ジャスティン・ビーバー

ジャスティン・ビーバー、ファンと写真を撮らない宣言

<

10日、ジャスティン・ビーバーが、偶然どこかで彼と会ってもツーショット写真は撮らないことをInstagramで通知しました。

アップしたのはメッセージで、ジャスティンは「もしどこかで僕を見かけても、写真は撮らないってことを知っておいて欲しいんだ。もう写真に疲れ切ってしまった。人々は僕に挨拶もせず、人間と思わないところまできてしまって、動物園の動物のような感じがするんだ。僕は正気を保ちたい」と理由を説明。


さらに「みんながガッカリするということはわかっているけど、僕は誰とも写真を撮る義務はない。“でも、あなたのアルバムを買った”という人々は、僕のアルバムをお金を払って買ってくれたことはわかっているよ。でも、そこに僕を見かけたらいつでも写真が撮れるという但し書きが書いてあるわけじゃないんだ」と思いを綴っています。

現在、「パーパス・ワールド・ツアー」中の彼は、3月にミート&グリートをやめることをInstagramで発表。そのときも疲れてしまうことを理由にあげ、「これまで見たなかで最高のショーを届けるために健康的な考えを保ちたい」と説明していましたが、今回はプライベートタイムでのファンサービスのことのよう。もちろんセレブのなかには、その時の状況や事情もあって写真NGの人はいるのですが……。それをわざわざお断りするところがジャスティンのマジメな性格を現している様子。ともかく一度、彼が写真のプレッシャーから解放されて、いつかまたファンと写真を撮りたいと思えるようになるといいですね。