セレブ専門お騒がせ男、ヴィタリ・セディウクがキム・カーダシアンのお尻に突撃

<

先日、ミラノでジジ・ハディッドに抱きついてひじ鉄をくらった、ウクライナ出身のお騒がせ男ヴィタリ・セディウクが28日、パリでキム・カーダシアンのお尻に突撃!

メイクアップアーティストのマリオ・デディヴァヴィッチさんが、Instagramに決定的瞬間を捉えた動画をアップしていますが、それはパリのレストラン「L’Avenue」の前で起きたそう。

大勢のパパラッチが取り囲むなか、黒の透けファッションで車から降りレストランへと向かうキム。そのとき、キムのお尻を目がけて不審者が急接近! 危ういところでセキュリティに取り押さえられています。

2年前にも、パリで車からおりたところで、ヴィタリが脚に抱きつき倒れそうになるという被害を受けたキム。今回は、強そうなボディガードのおかげで難を逃れ、Twitterでボディガードに感謝しています。

一方、ヴィタリはInstagramで「キムのインプラントを入れた偽お尻に抗議したところ。彼女と他のカーダシアン家の人々には、彼らのあとをやみくもに追いかけているティーンの女の子たちにナチュラルビューティーを広めることをすすめたい」と書き込んでいます。

しかし、キムはお尻のインプラントは否定していて、リアリティ番組『カーダシアン家のお騒がせセレブライフ』の中で、お尻のレントゲンも撮っており、一応、お尻は本物ということになっているのですが……。

さらにヴィタリは、キムを待ち伏せしていたわけではなく、フリーWifiを使うためにレストランの外に座ってアイスクリームを食べていたら、パパラッチ集団とキムがやってきたのであって、キムが来ることは誓って知らなかったとInstagramで弁明。

それが本当かどうかはわかりませんが、先週ミラノで騒動を起こしたヴィタリが今週はパリに……。いったい彼がどうやってお金をかせいで、どういう生活をしているのかぜひ知りたいところです。