地である日本で最速公開されます。

コバルト役のローラ。

本作には、アリスと戦う女戦士、コバルト役に日本からローラが参戦するほか、『バイオハザードIII』、『バイオハザードIV アフターライフ』で登場し、ゲームでも絶大な人気を誇るクレア役のアリ・ラーターも最終章にカムバック! 謎に包まれていた「アンブレラ社の陰謀」「T-ウィルスの開発」そして「アリスの誕生」の秘密が、ついに明かされます!

ローラとウィリアム・レヴィ。
ローラとウィリアム・レヴィ。

かつてアンブレラ社の特殊部隊員だったが、アンブレラ社に実験台として利用され、その人生を翻弄されながらも両手に銃を携え戦い続けてきたヒロイン・アリス。今作では、アンブレラ社によって地球上を覆いつくすアンデッドとの最終決戦で人類絶滅のカウントダウンが始まります。残り時間は僅か48時間と迫るなか、アリスはすべての物語が始まった地:ラクーンシティへ戻る。そこで、生き残った仲間クレア(アリ・ラーター)、コバルト(ローラ)らと共に、首謀者・アイザックス(イアン・グレン)が待ち受けるアンブレラ社の心臓部=「ハイブ」を壊滅させる為、最期の戦いに挑みます。

オーエン・マッケン、アリ・ラーター、フレーザー・ジェームズ、ミラ・ジョヴォヴィッチ、ルビー・ローズ、ウィリアム・レヴィ、ローラ。
オーエン・マッケン、アリ・ラーター、フレーザー・ジェームズ、ミラ・ジョヴォヴィッチ、ルビー・ローズ、ウィリアム・レヴィ、ローラ。

このたび、解禁される場面写真では、アリスとともにアンデッドの大群と戦う女戦士、コバルトを演じるローラが鋭い眼光でマシンガンを向ける緊張感漂うシーンや、コバルトの恋人クリスチャンを演じる“キューバのブラッド・ピット”ことウィリアム・レヴィと戦場でたたずむ姿などがあり、日本のバラエティ番組で見かけるローラとは違う印象を受けるほど。さらに、最終決戦に相応しくアリス、クレアなど本作でカギを握る戦士達と共に迫りくる脅威を前に屋上に立つ姿や、アリスが無数のアンデッドたちに追いかけられている様子など徐々に明らかになっていく本作に今から期待が高まります!


『バイオハザード:ザ・ファイナル』
12月23日(金・祝)世界最速公開!
配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
公式サイト