映画『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』で、リアム・ヘムズワースが身につけている時計とは?

<

前作『インデペンデンス・デイ』から20年の時を経た続編『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』で、多くの主要キャストが「ハミルトン」の時計を着用。

main


宇宙からの侵略者による人類絶滅の危機に挑む、迫力あふれるアクションシーンが繰り広げられる映画『インデペンデンス・デイ: リサージェンス』(7月9日より全国ロードショー)。主人公リアム・ヘムズワース演じるパイロットのジェイク・モリソンが身につけているのは、「ハミルトン」のパイロットウォッチ「カーキ X-ウィンド」です。

sub1

“X”状に配されたプッシャーが特徴的な「カーキ X-ウィンド」はミリタリーの伝統を受け継ぎ、激闘にも屈することのない強靭なタイムピース。クロノグラフとデイデイト表示を兼備した自動巻きムーブメント、そしてパイロットとって不可欠な横風の測定機能(偏流修正角機能)を搭載しています。
sub2
他の主要キャストも「ハミルトン」を着用。ジェフ・ゴールドブラムは第二時間帯表示が可能なGMT機能を搭載したエレガントな「ジャズマスター」。ビル・プルマンはクラシカルな「シノマティック」、そして、ジェームズ・A・ウッズはミリタリールーツのデザインが特徴的なパイロットウォッチ「カーキ パイロット オートクロノ」を着用しています。
sub5
「ハミルトン」はアメリカのペンシルバニア州ランカスターで1892年に創業。アビエーションやハリウッド映画での活躍でも知られています。1951年の映画『フロッグメン』を皮切りに、ウォッチメイキングにおける豊富な実績と革新的なクリエイティビティで、450作品以上ものハリウッド映画に登場を果たしてきました。スタンリー・キューブリックが近未来を描いた『2001年宇宙の旅』、SFの名作『アイ・アム・レジェンド』、『メン・イン・ブラック』3部作、『インターステラ―』、『オデッセイ』など、その個性豊かなタイムピースは、宇宙や地球の危機を描いた映画になくてはならない存在となっています。
sub6
ハミルトン公式サイト