『バイオハザード:ザ・ファイナル』予告編第一弾が解禁

<

アクション超大作シリーズ第6弾にして最終作『バイオハザード:ザ・ファイナル』の予告編が解禁になりました。

日本発の大人気ゲームから生まれ、ミラ・ジョヴォヴィッチ演じる美しきヒロイン・アリスと、世界をアンデッド(=ゾンビ)化した元凶である宿敵アンブレラ社との戦いを描いたこのシリーズは、2002年に初めてスクリーンに登場。以来、1作ごとにスケールとパワー、そしてゲームユーザーにとどまらないファンを増殖させ、独自の世界感を築き世界を熱狂の渦に巻き込んできました。

映像はミラ・ジョヴォヴィッチ演じるヒロイン・アリスが、荒廃した街をバイクで駆け抜けるカットからスタート。不穏な空気が漂う荒廃した世界=ラクーンシティに、一人乗り込んでいくアリス。SF色の強かった今までの作品とは異なり、リアルな質感の映像へ変化している本作は、よりバイオハザード・シリーズ独自の世界へ見る人を引き込みます。

アリスが成長するとともに自分も成長してきたと語るミラ。最強のアクション・ヒロインと呼ばれる彼女の代名詞とも言えるアクロバティックなアクションは今までで最も激しく、ファイナルを華麗に彩ります。
今にも飛び出てきそうな勢いで襲いかかってくる翼のあるクリーチャーはゲームにも登場しているだけあって、迫力あるビジュアルはファンの期待を高めること間違いなし! ゲームと映画の垣根を超えたシリーズ一作目を思い出させるレーザートラップや、敵との息をのむ接戦シーン。さらには無数のアンデッドやクリーチャーとどんな戦いが繰り広げられるのか、いままで謎に包まれてきたバイオハザードの世界が詰まった最新作に注目が集まっています。

bioFINAL_teaser1sheet_03

予告編は「私はアリス これが私の――最期の物語」とアリスの何かを悟ったような表情で幕を閉じます。今回の予告編では、ストーリーの詳細は未だ明かされておらず、バイオハザードの壮大な物語がどんな風に幕を閉じるのか、大いに期待が高まるところ。今作では『バイオハザードⅢ』『バイオハザードIV:アフターライフ』でクレア・レッドフィールド役を演じ人気を博したアリ・ラーターもカムバック。銃を構えアンデッドたちに挑んでいく果敢な姿をみせています。

『バイオハザード:ザ・ファイナル』
12月23日(金・祝)世界最速公開!
配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
公式サイト