あまりに不幸すぎてヤバい! ドラマ『レモニー・スニケットの世にも不幸なできごと』

<

2017年1月13日より、Netflixオリジナルドラマシリーズ『レモニー・スニケットの世にも不幸なできごと』が世界同時オンラインストリーミング!

『レモニー・スニケットの世にも不幸なできごと』
『レモニー・スニケットの世にも不幸なできごと』

『レモニー・スニケットの世にも不幸なできごと』は、“レモニー・スニケット”として知られるダニエル・ハンドラー作。現在までに世界43カ国で翻訳され、シリーズ累計7千万部以上を売り上げ、2004年には映画化もされた大ベストセラー児童小説が原作。

両親を亡くしたボードレール家の三姉弟妹が、強欲で親戚を名乗るオラフ伯爵に引き取られたことから始まる不幸な運命を描く物語です。手を変え品を変え繰り返される伯爵の嫌がらせと、賢い三姉弟妹の逃避行、三姉弟妹の両親の死の謎を巡る物語は全13巻にも及び、不幸な出来事の連続に世界中が夢中になりました。

Netflixオリジナルドラマシリーズでは、第1シーズン(全8話)で原作シリーズの最初の4巻にフォーカスし、不幸なエピソードを存分に盛り込んでよりシニカルでコミカルなストーリーが展開されます。クリエイターは、かつてコーエン兄弟やロブ・ライナー監督作品の撮影を手がけていたことでも知られる映像の魔術師バリー・ソネンフェルド。その手腕は、彼自身が監督を務めた『アダムス・ファミリー』や『メン・イン・ブラック』シリーズ、近日公開の『メン・イン・キャット』、そして製作総指揮を務めた映画『レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語』でもいかんなく発揮されており、ファミリーで楽しめる作品になることが期待されます。

三姉妹弟を不幸のどん底に落とすオラフ伯爵を演じるのは、映画『ゴーン・ガール』でお馴染み、トニー賞主演男優賞俳優のニール・パトリック・ハリス。長女ヴァイオレット、長男クラウスを演じるのは、公開オーディションを勝ち抜いた『スーパーガール』でスーパーガール/カーラ・ゾエルの子ども時代を演じたマリーナ・ワイズマンと新人のルイ・ヘイズ。またこの物語を綴るレモニー・スニケットを演じるのは、『テッド』のパトリック・ウォーバートンです。

ティザー予告編では、パトリック・ウォーバートン扮するレモニー・スニケット氏が皮肉たっぷりにそしてコミカルに、これからボードレール家の子どもたちに訪れる残酷で不幸な物語を見る者に対して示唆。レモニー・スケットによると、物語は果てしなく暗いために、スタッフは全員心を病み、精神疾患で医師の監視下にあるとのこと…「Netflixと同じ過ちを犯すな、このドラマを見てはいけない」と語っています。2017年のはじめての13日の金曜日、どんな不吉な物語が登場するのか、注目です。

Netflixオリジナルドラマ『レモニー・スニケットの世にも不幸なできごと』
Netflixにて2017年1月13日(金)より全世界同時ストリーミング開始