エンタメ

SF映画の金字塔『ブレードランナー』続編の邦題が正式決定

<

SF映画の金字塔と言われるリドリー・スコット監督の『ブレードランナー』(1982年)の続編のタイトルが『Blade Runner 2049』(原題)に決定。邦題は『ブレードランナー 2049』に正式決定しました!

左から、ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督、リドリ ー・スコット、ハリソン・フォード、ライアン・ゴズリング。

左から、ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督、リドリ
ー・スコット、ハリソン・フォード、ライアン・ゴズリング。

さらにドゥニ・ヴィルヌーヴ監督、リドリー・スコット、ハリソン・フォード、そしてライアン・ゴズリングという超豪華メンバーのオフショットも公開されました。ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督は前作に引き続きリック・デッカードを演じるハリソン・フォードに対し「彼は素晴らしいアドバイスを山ほどしてくれるよ」とコメント。製作総指揮にリドリー・スコット、そしてその役柄は明らかになっていないが注目の俳優ライアン・ゴズリングを加えたこのチームを「やる気に満ちた最高のチームだよ。僕らに失敗という選択肢はないんだ」と並々ならぬ意気込みを語っています。

続編は、1982年公開のオリジナル作品の舞台である2019年から数十年後と言われています。タイトルから、30年後の2049年の世界を描いていることが推測され、ハリソン・フォードが前作の主人公リック・デッカード役を再び演じるほか、リドリー・スコットは製作総指揮を担当。ヴィルヌーヴ監督は『プリズナーズ』『ボーダーライン』などで独特の映像美と世界観が高く評価されており、新作『メッセージ』はアカデミー賞への呼び声も高く、今最も注目されている監督のひとりです。

作品の詳細はまだまだベールに包まれたままですが、この新鋭監督が『ブレードランナー』の世界をどのように2017年に再生させるか、期待が高まるばかりです。

『ブレードランナー 2049』
2017年11月 全国ロードショー
配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

ピックアップ記事

  1. ソフィア・ベルガラが奇行!? うん●と笑顔でハグ
  2. 3歳になったジョージ王子のキュート過ぎる写真が波紋?
  3. 配信開始日変更:ライアン・レイノルズ最新作
  4. 新生ゴーストバスターズは崖っぷちのリケジョ4人組!
  5. エル・ファニングがトランスジェンダー役に挑戦!

関連記事

  1. エンタメ

    『ブレードランナー 2049』ヒットの理由が分かる特別映像

    全米大ヒットの『ブレードランナー 2049』の魅力をハリソン・フォード…

  2. エンタメ

    「クマのバルーに乗る、名シーンの再現に注目して」映画『ジャングル・ブック』ジャパン歌舞伎座プレミア

    27日、ジャングルの動物たちに育てられた人間の少年モーグリを主人公に、…

  3. エンタメ

    『Marvel ザ・ディフェンダーズ』予告編が解禁

    MarvelとNetflixの共同製作によるオリジナルドラマ『Marv…

  4. エンタメ

    『(500)日のサマー』監督の最新作『gifted/ギフテッド』日本公開決定

    『(500)日のサマー』でセンセーショナルなデビューを飾ったマーク・ウ…

  5. エンタメ

    ウィル・スミス、「悪役を演じるのは楽しかった」『スーサイド・スクワッド』ジャパンプレミア

    25日、映画『スーサイド・スクワッド』のジャパンプレミアが行われ、昨日…

最近の記事

  1. エンタメ

    ついに完結! ヒップホップ誕生に迫るドラマ Netflix『ゲットダウン』パート…
  2. セレブスナップ

    【画像】ロック・レジェンドが大集合!「CLASSIC ROCK AWARDS 2…
  3. エンタメ

    ケヴィン・コスナーら豪華キャストが出演 『クリミナル 2人の記憶を持つ男』予告編…
  4. エンタメ

    キアヌ・リーヴス、伝説の殺し屋VS世界中の殺し屋の痺れる予告編
  5. ニュース

    マニー・パッキャオ、原宿に「パッキャオジム」を設立「さまざまな人にエクササイズの…
PAGE TOP